スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
夢の中へといざ出発。

1月は新学期ということもあり、バタバタの1週間がまた始まります。相変わらず、親子英語と呼べるような時間も持てない中、色々と考えていたのは日々のルーティーン化。何事も習慣化することで、少ない時間の中でも、確実にこなせることが生まれるのではないかと考えています。

まず、習慣化をしたいのが読み聞かせ
Yuzyはどうしても、読み聞かせよりごっこ遊び、お絵描き、歌うこと、踊ることの方が好きです(笑)。これが、自分から本を何冊も持ってきてせがんでくれれば、習慣化もそれほど難しいことではない気がするのですが、ママから誘うのは、面倒でついつい「明日やろう。」となってしまいます。

でも、この日は気分を変えて、お布団で初めて読み聞かせをしてみました。
Yuzyもあくびしているし、もう寝る気満々だったはずなのですが、"Do you want to say "good night" to Kipper?"などと、おもむろにORTの1冊を取り出し・・・。

The Lost Gloves. Roderick Hunt, Annemarie Young, Thelma Page (Ort Decode and Develop Stories)The Lost Gloves. Roderick Hunt, Annemarie Young, Thelma Page (Ort Decode and Develop Stories)
(2011/01)
Roderick Hunt

商品詳細を見る

そうです。数日前、ママがパパから手ほどきを受けたこの1冊です^^;

すると、普段すぐに集中力を切らし他のことをしたがるYuzyがじっくりと耳を傾けているではありませんか!?1日を終え、後は寝るだけというこの時間に読み聞かせを行う意味が初めて分かった気がします^^心も身体もしっかりとママに寄り添い、ある意味、本当の夢の中へ出発するようなそんな感覚なのではないかと感じました。

それと、もう一つ。
英語で読み聞かせをする度に、英語だと意味が分からないのではないか?日本語で説明した方が、Yuzyも楽しめるのではないか?ついついそんなことを考えてしまいがちでした。でも、今回じぃっと絵を隅から隅まで眺めるYuzyを見て、英語だろうと日本語だろうと、彼女は絵を見ながら、自分の心のスクリーンにしっかりと情景を映し出している。そんな錯覚とも思える不思議な想いを抱きました。

Kipperのなくした手袋を探そうと一生懸命になり、見つけたときは、誰よりも先にKipperに教えたがる姿。言葉よりもこうした感情を大事にしなくてはならないと気付かされました。あくまでも言語はツール。当たり前のことをもう一度再確認出来て良かった・・・。

Fun in the Snow. Roderick Hunt, Annemarie Young, Thelma Page (Ort Decode and Develop Stories)Fun in the Snow. Roderick Hunt, Annemarie Young, Thelma Page (Ort Decode and Develop Stories)
(2011/01)
Roderick Hunt

商品詳細を見る

三度の飯よりSnowmanが好きなYuzy。雪の舞い降りるこの幻想的な世界に、親子二人して引き込まれてしまいました。我が家の窓の外はもう雪解けですが、ちょっぴり似た体験が出来て大喜びのYuzy。こうして絵本を通じて、色々な喜びを感じていって欲しいなと思った夜でした。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 リーディング | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
ベッドタイムいいですね~
我が家は4年生になっても
一緒に寝てほしいからって
寝る前の絵本タイムを嫌いませんv-391
ORTもこの戦法でやってます。
遊びの誘いのピンポ~ンもないし
テレビもつかないし
あったかいお布団の中でのお話は
こころもあったかいようです。

The Lost Gloves・・・
不覚にもCD買い忘れていて
読み聞かせてあげられないんですよね。
日本のHPにダウンロードができるページが
あると思っていたらStep1だけ無かった・・・。
このシリーズ6冊だけ
思いっきり日本語でお話ししてあげていますv-356
No title
素敵ですね(*^_^*)

うちも読み聞かせはベットタイムに限ります。
昼間読もうと思ってもなかなかうまくいきません。
ORTはリーダーにとって本当によく考えられた
絵本でありながら
オチがあってお話自体も楽しめる素敵な絵本ですよね。
娘ともよくメガネを探したり、絵の隅々までを眺めて
いろんなお話をしながら読んだものです。
うちも長い間お世話になっています♪
Re: No title
ちょくしさん、

小学4年生になってもベッドタイムストーリーが持てるだなんて素敵です。
今までなぜ実践しなかったのだろう・・・!?と、初めてやってみて分かりました(笑)。
本当に寝る前のひと時ってゴールデンタイムなんですね。
誰にも何にも邪魔されないこの時間。
これから大事にしていこうと思います。

CDも購入されているんですね!
我が家は図書館で細々と借りてお世話になっています^^;(といっても、最近まったく回ってこないので、全部揃えるのはあと10年くらいかかる?)手元にあればすぐにメールにて送ります!と書きたかったのですが、残念ながらDecodeのStage1は我が家にもありませんでした(涙)。もしその他買い忘れ等で私が手持ちのものがあったら送りますので、お気軽にメールででもお知らせくださいね。
Re: No title
maomaoさん、

maomaoさんのお宅では読み聞かせはベッドタイムと決めているんですね!
なぜ、今までそれをしてこなかったのだろう・・・と自分でも疑問です(笑)。
でも、これからは我が家でも読み聞かせはベッドタイムにしようと
決めました!そうすると、一気に他のことが出来る気がしてきて嬉しくなります。

ORT、本当に楽しいですよね。
まだ出会って1年も経たない我が家ですが、どっぷりはまっています。
娘がこのオチを理解してくれるのはまだ先になりそうですが、
まずは母が楽しんでいます^^

maomaoさんのブログは素敵な絵本の情報が溢れているので、
これからも色々と参考にさせてくださいね。
いつもありがとうございます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。