スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
モンテッソーリ教育を通じて見えてしまったもの。

2歳10ヶ月の我が娘。
11ヶ月でWKEをスタート。
1歳6ヶ月で英会話スクール。
1歳11ヶ月でプリスクール。

一見、バイリンガルの道への順調な駆け出しかと思いきや。
最近母が感づいていることがあります。

「うちの娘、本当は英語が嫌いなのではないか」

モンテッソーリの言葉を借りて言うのなら、
この時期の子どもは「話し言葉の敏感期」
母国語であれば、何の苦労をしなくとも、十分に吸収する時期です。

きっと日本語が上達すればするほど、彼女の中では英語という言語の存在の
意味が分からないのだと思います。

以前も書いた通り、最近の特徴。
英語で聞いても、すべて日本語で返ってくる。
わざと?ってくらい、とにかくすべて日本語。

母が清水の舞台から飛び降りる気持ちでスタートしたWKE。
ある日突然、ミミ離れが始まり、今ではミミちゃんという名前すら
覚えているのかどうか・・・^^;

正直、この状態。
母の心が折れそうです(笑)。

もちろん、親子英語をやることは簡単!(いや、簡単では全然ありませんが。)
正確に言うと、やらせることは簡単!
嫌でも英語を使い、かけ流し、絵本も洋書のみを揃える(って、現在もこれに近い)。

彼女の意思は無視して、「将来のため」と割り切り、何が何でも英語環境を出来るだけ揃える。
これは、やろうと思えば出来ること。

ただ、「子ども主体」のモンテッソーリ教育と出会ってしまってから、
今まで疑問視すらしたことがなかった、母のエゴを押し付けること自体に、
戸惑っている自分がいるのです。


もちろん、親子英語は娘のためを思ってのこと。
でも、本当に今必要なのか。
いつか、自分で欲した時にもう一度再スタートするのではダメなのか。

モンテッソーリ教育はゴールを24歳に定めています。
それくらい長いスパンで行われる教育です。
今、英語屋として働く自分の経験から言うと、
24歳で英語に不自由ない状況でいられたら
万々歳!

大成功と言えると思います。
だったら、この幼児期。
もう少し、別の過ごし方があってもいいのかもしれない。

でも・・・。
前半走り過ぎただけに、ストップするには勇気がいる。
こんな状態です。

幼稚園に入れば、また自分の意志でやりたいと思えるような時が来るのでしょうか。
はぁ・・・。
夜な夜な思わずPC相手に呟いてしまった母でした(笑)。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」スタートしました!


ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ つぶやき | コメント(15) | トラックバック(0)
コメント
No title
ハーフちゃんの子どもですら、ことごとく日本語で返す子が多いので、英語が好きとか嫌いとかではないと思います。(多分)

我が家は、将来の為と何が何でも英語環境にしてしまったクチなので、偉そうなことは言えませんが、Yuzyママさんが何を重きにおくかじゃないかと思います。

ちなみに、うちの娘、自ら英語をやりたいなんて意思、これっぽっちもありません^^;


Yuzyママさんほどではありませんが、うちもかなり早くから英語をやりはじめ、ただいま娘は一歳半です。
いつかYuzyママさんと同じような悩みを持つだろうなぁと思いながら読みました。

私は全員英語が話せる外資系で働いているのですが、英語の発音がキレイな人は大抵小さい頃に英語に触れる機会があったようです。
もちろん、バリバリ日本語英語でも豊富な語彙力と発言力で仕事をしている人もいますが、個人的には、発音はキレイな方がいいなぁと。。。

その一点のみで、我が家も細々と親子英語を続けています。
ピアノのお稽古と同じで、細々とでも続けていくとよいのかも。

応援してます。



Re: No title
るきぽさん、

心強いメッセージありがとうございます^^確かに、子どもは使いやすい言語が出てくるのは、当たり前のことですよね。

親子英語は、やはりやると決めたなら、強い気持ちが大事だと日々痛感しています。親がぶれると、子どもが混乱しますものね。幼稚園入園で人生の岐路に立たされた気がして(大袈裟^^;)、妙に守りに入ってしまっているのかもしれません。

