スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
オンライン英会話を自宅で再現してみる!?

帰宅するとYuzyが一言。

「ママ、きょうプリスクールいかなかったよ。」

そりゃ、そうでしょ。あなた、もう退園したんですから!?^^;
やはり2歳の1年間だったとは言え、すでにルーティンが出来上がっていたのがなくなると、新3歳児も不思議な感じを抱いているようです。

母自身も、今まではこれと言った特別な親子英語のメニューを考えることなく、日々のほほんと過ごしていましたが、やはりプリがなくなったことへの不安感は正直今でも感じています。だったら、アフタースクールでも、英会話のプライベートレッスンでも、やろうと思えば英語にもっと触れる時間は作れるのは事実。でも、これから幼稚園をスタートするに辺り、プリのアフターへ行ってしまえば、また戻りたいと言い出す可能性もあるし・・・。3歳児の英会話のプライベートレッスンは、コスパを考えたると、果たして今本当に必要なのか・・・。

そんなこともあり、やはり我が家は今のところ週1レッスンで落ち着く予定です。

でも、そこにちょっと気になってきたのがオンライン英会話の存在。

1回25分でノンネイティブ講師であればそれほどお値段も張らずに済む。
それこそ日々のルーティーンに出来たら、一応英語は常に隣にある存在として定着するのではないか。


などなど母は妄想してみました^^;

が、実際のところまだ今月3歳を迎えたばかりの娘には遠い道のり。
だったら、この25分を家での活動に充ててみよう!と、思いついたのです。

帰宅してから娘と一緒に居られる時間は正味3時間。
いつも時間がないないと嘆いていた母でしたが、25分であれば捻出できるかも、と英語と触れ合えるプランを考え始めました。

って、これが本来の親子英語であり、今さら特筆すべきことではないのですが、今までのようにだらだらと目的なく続けるより、きちんと予定を立てて行うことは案外大事なのかもと感じています。

といっても、この25分は決して「学習時間」ではなく「英語と触れ合う時間」。とにかく25分間は母も英語で語りかけながら、工作するのもよし、読み聞かせするのもよし、一緒に映像を見るのよし。何ならモンテッソーリの活動でも(笑)。

日に日に英語に対する敷居が低くなっていく我が家ですが、それとは逆に今後の親子英語に関しては明確になっていくような気がしています。ある意味、プリスクールがなくなったことで、幼児期の英語に対する過度な期待は一気に消失。もう少し長期的な視点で親子英語を捉えてみようかと思っています。ゴールまではまだまだ十分に時間があることを忘れずに、日々英語が楽しいと感じられる空間が作れるよう、母もしっかりと歩きたいと思います^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」スタートしました!


ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ ホームスクール | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。