スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
正反対の外国人2人との語学習得談義。

先日、職場でこんな話になりました。

「外国語を習得するとき、テレビの力は必要か!?」

この時のメンバーは、カナダ出身の教授(日本人妻、3歳息子あり)、中国出身の同僚(独身)とママの3人。

このカナダ人教授。いつか書いた気がしますが、息子さんが生まれてから3年間テレビを見てないそうです!なぜなら、息子にテレビという存在を教えたくないから^^;なので、彼の世界はすべて絵本を通じての世界(羨ましい!)。

反対に中国人同僚。中国の超が100個付いても足りないほどエリートな家庭に生まれ(2歳~小学校入学までは寄宿舎育ち!)、教育熱心な両親のもと、10歳の時に日本に来ました。彼女の家の教育方針は「テレビを見なさい!」

ただでさえ国も違うというのに、あまりにも両極端な二人の意見に若干混乱をきたす母^^;

確かに、視力の低下やコミュニケーション不足が懸念され、テレビ視聴には相当気をつけているご家庭も多いかと思います。(・・・と書きながら、我が家は大人陣が、Yuzyが横にいるにも関わらず、好きな番組見放題^^;)

この中国人の同僚の場合、両親が積極的に見せてくれた番組は、ニュース、歴史ドラマ、自然・科学などの知識を広げられる教養番組。決して、アニメなどではないようです。

常に「中国語、英語、日本語」の番組が飛び交っていことも手伝って、今となっては完全なるトライリンガル。しかも、どの分野でも知識が豊富で(芸能ネタまで^^;)、彼女が一度話を始めると、あまりの知識の豊富さに、人が寄ってきます(笑)。インター出身のため、当時は大検(現:高認)を受検して日本の大学受験資格を得た彼女。国・数・英以外はまったく勉強をしなかったにも関わらず、11科目もの試験に太刀打ちできたのは、すべてテレビからの知識のお陰だとか。

といっても、テレビを一日中付けているわけではなく、テレビで得た知識を元に、自分で掘り下げて勉強していくのが好きだったと言います。ただでさえ、日本語はゼロの状態からスタートし、中国語も忘れないようにと家庭で勉強。そこに英語もプラス。並大抵の努力では成し遂げられなかったと思います。

でも、そこにいつもあったのが母の存在。テレビを見るときも、決して子ども一人でテレビを見させておく訳ではなく、常に一緒に同じものを共有し、そこから色々な会話に発展したそうです。中国語も、歴史ドラマを見た後には、中国から取り寄せた教科書で母と一緒に勉強。また、その歴史に関する書物も読み漁ったと言います。英語もDiscoveryのような教養番組から情報を得ては母と一緒にそれについて語り合うのが至福の時間だったとか。

面白いなと思ったのが、3ヶ国語を完全に駆使できる彼女。今までの彼女の歩んできた道を辿ると、言葉そのものに焦点が当てられていることがほとんどなく、その言葉を取り巻く環境に焦点が当てられているということ。まさしく文化を通じて言語を学ぶとはこのことかと思いました。

頭でっかちのYuzyママは、ついつい英語という言語だけにとらわれがちですが、様々な世界をYuzyに見せてあげることで、彼女が自然と英語という言語も身に付けてくれたらいいなと思います。でも、言語はツール。あくまでも大事なのは見せてあげる中身なんですよね。

あっ・・・でも、カナダ人教授のテレビなし生活!
これも、本好きに仕向けたい母としては、最高の作戦になりそうです(って、今さら実行不可能^^;)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
昨日のワークブックの件、お忙しいなかどうもありがとうございました。とても助かります。

ちょっと見栄を張りましたがTOEICは10年前の受験です(笑)でも40歳を目前にして、やっぱり英語ができますと堂々と言えるようになりたいと思ってやり直し英語してます。かといって、趣味程度にやるんじゃなくて、最後は英語で何らかの仕事がしたいです。ここ2,3年、がっつり真剣にやりたいです。
資格より、文化は歴史なんかも身に着けつつペラペラになりたいです。
時間もお金もないのに、理想だけは高いです(笑)

いつかこんな大人のための英語学習の記事を書いていただけたら嬉しいです♪
これからも楽しみにしています☆

No title
あぁぁ、こういうテレビの使い方、ホント理想ですねぇ。だのに我が家ときたら、"What’s the magic word?"と聞くと、"Meeska Mooska Mickey Mouse!"と返事が返ってくるほどアニメばかり。。
家事の間、テレビに子守させるという構図がそもそもダメですよねぇ。。
Re: No title
とむさん、

参考になったか分かりませんが、こちらこそありがとうございます。

10年前でも土台がしっかりしていらっしゃるので、勉強の方向性さえ決まれば、ぐんぐん英語力は上がっていくと思います。あとは、とむさんがおっしゃる通り、ゴールとスパンを決めて勉強することが非常に大事かと思います。逆算していくと、今何をやらなければならないのか、自ずと見えてきますよね^ ^

私も言語習得には、文化や歴史は切り離せないと考えています。また、考えがまとまったら、リクエストいただいたようなことも、記事にしていきたいと思います。
Re: No title
ものぐさハハさん、

ハナコちゃん、ミッキー好きなんですね^ ^って、家事の間の子守はテレビが普通ですよね(笑)。我が家も、ばぁばに家事時間を与えたいがために、WKEの購入に踏み切った位ですから^^;

ただ、この同僚はホントすごいです!とにかくチャンネルのはしごをしながら、すべて知識にしてしまうツワモノです。やっぱり子ども時代の影響って大きいですね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。