でも、こうしてたくさんの親子英語家庭の取り組みを拝見すると、励まされる気がします^^気を強く持ち直さないとダメですね^^;
Re: タイトルなし
ぼさんさん、

ちょうど今の時期って、娘が赤ちゃんから人間に変わる時期で迷いが生じているんだと思います(笑)。少し前までは本人の意思なんて確認しようがないので、ひたすら親が良かれと思うことをするだけで、良かったのですが、こう自己主張が入ってくると、親の思惑とは異なる部分も多く、なかなか上手くいかないなぁというのが正直な感想です。

確かに日頃英語が身近にある環境だと、その必要性を余計に認識してしまいますよね。自分自身が苦労している場面も多いので、余計にそう感じてしまいます。

ぼさんさんの仰る通り、ピアノのようなお稽古ごとの如く、細く長くの視点で行くのが、成功の秘訣かもしれないですね。二年目にしてすでに息切れの我が家^^;仕切直しが必要です。

温かいメッセージありがとうございます(^O^)
初めまして!
こんにちは。
初めてのコメントです。
私は二児の母で、上の娘(年長)が先日英検を受けたのを気に多読に目覚めました。
(く○んをしていました)
多くの方がORTを薦めており、うちも♪と思ってブログなどを見ていと、
こちらにたどり着きました。

うちは私がWMなので、長時間預かってくれる保育所しか選択肢がなく…
プリには大変興味があったのですが、泣く泣く断念しました。
(近くにプリがない、というのもありますが)
でも、プリに行かれている方は、その人ならではの悩みがあるのですね。
大変興味深く見入っております。

ところで、少し伺いたいことがあり…
Yuzyママさんは韓国の「INBOOKS」で購入されたとのことで、
この安さに惹かれ私もココで購入する予定です。
で、HPを見ると、「Discounts for June and July」と書いていて、
42とか10とかの数字もありました。
あの…大変申し訳ないのですが、これは42%引きということでしょうか?
それとは別に10%のクーポンがある!?
もし、よかったらここだけでも教えて下さい…

あと、こちらでは英語のCDも販売されています。
こちらは必要と思いますか?
(ちなみに私は大卒ですが、英語はからっきし出来ません…泣)
娘はく○んに行っているためか、私より発音はいいのですが、
やはりネイティブの発音はあった方がいいでしょうか?
(家にあるちょっとした英語の絵本を読んでも、
 「ママ、発音が違うよ」と言われることがあります)

もし良かったら、アドバイス下さい。
どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m
Re: 初めまして!
うみみママさん、

はじめまして。ご訪問ありがとうございます!ORTで辿り着いて頂いたのに、まったく進んでいなくてお恥ずかしい限りです^^;

Inbooksの件ですが、現在は夏休みセールで最大42%オフ、追加で10%クーポン割引付きのようです。もし会員登録等難しいようでしたら、 inbooks@inbooks.co.krに英文で購入希望商品(コピー&ペースト)+送付先をメールすれば、会員登録をしなくても購入できるかと思います。以前、いただいたコメントでは、ハングルは日本語と文法的にも同じため、日本語を翻訳機にかければ、十分やり取りが可能だったとのお話もありました^^

CDの件ですが、私の勤務する大学の教授(バイリンガル教育専門)によると、お母さんの読み聞かせに勝るものはない!ということでしたが、ある程度年齢が上になるに従い、CDの音声の方がやはり発音のモデルとしては良いのではないかと感じています。私もInbooksでCDを購入したステージもありますが、遊びが結構あり、娘にも好評でした。

また何かありましたら、コメント欄もしくはメールフォームからご遠慮なくメッセージを送って下さいね。
ありがとうございます!
ご返事ありがとうございます!
助かりました(^^)

ステージが低いうちは、私の英語で読み聞かせしてみて、高くなったら読み聞かせ+CDに頼ろうと思います。
(間違えだらけだったりして…笑)

