スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ついにプリスクールを離れる決心!?

幼稚園選びに翻弄される日々が続いていますが、なんとなく方向性が見えてきた今日この頃です。

プリスクールに残るか否か。
ここが一番の悩みどころ。しかし、残らない方向に傾いています。

プリスクールが一般的にどうのこうのという訳ではなく、現在Yuzyが通園しているところは、規模も小さく、まして年中・年長になると更に人数が減ってしまうという状況。逆に言えば、英語に触れる環境としては、少人数のため先生方の目もよく届き申し分ないのですが、やはり園児がこの時期に身につけなければならない別の要素を考えると、なかなか難しいというのが現実。

もし年少さんから日本語の幼稚園に通うとなると、やはりママの一番の懸念材料が英語です。「親子英語」と言っても、ワーキングマザーである母には、プリスクールは頼もしい存在でした。週3回とは言え、親が何もしなくても英語に触れる時間があるというのは、ある意味とっても楽だった気がします。でも、親のモチベーションが下がると、子どもの英語も比例して下がるというのが何とも不思議な現象なのですが・・・(笑)。

長い目で見たとき、この幼児の3年間という時期に英語の種を主に蒔くか、それとも英語を"one of them"とするのか。そう考えた時、花咲かせるまでに時間を要しても、その他の種もしっかりと育てていきたいと最近感じ始めています。

平日、母と過ごせる時間は多くても3時間。その中で英語に費やせる時間は微々たるものです。ここは、時間より質!ということで、夜な夜な準備できることはして、Yuzyの興味にあったものを一緒にこなせたらいいなと思っています。前までは、ただ闇雲に自分のやらせたいことを課していた部分がありましたが、モンテッソーリ教育に触れ、子ども主体の大切さに気付き始めた母。子どもの身になるようなことをさせたければ、やはり子どもが興味を引くものを親が探し差し出してあげることの大切さ。そのためには子ども自身をよく知ること、観察することが不可欠という教えは、いつも胸に響いています。

ちょっぴりそんな覚悟の気持ちが固まりつつある最近は、英語そのものより、Yuzyを笑顔にするようなActivity探しに夢中の母。クラフト一つにしても彼女の好きな動物だったり、色だったり、形だったり、なるたけ喜んでくれそうな物を見つけようと必死です(って、今までもそうであるべきだったのでしょうが、まったく出来なかった自分が恥ずかしい・・・)。

と言っても、絶対的に英語に触れる時間が足りないのは悩むだろうなぁ・・・。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ つぶやき | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんにちは☆

難しい選択ですね~^^

我が家は弟くんを3年保育にするか2年保育にするかで迷っています。
2月生まれなので、同じ学年の子と並ぶと本当に小さい・・・
いろいろなことを1年後には一人で出来るようにしてあげないといけないのですが、
もっとゆっくり取り組んでいきたい気持ちもあります。

お姉ちゃんは幼稚園生活が合っているようで
3年保育にして良かったと思っています。

幼稚園に通いだすと英語に触れる時間が少なくなるというのも
2年保育にするか迷っている理由の1つです。

おっしゃる通り、時間より質!ですね。
私もがんばります!
Re: No title
ふうみんさん、

ふうみんさんが、迷われていること・・・!
とっても尊敬してしまいます。
日ごろ子育てをばぁばに丸投げの私にとって、もっと一緒に居たいから2年保育にしようか迷われているだなんて・・・。本当にママの愛をひしひしと感じます。でも、あの弟くんの可愛さといったら・・・私も悩むかも(笑)。

確かに親子英語に力を注ぎたければ、日本の幼稚園だと時間的な制約はありますよね。
我が家もこれから悩むことが多そうですが、気持ちを大きくもって楽しみたいと思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。