スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ゆとりバイリンガル育児

2012/06/02 Sat 09:23

周りのバイリンガルに共通していること

英語育児などというものを意識し出してから、Yuzyママが取り入れていること!「まわりのバイリンガルに話を聞く」これに力を注いでいます(まさに他力本願というところです><)

残念なことに、ママは英語を使って仕事はしているものの、バイリンガルと呼ぶにはおこがましいレベル。いやっ、アメリカから帰国し、まだ社会人経験がなかった頃には、「バイリンガル」と思っていたかもしれません。それが大きな勘違いだったの気付いたのは、10年前に今の職場で働きだしてから。なぜなら、2カ国語(中にはそれ以上)を同等に扱える真のバイリンガルがたくさん周りにいたからです。

もちろん中には両親の仕事の関係で、幼少から海外で過ごした、あるいは向こうで生まれたという人たちもいます。でも、圧倒的に多いのは、「高校から、単身アメリカへ渡った」というケース。なので、中学卒業の時までは、まったく普通の日本人。英語なんて、それこそ教科書英語しか学んだことがないというレベルです。

それが、高校時代、海外へ一人渡り、ホームステイをしながら現地の高校へと通い、そのまま大学も向こうで卒業。この16歳から英語をスタートすることで、いわゆるバイリンガルというレベルに達している人たちがかなり多いのです。その中でみんなに共通していることは、やはり義務教育をしっかり日本で終え、母国語である日本語がしっかりしていたということ。当然、日本の高校に進学していたら、更に日本語としての知識も増えたのでしょうが、ただ日本人として生きていく基礎は中学卒業まででしっかりと出来上がっており、後は自分で読書をしたり、新聞を読んだりすることで、日本語は十分に養えたといういこと。これが、共通しているような気がします。

そうして考えると、今1歳のYuzyに行っている英語育児。実は、もっと肩を抜いてもいいんじゃないかという気がしてきました。そして、母国語である日本語をしっかりと植えてあげる。これも、とても大切なことだと気がつかされました。

ちょっぴり、肩の力を抜いて、「ゆとりバイリンガル育児」
楽しみたいと思います^^

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。