INBOOKSさん、42%オフ+10%クーポンなんですね、すご~い。
ただ、よくよく考えたらこの特典が付いているページ、全部フルセットなんですよね…
お金があまりないので、1ステージにつき2パックぐらいかな?と考えていました。
それだと、普通のページのお値段ですよね(^^;
く~、でもフルセット欲しい(><)
ちなみに、Yuzyママさんは「大人買い」した時に、どんなセットで購入されたんですか?
よかったら教えて下さい♪
No title
初めてコメントさせて頂きます。子供の自己主張がでてくると、なかなか親の思うようにはいかないことが増えてきますよね。我が家の場合、長男に対して、3歳くらいまでは日本語オンリーでいこうとおもっていて、英語には触れさせず、3歳になってすぐに英語を始めようと教材を買ったのですが、そのころには既に日本語=母国語という意識が固まっていて、全く英語を受け入れませんでした。拒否反応がひどく、英語は諦めることに。(その後5歳になり、アメリカ転勤が決まったので、再び英語を始めました。)

どういう子に育ってほしいか?というのを明確にしておくとぶれが少なくなるかも知れませんね。

ネイティブのような英語(発音)を求めるなら、小さいうちから英語をやっていたほうがよいですよね。
我が家の場合、多少アクセントやなまりがあってもいいと思っていました。英語を綺麗に話せることよりも、きちんと自分の意見をもって、それを英語で表現できる力を育ててあげたいなぁと思っていました。なので、あまり早い年齢から英語を始めることにはこだわりませんでした。

娘さんの場合、今は日本語の方に興味があるけど、でも決して英語が嫌いというわけではないのかなぁと見受けられました。語りかけ、読み聞かせ、ビデオ、ワークとすべてを英語にしてしまうと、日本語を吸収したいと思っている娘さんの意思を無視してしまうことになりますが、少しだけ、例えば英語の本を一日一冊、くらいなら娘さんも負担にならないかもしれませんね。

私はモンテッソーリに関しては全く知識がないのですが、「子供主体」の考え方には共感がもてます。
Re: ありがとうございます!
うみみママさん、

確かに、ステージが低いうちは単語数が少ないですから、読み聞かせで十分ですよね^^

そうなんです!Inbooksは商売上手というか、ああやってセットで売られると欲しくなってしまいますよね。私は最初はテキストのみ全シリーズ一度に購入してしまいました^^;CDは図書館で借りることができたので、それに頼ることにして・・・。と言っても、全て揃っている訳ではないので、後からCDのみInbooksで買い足したりもしましたが^^;あっ、一度取り込んだものは、あとすべてオークション行きとなりますので、ご興味あったらメールフォームからご連絡ください(笑)。

では、また何かお手伝いできることがありましたら、何なりとお知らせくださいね♩
Re: No title
yoshieさん、

はじめまして。ブログ拝見させて頂いて、ビックリしました!いつも楽しみに見させていただいていたんです。ご訪問いただけて、とても嬉しいです。

お兄さんが3歳まで英語に触れていなかったとはビックリしました。今からではとても想像できないですね^^確かに、どこまで何を求めるかって大事ですよね。漠然と「英語ができる」と言っても、その定義はご家庭により異なりますものね。

娘の様子、考えてくださりありがとうございます^^確かに急激に日本語が伸びてきたことで、英語が押され気味な印象があります。yoshieさんのおっしゃる通り、読み聞かせ程度なら、阻止されずに済むかもしれないですね^^;色々と様子を見ながら、楽しめる方向で模索していきたいと思います。

良かったらまた遊びにいらっしゃってください。今後ともよろしくお願いいたします。

No title
コメントは初めてでしたが、ブログは読ませて頂いていました。
これからもよろしくお願いします!
No title
初めまして!
長いこと拝読させていただいていましたが、初めて書き込みます。
5歳8カ月の娘がいて、4歳半から親子英語を本格的に始めました。

