スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
50分の体験授業で突きつけられた我が子の弱点!!

朝9時から我が家から徒歩1分の英会話スクールの体験レッスンへと行ってきました。

体験レッスンを担当してくださったのは、お母様がイギリス人、お父様がアメリカ人というイギリス英語、アメリカ英語を両方話される男性の先生!!

どちらで来るのかと思いきや、Yuzyには米語、母には英語でした(なぜに?)^^;

素敵な輸入もののオモチャが溢れるお部屋でテンションあがりっぱなしのYuzy。

誕生日を迎えたこの日、果たして"How old are you?"の質問には"Two"と答えてしまうのか"Three"と答えられるのか、ドキドキしていた母を見事裏切り・・・。

"How old are you?"

って"Repeat after me."状態でした(笑)。
週3回と言えども、プリスクールに通ってこの状態!?
軽くショックを受けた母ですが、まあこれが現状です。

そして、色、数、動物などなど名詞のチェックから始まり。
アルファベット、フォニックスのチェックも続きます。
結果、その時の単語、アルファベット、フォニックスはほぼ身につけている模様。

ただ、ここに来て前々から薄々気付いていた大弱点を発見。
複雑な文章でも、指示はほぼ完璧に理解しているのに、答えがすべて「単語」
"It's a~"といった文章が全く出て来ないのです。

これは家でも通じていれば、わざわざ言い直させたりしなかったツケがここでやってきました。
プリスクールでも4時間という「レッスン」ではなく、あくまでも「英語保育の場」であったため、先生もそれほど厳しく注意しなかったのではないかと思います。

でもここは、週1回40分しかないレッスン。
「自然と身に付く英語」を理想としていた母ですが、英語に触れられる時間が限られている中では、「自然と」というには圧倒的に時間がなさすぎる。パターン練習を繰り返させることで、どんどん吸収させていく・・・そんな方法が取られていました。

今までプリスクールで残念に思っていたことを挙げるとすれば、これだけ長い時間英語漬けで過ごしていても、実際何をやったのかほとんど分からず、家でフォローが出来なかったこと。(分かったらフォローしたかというと、これまた分かりませんが^^;)。でも、ここの英会話はモニターが設置されているため、ヘッドフォンでレッスンの音声を聞きながら親御さんが見ることが出来ます。PCからも視聴可能なので、上手くお昼の時間に組み合わせれば、職場からもチェック可能(笑)。

今まで野放しにしていたのが、一気にここにきて娘の弱点を見せつけられ、今後の対策が分かった気がします。そう考えると、オンライン英会話は、親がしっかり子どもの様子を把握できるので、今後のフォローがしやすく理想的だとますます感じ始めました。ただやみくもに英語英語と走るのではなく、何が必要か見極めながら進めること・・・。本当に大事だと3歳の誕生日に痛感・・・^^;

来週でプリスクールも退園。
親子英語の方針・・・。しっかり考えていかなければならないとちょっぴり焦る母です^^;

Yuzy08012013.jpg
教室の片隅に置かれた、こちらの虜になる新3歳児(笑)。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」スタートしました!


ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 帰国子女クラス(3歳0ヶ月~) | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
No title
Yuzyちゃん3歳のお誕生日おめでとうございます^^
まだ3歳!もう3歳!!早いですねー♪♪
現状に満足せず常にYuzyちゃんと向かいあっている
Yuzyママさんなら大きな心配はないと思います^^
問題点は常にあるけどそこから目を背けなければ
何とかなるものですよね^^(と自分に言い聞かせて(笑))

GROCERY STORE!虜になって当然です♪♪
Re: No title
> Carriexxxさん、

ありがとうございます!
この間産まれたと思ったら、もう3歳です。
ビックリです!!
Yuzyもyunちゃんみたくチャーミングで聡明な女の子になってくれればいいのですが^^;

いやいや、こんなにぶれまくりの親なので不安です。
問題点は常に目を背向けたくなるので、まず母が成長しなければと思っています!

3歳という1年間で果たして英語はどれほど伸長するのでしょうか!?
ちょっぴり楽しみです^^
普通のネイティブがどんな英語を話しているのか全くわかりませんが…、普通はdogではなくてit's a dog. って話してるのかな??
通じていればいいやって、私も思っていましたが、ダメなのかなーと、思いました。
No title
Yuzyちゃんには米語、Yuzyママさんには英語という点で、恐らくその先生の母語は英語で子ども相手だとテンション上げるために米語になるのかも?と勝手に想像して笑いました。米語しか知らなかった私が、最近英国人の方との交流が増え、やっぱり子ども相手はテンション高い米国人がいいなぁなんて思ってます。(笑
Re: タイトルなし
> ぼさんさん、

多分、ネイティブも普通に単語で答える場面も多いでしょうが、それはセンテンスでの答え方も当然知っていてのこと。娘の場合は、答え方が分からないから、多分何度もリピートさせられたのだと想像してます。英語は、敬語の概念は顕著じゃないけど、大人になっても「これは何ですか?」「リンゴ」じゃ困るので、やっぱりこういう練習は大事だなと感じています^^;

やっぱり習慣って大事ですよね。この後、しつこいぐらいに家でセンテンスブートキャンプがスタートしてます(笑)。
Re: No title
> ものぐさハハさん、

やっぱり英語だと、あのアメリカンなノリは難しいですよね^^; Yuzyのプリスクールは、アメリカ人の先生したいないので、もう会った瞬間に察知されていたのかもしれません。

英国人との交流羨ましいです!あんな気品高くいられないけど、そんな優雅な時間が欲しいです(笑)。この際、Yuzyにも米語じゃなくて英語を身に付けさせるかな?(笑)
No title
もう3歳なんですね。おめでとうございます^^

そっか~、でもうちもIt's a~なんて、言えないと思います^^;
レッスンでもコンプリートセンテンスとか言われると2人ともテンション下がってしゃべらなくなるので、それはもうやってもらってないんです。
後々困るのかな・・と思いつつ、今は自由にしゃべらせてます^^;

きちんと教室に通うと、そういうところ矯正できていいかもしれないですね☆
Re: No title
>りゅうママさん、

ありがとうございました。もう生まれ3年とは産んだ母が一番ビックリです^^;

やっぱり、コンプリートセンテンスと言われると、モチベーションが下がってしまいそうですよね。娘の場合、まだ何が何だかよく分からず、とりあえず相手の言うことは無条件に繰り返す時期なので、この時期を狙って習慣化できたらいいなと思っています。

確かに親とだとついつい甘くなりがちなので、教室でしかできないこと、頼り切ってしまおうかと思っています^^;

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。