スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ママの答えは「比例しない」^^;

先日、職場で珍しく韓国語を使う機会がありました。韓国人用に向けた大学パンフレットの翻訳チェックです。なぜ、こんな仕事がYuzyママに回ってくるのかというと、単に韓国語学習者が存在しないから(笑)。でも、実際の業務は韓国人の教授を捕まえて、いちいち確認したりするので、正直最初からその教授に回した方が早い且つ正確なのではないかとツッコまれそうです^^;

ママが韓国語を勉強していたと打ち明けるときの台詞。

「My Korean is much better than my English.」(韓国語の方が英語よりずっとまし。)

果たしてこれは本当でしょうか?
正直、自分にも分かりません。英語は住みながら身につけた言葉。韓国語は日本で勉強して身につけた言葉です。今まで勉強した年数や環境を比べても、英語の方が優位なはずです。ただ、英語が出来る人口に比べ、韓国語が出来る人口は圧倒的に少ないため、自分自身に自信が持てるのです。

この自信・・・。
すごく大事なことだと思います。明らかにスキル的にはまだまだ未熟でも、自信があるだけで、気がつくと韓国語関連の仕事が回ってきたり、上手くことが運ぶケースが多いのです。

でも、英語に関しては・・・。職場にバイリンガルが多いため、いつまで経っても自信が持てない母。その自信がない分、損していると思うこともしばしば。

自分の娘がドレミファソラシドを引けるだけで、"My daughter is a pianist."と言ってしまうアメリカ人ほどの自信は必要ないかもしれませんが(笑)、やっぱり語学を学ぶ上で自信を持つことはとても大事だと日々痛感しています。

決して自信過剰になるのではなく、努力した分は自分が認めてあげる。
Yuzyには、そんな風になって欲しいと思う母です。

くだらない独り言でした(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。