スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
英語と日本語の区別がついてきた!?

順調過ぎるくらいだった毎晩の読み聞かせ。何度もせがまれ、なかなか布団に辿り着けない毎日でしたが・・・。ここ数日、変なことが起きていました。

それは、お気に入りのこのメイシーちゃんシリーズを読んでいるときのこと。

メイシーのはっぴょうかい (つまみひきしかけえほん)メイシーのはっぴょうかい (つまみひきしかけえほん)
(2010/07)
ルーシー カズンズ

商品詳細を見る


"Maisy is excited..."とママが読み出すと・・・。

「ママ、メイシーちゃんっていって。」

そう口を挟み、一から読み直しさせるのです。我が家が持っているこの本は和書なので英日併記。どうやら「日本語」という言葉を知らないYuzyが、日本語での読み聞かせをリクエストしているようなのです。

ただでさえ英語の語りかけがぐっと減り、家では英語に触れることが少なくなった日々。寝る前の読み聞かせまでもが日本語になってしまったらいつ英語を使うのかと心配になりましたが、モンテッソーリの「子ども主体の教育法」が頭から離れないママは、しぶしぶ日本語で読み聞かせ。

すると、英語で読み聞かせを行ったときとは、表情が違い、明らかに楽しんでいる様子。

「まっ、こんな日もあるさ」程度だったのですが、あれから数日。毎日「メイシーちゃんといって」攻撃が続きます。

そして今日ついに・・・。

「えいご、やだ。にほんご。」

言われてしまいました。2歳児に・・・(笑)。

日本の幼稚園に行くと、こういう時期が来るということは覚悟していましたが、まさかこんなに早くこんな時期が到来とは・・・^^;

一瞬、本気で目の前が真っ暗になったママ。「えぇ、親子英語ももう幕を閉じるのか!?」と、本当に不安です。

と言えども、今日もプリスクールは2人という超少人数だったようですが、とっても楽しんでいる様子。「あしたもいく?」などと繰り返し聞いてきます。もしかすると、アメリカ人の先生と英語はいいけど、ママとは嫌だ・・・そんなパターンなんでしょうか。だったら、いいのですが・・・^^;

今までYuzyの意思とは関係なしにすべてを進めて来た我が家。本当に成長してくると、親の思う通りには行かなくなるんですね・・・。もう少しママの気持ちだけで動ける時間が欲しかったです(涙)。

それにしても、我が家の親子英語。
前途多難・・・。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ つぶやき | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
No title
うわ~。これはショックですね!
でも、いろんな意味に解釈できると思いますが。

イギリスにいると逆のことがあります。
ハーフの子どもに一生懸命お母さんの言語で話をしていると、
「やめて」
「英語で話して」
とほとんどの人が子どもに言われるそうです。
バランス良く両言語を習得させることって難しいですね。
小さい時は子どもの意思とは関係ないものですからね。


Yuzyちゃんの場合、日本語と英語でそれぞれ言葉のシャワーを
浴びることで、初めて両方の単語が意味を成すものと合致し、
それがわかって楽しいのかな~なんて思ってしまいました。

日本人の子どもがまさにそうで、渡英した当初、全く英語ができなくて、
英語をずっと聞いているときに、日本語でちょっと説明すると、「!」と
いう感じで本当にうれしそうな顔をするんですよ。
そうすると、日英を使い分けることができるようになっていきます。

と言っても日本の場合とイギリスにいる場合と状況が違うのであまり参考に
なりませんね。

Yuzyちゃん、もしかしたら日本語のシャワーが必要なのかな?
はじめまして
はじめまして。ですが、こちらはいつも参考にさせていただいてました。うちも二歳児がいます。男の子ですが。
WKEをやっているのですが、最近DVDの途中で「しまじろうがいい。ミミおしまいにして」と時々言われます…。こんなこと、以前はなかったのに。
やはり二歳って、日本語がどんどんわかるようになって楽しい時期なんだろうな、と思いました。これは我が子がちゃんと日本語優位に育ってる証拠として、前向きに捉えたいと思ってます…。うちはプリに通ったりしていないので、おうち英語をやめるわけにはいかないのですが、無理なく、楽しくすすめたいです。
これからもブログ楽しみにしています!
No title
良い意味で早いですね^^
それだけ言語の違いを理解してるってことだし
意思表示もしっかりできるってこと!
すごいと思います☆

気分の問題だけじゃないかなと思うけど^^;
Yuzyちゃんの今後に目が話させません!
可愛いですよ
えいごやだ、にほんご
思わずくすっ。
可愛いですよ、おしゃべり上手ですね。

