スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2ヶ国語シャワーなんて、なんのその!?

去年の今ごろはまったく興味を示さなかったメイシーちゃんシリーズ。でも、やっとそういう時期になってきたのか、最近はメイシーちゃんなしには一日が終わりません。

当時、ママがこの「ネズミ時々ウサギ」のようなキャラクターに一目惚れ(笑)。買い揃えたのがメイシーちゃんの日本語シリーズ。まだ親子英語という言葉すら聞いたことがなかった頃です。物語というよりは、しかけ絵本が1歳児にもウケるのではないかと買い与えてみましたが、結果は・・・ただの破壊(笑)。びりびりに破り、しかけなんてあったもんじゃない!

それが、ここ半年くらいは急に日の目を見るようになりました。ちなみに今日のメニューはこちら。
メイシーちゃんのABC (メイシーちゃんシリーズ)メイシーちゃんのABC (メイシーちゃんシリーズ)
(1994/11)
ルーシー カズンズ

商品詳細を見る

このシリーズの素晴らしいところは、和書でも英語が併記されていること。いや、英語に日本語が併記と言った方が正しいでしょうか。でも、ママが一緒に読む(というより遊ぶ)ときは、「英語を身に付けるには、英語のリズムを保つことが大事。」という言語学者マー先生の教えを守り、ひたすら英語で押し通します(笑)。
MaisyJP.jpg

そして、日本語モードの日(って本当は四六時中日本語モードですが。)は、日本語で。パパが読み聞かせの時も、もちろん日本語です。

正直今でも「昨日読んだときは"ladybird"だったのが今日は"てんとうむし"」ということに混乱はないのかと心配になる母ですが、本人はケセラセラ(笑)。英語で聞けば英語で答え、日本語で聞けば日本語で答える。これが、若干確立されつつあります。
Maisy JP2

といっても、問題は宇宙語^^;
引き出しを開けたはいいけど、どの言葉を選んでよいのか分からず、あわあわ状態が続くこともしばしば。やっぱりここを心配するべきなのでしょうか!?(笑)

親子英語と言うと、ついつい特別なモノを想像してしまいがちですが、世界には母国語だけで教育を受けた人より、一部(もしくはそれ以上)は第二外国語で教育を受けた人の方が多いと知り、ビックリ!世界にはモノリンガルよりバイリンガル・マルチリンガルの方が多いというのも納得です。これだけ充実している親子英語ブログを見ていると、日本もいつかはバイリンガルの方が多し!?なんて時代も来るかもしれません。日本の大学入試にTOEFLが活用なんてことが本当にあるとすれば、親子英語が功を奏する時がやってくる!?

さて、この日の仕上げは、ブームが続いている「Strawberry Shortcake」のぬりえ。
どうやらこの方のお名前は「Plum Pudding」ちゃんと言うらしく^^;
Pudding.jpg

他のキャラクターの名前もちょっと興味があるママです(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
なるほどー、日本では、「母国語の確立を優先」との論調が強いですが、(ウチは言語聴覚士に言われたばかり。。^^;)世界的には少数意見となりますよね!英語育児を突き進もうと改めて決意しました~。
Re: No title
ものぐさハハさん、

世界の尺度で見ると、全く違ってみえることってありますよね^^;

我が家も最近は、日本語に重きをもっと置くべきか再考しているところでした。ついつい欲張りになってしまうのですが。二頭追うもの•••状態にならないようにせねばっ^^;

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。