スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
使用しているのはママですが・・・。

最近のママのお楽しみと言えば、もっぱら出版社「Evan-Moor」のHPを覗くこと。幼児から小学生までのワークブックがとにかく豊富で、またそれぞれの作りが素晴らしいため、本当に覗いているだけで英語力がメキメキ付きそうな錯覚を起こします(笑)。また、Amazonでは中身が見られない本も「Look Inside」のページから見ることができるため、失敗がなさそうです。

妙に気になったのが、若干面白味に欠けそうなこれ(笑)。


全6冊のシリーズです。


1日1個単語を学んでいくというコンセプト。一見日本でも売られているような単語集と大差ない印象でしたが、よーく見てみると大違い!!暗記ではなく、さまざまな角度からその語彙を見ていくという方法が取られています。
a word a day grade 2 1(クリックで大きくなります。)

例えば、Grade2の最初に出てくる形容詞"dainty"。英辞郎を見てみると、「優美な、上品な、繊細な、きゃしゃな」などと色々と意味が並んでおり、日本語で意味を一つずつ覚えようとすると大変ですが、このワークブックには意味、例文と共に、こんな質問があります。"dainty"なもをすべて選ぶという問題です。

Which of these are dainty?

● a wrestler(レスラー)
● a rosebud(バラのつぼみ)
● the lace on a baby's dress(赤ちゃんのドレスのレース)
● a fine china teacup(高貴な中国茶碗)
● an elephant(ゾウ)


また、教室で"dainty"なもの、家にある"dainty"なものを探しなさいといったようなDiscussion Questionも設けられており、このように多角的に子どもたちは語彙を馴染ませていくのだと思いました。

毎日1単語なので、月ー木までで4つ単語を学び、5日目の金曜日はReviewの時間。先生が学習した4つの単語を黒板に書き出し、口頭で

1)その単語の定義を述べ、どの単語についての説明かを答えさせる。
2)抜けている単語を入れさせる。
3)例文を読み上げ、間違った単語を直させる。
4)例文を読み上げ、その例文が"true"か"false"かを答えさせる。


といったような時間を設けるようです。そして、最後に子どもたちは"Review"のワークの時間。ここに来て、初めて鉛筆を持つという作業に少々驚きました。
a word a day grade 2 2

今までさまざまな語彙系ワークブックに手を出してきたママですが、今回はまさに求めていたスタイル。これをそのまま子どもに丸投げしてやらせることができるかどうかは疑問ですが、あくまでも「親子で」というスタンスなら十分にやる価値がありそうだと思いました。ウェブレッスンでの活用もいいかもしれないですね。

難はちょっと値段が張ることと、ママ自身が知らない単語が多いこと!(笑)
ネイティブの子どもたちなら、誰でも知っているような語彙だと思うのですが、すでにGrade2にしてひぃひぃ状態です。

日々、精進したいと思います(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 DVD & BOOKS | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんにちは。 初めてコメントします(^_^)

私もEvan Moorのワークブック大好きなので、のこのこ出てきてしまいました♪
娘がWord a day のG2と3をウェブレッスンで使っていましたよ。すごく信頼できる先生にみっちり教えてもらえてて、あの頃は良かったな〜。

そうなんですよね、Evan Moorは
お値段がね。。アプリも気になるのだけど、、本気すぎててが出ません(^_^)

ワークはYuzyママさんご自身でみてあげられるなんて、知識と根気を持ち合わせてらっしゃるんですね!素晴らしいです!見習いたい♪
Re: No title
マモさん、

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。コメント残していただけて、とても嬉しいです。

同じくEvan Moorファンの方がいらっしゃってテンション上がっています^^娘さんがすでに使用済みだったんですね。しかもウェブレッスンで使われていたとは、まさしく私の理想です!

そうそう、私もアプリ気になっていました。でも、あのお値段がどうにもこうにも・・・^^;

いえいえ、知識と根気だなんてとんでもないです。まだ娘が2歳なので、すべて理想(妄想!?)です。きっと、自分がこのワークブック終了の時には、音を上げていると思います^^;

良かったらまたお気軽に遊びに来てください。今後ともよろしくお願いします。
No title
へえ~~!このワークブック面白いですね♪
なんか辞書みたい^^
私、今年は英語の試験でも受けてみようかと
こっそり考えてるんですが
このワークは楽しく学べそうですね!
参考になります♪
E-book
うちもここのワークブックを複数使用しています。
事前に中身を見れていいですよね。

ここはE-bookが充実しており、うちは実はE-bookで購入しています。
DLしてDropboxに落としておきウェブレッスンの講師にもDLしてもらえば、紙の本を買ってスキャンして送信する必要がないため、ウェブレッスンで使用する場合にはとても便利なんです。
(うちで子供が使う分はプリントする必要がありますが。)

他にもE-book版を購入できる出版社が複数あり、本当に便利な世の中だわ・・・としみじみ思います。

小2の語彙は、受験英語しか知らない私は全く出会ったことのない単語も相当含まれます。
Re: No title
maomaoさん、

そうなんですよ!
このワークブックは最初に見たときからずっと気になっていて。
まじめにやればメキメキと力がつきそうです。
それと、生活に密着した言葉ばかりなのに、知らない単語が多過ぎてガックリ(笑)。
でも、だからこそやりがいがあります。

英語の試験考えられているんですね〜。
私も何か挑戦してみようかな!?
Re: E-book
ミルフィーユさん、

おぉ〜E-bookの方を購入されていたんですね!?
私も迷ったのですが、本の方が使いやすいかな?などと思ったものの、Evan-Moorは白黒のワークが多いんですよね。だったら、自分で印刷が必要でも、全然E-bookでOKですね!特にウェブレッスンで使用する場合には、なおさら!今後、ちょっと考えて購入したいと思います^^

本当に海の向こうの先生と簡単にスカイプしながら、E-bookを使用して授業だなんて、便利な世の中ですね。

私もかなりひぃひぃ状態の小2のワークです^^;でも、このひぃひぃ感が結構好きなので、きっとまた上のグレードも購入してしまいそうです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。