スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
日本の義務教育はスバラシイ!?

先日、国際結婚をしている日本人の同僚とこんな話になりました。

「日本の義務教育は素晴らしい。」

カナダ出身のご主人の母国語は英語、そして日本語も堪能。同僚も日英バイリンガル。1歳半の息子君がいます。純ジャパニーズの我が家から見れば、親子英語を実践するにはこの上なく理想の環境ですが、息子君は保育園で過ごす時間が長く、家でも夫婦の会話は日本語なので、英語とはまったく無縁の世界に生きているそうです。

しかし、年末にご主人のご両親の住むカナダを訪れて初めて英語育児を考えただとか。なぜなら、このままだとずっとカナダのおじいちゃん、おばあちゃんと話が出来ないからです。

「じゃ、インターとか考えてる?」

軽々しく聞いて見ると、答えはノー!
旦那さんが義務教育は絶対に日本で受けて欲しいという希望からだそうです。

旦那さん自身、モントリオール出身なのでフレンチイマージョンを幼少から体験。母国語を犠牲にすることなく、英仏の両言語を自由に使えるようにすることが目的のこのフレンチイマージョン。英語のイマージョンスクールを探している時に、初めて出会った言葉でした。(フレンチイマージョンについては、バイリンガル教育に詳しい中島和子先生のバイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができることで詳しく説明されています。)

でも、旦那さんは、実際は両言語自由に使いこなせるとまではいかなかったといいます。でも、彼にとっては英語という母国語の運用能力が一番大切であって、フランス語はあくまでも+αー。息子君にも、日本に生まれ日本で育っている以上、日本語という母国語をプレゼントしたいといいます。

また、移民国家カナダで育った旦那さんにとって、英語は様々な英語が存在するという認識。訛りがあっても、文法が多少間違っていても、大人になってからでも十分に意思疎通が可能な英語力はつけられるといいます。

でも、日本語は、大人になってから学ぼうとしても英語と同じようには絶対にいかない。どれだけお金と時間を費やしても、そんな簡単には身につかない。そう考えると、無料で受けられ、ここまでみっちりと基礎を築き上げてくれる日本の義務教育ほど素晴らしいものはないと思うそうです。

何だか逆の発想だなーとある意味感心(笑)。
外国の人がそういう風に評価してくれると、妙に説得力がある気がします。

***
ただいまインフルエンザ真っ只中のYuzy^^;
普段なかなか寝ない子が、昨日は自分から「もうねる」とお布団にいきました。

その間、パパがママに以下の本をレクチャー(笑)。

The Lost Gloves. Roderick Hunt, Annemarie Young, Thelma Page (Ort Decode and Develop Stories)The Lost Gloves. Roderick Hunt, Annemarie Young, Thelma Page (Ort Decode and Develop Stories)
(2011/01)
Roderick Hunt

商品詳細を見る

絵しかない絵本だと、ママの理解度が妙に低く、パパにストーリーを説明してもらうという始末^^;母親失格です。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
No title
どうもー、遊びに参りました。
娘さん、ウチの息子と同い年なんですね。同じ夏生まれだし!後ほどゆっくり過去記事も読ませて頂きます~。
今回は、このカナダ人さんについて。自分自身の英語力が、バイリンガル環境で育った人の足元にも及ばないので、反論したい気が満々です!(笑)でも、確かに日本語は外国語として学びたくない、難しすぎるという点では同意します~。
Re: No title
ものぐさハハさん、

ご訪問ありがとうございます!!コメント残していただけてとても嬉しいです。

カナダのフレンチイマージョン教育を受けた人の中には、セミリンガルになってしまう場合もあるらしく、そういった意味で母国語と呼べる言葉を持てることにこの旦那さんは幸せを感じるようです。が・・・。私もバイリンガル環境とはまるで無縁の中で育ったので、羨ましいの一言ですが。

タロウ君も夏生まれだったんですねー!Yuzyも来月で2歳半になります。ついついハナコちゃんに注目しがちでしたが、タロウ君にもこれから注目したいと思います^^
No title
ORTぼちぼちですが
頑張っています。
韓国のCDいいですね。
BGM、効果音ありでv-238

INBOOKSの方とのハングル文字メールも
だんだん慣れてきましたよ~
先日もポイントが付いていなかったり
CD-ROMのダウンロードができなかったり
いろいろトラブルがありましたが
ウエブ翻訳のメールで何とかなりました~
Yuzyママさんのアドバイスのおかげですv-238

Re: No title
ちょくしさん、

ORT頑張っていらっしゃるようですね。我が家も、なんとか読み聞かせを習慣化しようと努めています。

あの効果音満載の音源って、韓国独自のものなのかしら?日本のCDとは、何か違う気がしています。娘もあの効果音に大喜びです^ ^

ちょくしさん、もうハングルマスターしてしまいそうな勢いですね!トラブルがあっても、すぐに対応してくれるのが韓国なんですよね^^;また、何かお手伝いが必要なときは、ご遠慮なくお知らせくださいね。
No title
日本語教師やってました。
対称言語学も日本語教師になるには勉強しないといけない科目ですが、日本語を世界の主な言語を比較して勉強してみて日本語が世界でも有数の難しい言語だということを知りました。
英会話の先生もしていましたが、日本語を教えるよりもはるかに教えやすい・・シンプルだと思います。とにかく。

ただの英語のネイティブが英語を教えることはもしかしたら可能でも、日本人だからといって日本語を教えることは不可能なので、そういうことかな~と・・。
No title
こんにちは~!
Yuzyちゃん、お大事にして下さいね。

日本の中にいると分からないこともありますねぇ~。
私も下の息子にことばを教えるとき、英語で
先に言えるようになった単語があって、
日本語が逆に分からなくなるというパパの
反対で語りかけはしばらくやめました。
母国語があってからゆえの英語という形を
これからも守っていきたいなぁって思います♪
Re: No title
りゅうママさん、

日本語教師をされていたりゅうママさんのご意見、とても興味深く拝見しました。本当に日本語は世界の言語の中でも難しいんですね。我が家も一時、ママが暴走して、インターを考えた時が一瞬あったのですが(笑)、その時思ったことは、娘に英語は教えられても(って、教えられませんが^^;)、日本語は教えられないということ。だから、やっぱり日本の義務教育は貴重だなと感じました。

日ごろ、ついつい英語がメインになってしまうので、これから日本語もしっかり力を入れていかないとと改めて思いました^^;日本語、本当に難しいですよね。


Re: No title
maomaoさん、

ご心配していただいて、ありがとうございます。
やっとインフルエンザから解放され、プリスクールにも通えるようになりました。

英語で先に言えるようになった単語・・・。
我が家も数多いです。
あまり深く考えずに英語を先に入れてしまったのですが、
最近それが日本語で言えず、ちょっと複雑な気持ちになっていました。
本当に母国語があっての英語ですよね。
第二外国語が母国語を超えることは絶対にないと言いますし。

我が家もバランスを考えながら、親子英語を楽しみたいと思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。