私も仕事で長いこと英語を使ってきて、育休中に親子英語のブログや本を読み漁ったものの…ゼロ歳児相手に英語で語りかける自分の不自然さに耐えられず(笑)速攻でやめてしまいました。

娘はずっと保育園生活でしたが、そこで日本語での表現力がメキメキと伸びていく様子を見るのが楽しくて、英語は3歳になるまでCDのかけながしぐらいしかせず、忘れてしまっていました。

その後、娘との時間を増やそうと思い仕事を大幅にセーブして幼稚園に転園。園選びでは英語のプリの体験も含めて物凄く悩みました。結局落ち着いたのは、少人数制で異年齢保育、子供たち同士の関わりが濃密で、チームワークや自己主張する力を身に着ける活動の多い幼稚園類似施設でした。ここで、兄弟のような濃密な人間関係を経て、人格形成やコミュニケーション力の基礎を大いに育ててもらった気がします。(園児なので、イヤだといえる、ケンカできる力…というレベルですが(笑))

そうした土台ができてから英語の取り組みを始めたので、遅いスタートではありますが、英語でも自己主張したり会話のキャッチボールをすることを楽しめるようになったのかなと思っています。もちろん、赤ちゃんのときに速攻で辞めず、せめて2歳頃からでも家で何か始めていれば今頃は随分違ったかもしれない~と思うことは多々ありますが…

Yuzyママさんは英語教育の造詣が深くて、バイリンガル教育(育児)をするための素質とスキルもお持ちなので、Yuzyちゃんがもう少し大きくなったときに、やはり英語力をつけさせたいと思われてそこからまた本腰を入れたとしても、今勉強されているモンテッソーリからもヒントを得て、そのときのYuzyちゃんに合う方法で導いてあげられるのではないかと思います。

今のYuzyちゃんは英語が嫌いになったのではなく、日本語の必要性を本能で感じでいるだけなのかな~と。(*^。^*)

長々と自分のことを書かせていただき、失礼いたしました。
これからもブログを楽しみに、そしてYuzyママさんの子育てを応援しています。
Re: No title
yoshieさん、

そうだったのですね!yoshieさんの情報量たくさんのブログからすると、こちらはただのつぶやきだらけでお恥ずかしい限りです・・・><

どうぞ今後ともよろしくお願いします!私もまた遊びに行かせていただきますね。
Re: No title
Saraさん、

はじめまして。コメントありがとうございます。以前からご訪問いただいていたと知り、とても嬉しく思います。

同じWMでいらっしゃるのですね!ゼロ歳児相手に英語で語りかける不自然さ!!もう、首を大きく縦に振ってしまいました(笑)。私も育休中に、やるなら今だ!と気合いを入れた瞬間はあったのですが、語りかけをする自分が可笑しくて^^;しかも、ただでさえ不自然なのに、自分にとっても心地の悪い英語って・・・ということで、私もこの時期は何もしませんでした。

娘さんのお話、大変参考になりました。園生活で、しっかりと色々な経験をして、新たに英語とも出会われたのですね。Saraさんがおっしゃる通り、土台がしっかりしていたからこそ、英語も自然に楽しめるのでしょうね。ついつい、早ければ早い方が良いのような風潮に乗ってしまった我が家ですが、こんな方法もあるんだなとすごく納得しました。Saraさんの実践された方法は、しっかりと個を築き上げれば、その後は付いて来るというモンテッソーリにも考え方にも通ずるような気がしました。

今の娘はまさしく日本語が必要な時期なのかもしれません。日本語が話せる自分が楽しくて楽しくてしょうがないといった感じです。親としては英語を披露して欲しいのに、娘は日本語を披露して得意がっています(笑)。

私自身は周りに助けられてばかりで、英語教育に造形が深いなどと全く言えませんが^^;、こうして皆さんから色々とヒントを頂き、試行錯誤できる環境にいられることに感謝しています。

いつもだらだらとした戯言ばかりのブログですが、また良かったらお気軽にコメント残してもらえたら嬉しいです。Saraさんの視点に大きく助けられました。ありがとうございました!!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。