スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
「その子にあった時期」を見極める重要性。

最近のYuzyがはまっていることは「数えること」

家の中にあるありとあらゆるものを数えようとします。ちょっと前までは、何度やらせても全然数えることが出来なかったのに、今では自分から進んで数えるのを見ると、本当に全ては「その子にあった時期」がそれぞれ存在するのだなと感じます。

モンテッソーリ教育と出会って、「ペーパーの上のもの」より「本物」を重視するようになった母。最近ワークブックを使うことがあまりなかったのですが、ここまで数に興味があるのなら・・・と出してみました。

Let's Learn Numbers (Spectrum Early Years)Let's Learn Numbers (Spectrum Early Years)
(2011/01/03)
Inc. Carson-Dellosa Publishing Company

商品詳細を見る
こちらでなか見検索が出来ます。

まだまだ筆圧も弱く、全然上手く書けないYuzyですが、ワークの中で見る数字を読もうと必死。気が付いたら、1冊読み終わってました(笑)。でも、「12」の読み方は「いち、に」です^^;
4_20130425111413.jpg
18.jpg

1冊読み終えても、まだ足りないらしく、平日の限られた時間にも関わらず、クラフト開始。
次回のクラフトに!と候補には挙げていたものの、印刷の準備もしてなかったこちらを無理やり決行(笑)。

ハートのボックスに入ったチョコレートを数えるというActivityです。
Heart_20130425111416.jpg
ちょっと、切りすぎてチョコが半分のところもありますが^^;

でも、切り貼りしている内に、数字はどうでもよくなったらしく、出来上がったハートには見向きもしない2歳児。

「こんどはhouseつくる。」

なんて、完全に目的が変わっています(笑)。
これも、前回ご紹介したこちらのサイトより。
House_20130425111415.jpg

まぁ、本人が楽しいのが一番なので、母はひたすら振り回されたいと思います^^;

こんな調子の我が家ですが、最近思うのは、長期的な目線で親子英語に付き合っていこうということ。こうしたクラフト一つにしても、果たして今やっていることは英語に繋がるのか・・・などと考えてしまう母でしたが、最近はとにかく楽しければ良し!という気持ちになりつつあります。ついつい、すぐに結果を求める余り、プリスクールだったりとにかく英語に触れられる環境を!と躍起になってしまうのですが、社会に出たとき英語を必要とする環境でもやっていける力があれば御の字かな。英語だけに苦労すると、他にしなければならない苦労が疎かになるのは、母は身を以って経験済み(汗)。そんな罠に陥らないためにも、細くても長く続けてられる環境を用意することが母の役目だと感じています。

GWにやってみたい親子英語Activityはたくさん!果たして、計画通り出来るでしょうか。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。