うちの3歳児もメイシー大好き。
読み聞かせの方がいいと思いつつ、
動画なら英語、日本語どちらも見るのですが・・

子どもには、標準語、家でパパと会話では
思いっきり方言なのですが、
さすがに、方言しゃべるな、とは言われません^^
No title
はやいですね!うちは3歳くらいに言われました。。(笑)やっぱりはじめて言われたときは、ついに来たかーって思いましたが。2歳のころは寝る前の絵本、ママが眠くて寝たふりしていると英語のEric Carleの本持ってきたり。。英語の本だと起きるってわかってたようで。うちはYuzyさんとこほど濃く英語育児していませんが、それでもやりたいときとダメなときと波があります。また英語やりた~いになるときも来るかと思います!
No title
Yuzyママさんが先日書かれていた
心の通わせられる言語、が日本語だということを
Yuzyちゃんも感じているんでしょうね。
親子英語はこの葛藤をなんとか乗り越えながらも
各家庭、各お子さんの個性によりそれぞれのパターンで
少しづつ進んでいくものなんだと感じています。
YuzyママさんはYuzyママさんのやり方がきっと見つかると思います。
お互い頑張りましょう!
Re: No title
haykichiさん、

イギリスでのお話、とても興味深く拝見しました。
本当に両言語をバランス良く習得させることって難しいですね。

今までは本人の意思と関係なしに、親の思うままにやってれば良かったのが、
いざこうして言葉でしっかりと伝えられ、はっとさせられました。

確かに日本語で説明されて、初めて分かることも多いでしょうし、
英語より日本語を求めてくるのは当然のことなんですよね。
少し、気を大きく持ってどっしりと構えたいと思います^^;

日本語シャワー、これなら母親も楽に浴びさせてあげられそうです(笑)。
Re: はじめまして
mikoblueさん、

はじめまして。ご訪問ありがとうございます^^

とっても心強いコメントいただき、嬉しく思います。同じ2歳なんですね!
我が家もWKEをやっていたのですが、しまじろうはあまり触れてなかったので、とりあえずミミLOVEで通せたのかもしれません(笑)。と言っても、数ヶ月前までミミちゃんの嵐だったのが、今ではぴたりとDVDを見なくなってしまいました^^;

日本語優位・・・!そうですね、前向きに捉えられれば、親子英語が停滞気味でも、明るく行ける気がします^^;「無理なく、楽しく」とっても大事なキーワードを頂いた気がしました。

また良かったらお気軽にコメント残してくださいね。今後ともよろしくお願いします。
Re: No title
Carriexxxさん、

いつも励ましのメッセージありがとうございます。
そんな風に捉えることが出来ていなかったので、なんかちょっとはっとしました!
意思表示出来ないより、出来た方が、お互いのためにもいいですし、
これが成長過程だと思って、前向きにいきたいと思います^^

確かに気分の問題はすごくあるのかも・・・とちょっと思い始めました。
いちいち惑わされてはいけないですね(笑)。

いつもありがとうございます^^
Re: 可愛いですよ
うららんさん、

おしゃべりがどんどん出来るようになっているという視点で見れば、喜ばしいことなのかもしれないのですが、全く周りが見えてなかった母は、ひたすら焦ってしまった一件でした^^;もう少しどんと構えてないといけないですね。

メイシーの動画、シンプルで可愛いですよね。
うちも一時、ずっと見ていました。
最近は全くご無沙汰なのを見ると、やっぱり絵本に関しても時期的なものもあるのかななどと思っています。

方言でしゃべるな・・・(笑)。
そうですね、そんなことを言われたら困ってしまいますね。
思わず微笑んでしまいました。

また良かったらお気軽にコメント残してくださいね。
Re: No title
pukuchanさん、

やはり経験済みでしたか!?(笑)
私も、きっと幼稚園に通ったらそういうことを言われる時が来るんだろうな・・・くらいには思っていたのですが、まさかそれが今とは・・・。まったく心の準備ができていませんでした。

英語の本だと起きる!なるほど〜、そんな手もありましたか!?(笑)
次回使ってみようと思います^^

やっぱり波があるんですね。いちいち惑わされないように、もう少しどんとできるよう頑張ります^^;
Re: No title
あきまささん、

心強いメッセージありがとうございます。

確かに、心通わすことの出来る言語が日本語であることは、親子共々感じている気がします。どんどん上達する日本語を見て、英語が衰退していく錯覚を覚えましたが、よくよく考えると喜ばしいことなんですよね。こんなことに気が付かなかった自分が恥ずかしいです。

親子英語の先輩方を見ていると本当に勇気がわいてきます。それぞれどのご家庭も苦悩だったり葛藤だったりあるんですよね。大事なことに気付かせてくれて、ありがとうございます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。