スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
・・・と単なる願望をタイトルにしてみましたが(笑)。

「1日25分おうち英語」宣言から5日。
試行錯誤しながらも、ママの中では意識した英語時間が続いております(って、まだ5日ですが^^;)。

基本となる材料は、フォニックスを意識した取り組み
そこに、英会話教室で習って来た英語の歌を親子共々歌詞を見ずに歌えるよう練習(って、3歳児には歌詞も何もございませんが^^;)。

プラス、以前記事にしたミニチュアを使ったモンテッソーリのお仕事「実体認識袋(Mystery Bag)」はほぼ毎日欠かさず行っています。毎日袋から出て来るミニチュアが違うため、これは完全にお楽しみ感覚。でも、3歳児の語彙強化にはかなり効果的。

プリスクール退園から約10日。やはり母の焦りがあってか、語りかけの時間は自然と増えました。本来であれば、母の不自然な部分もあるであろう語りかけよりも、読み聞かせの方が良いのかもしれませんが、どうも定着したりしなかったりの読み聞かせ・・・。なかなか上手く行きません。

また8月は母の仕事のスケジュールも緩いため、一緒にいられる時間が多い!

ということも手伝ってか、昨日、今日と急にYuzyからセンテンスが出始めました。
プリスクール時代も、毎日使うような文章は、いくつか暗記しているものもありましたが、自分で考えて話すということはほとんど見られませんでした。でも、ここに来て月齢的なものなのか、状況に合うセンテンスがぽろぽろ。"Which one do you like?"や"Which one do you want?"など使い分けているのを見ると、どうやらちょっぴり考えて話し出したと解釈してもいいでしょうか?(笑)

きっとプリ時代に溜めていたものが、少しずつアウトプットできるような状況になってきたというだけのことかもしれませんが、英会話教室のレベルチェックテストで体験した「フルセンテンス」は、どうやら若干効いている様子。でも、これも母の意識があるから、子どもに反映されているのだと信じています(笑)。

あーあ、毎日が夏休みだといいのに・・・と願ってしまうママ。
こんな暑い日が365日だったら生きていけないと思いつつも、やっぱり娘との英語時間は楽しい!!外注にしても、家で頑張るにしても、やっぱり親子英語企画部長はママ^^(家庭円満のために、社長はパパということにしておきましょう。)この舵取りがすべてといっても過言ではないほど、母の役目は大きい。だからこそ、楽しいのだろうなぁと日々実感している夏です。

130818yuzy.jpg
自転車の練習後の氷は美味しい!!

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」スタートしました!


ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ ホームスクール | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。