スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
我が家のプリスクールの位置付け。

最近は、プリスクールについて書くことがあまりなくなってしまいましたが、今学期もすでにスタートしています。週3回4時間ずつです。気がついてみれば、Yuzyママが親子英語を意識し出したのは、Yuzyのプリスクール探しをし始めた頃でした。英語に少しでも長い時間触れて欲しくて、いとも簡単に選んでしまったプリスクール。

あれから、半年。今では、プリスクールに対しての当初の期待とはまったく違う自分が居たりします^^;通い初めの頃は、「もうこれで小学校入学まで通えば、英語は安泰!」くらいに思っていました(恥)。でも、実際今通っているのを見ていると、プリスクールはあくまでも親子英語の一つのオプションであり、決してすべてをカバーできるものではないということ。つくづく感じます。その理由として・・・。

#インター併設ではないプリスクールの園児は、日本人の子がほとんど。

結果、当然休み時間などは日本語です。Yuzyの通うプリスクールでは、先生方が英語を話すよう促してくれる場面もありますが、子どもはどうしても使いやすい言葉を使います。お互い日本語が通じるのに、英語を強要するのは、ママ自身も疑問が残るため、子どもたちのコミュニケーションにおいては、言語にとらわれることなく、自分の感情を最も伝えやすい方法でOKだと思っています。

#プリスクールの英語は「Playroom English」。「Academic English」を身に付けるには、小学校以降の取り組みが大事。

Yuzyが今学んでいるのはお遊びを通じて身につけている英語。決して、学問としての英語ではありません。低年齢であればあるほど、帰国子女が英語を維持するのは難しいと言われるのは、まさしくこのためだとママは感じています。

結果、Yuzyの通うプリスクールの環境では、「バイリンガル育成」と呼ぶにはほど遠いことが分かります。一部では、バイリンガル育成には成人期まで要するなどと言われますが、ママがここで意図するバイリンガルとは、あくまでも「母国語同様に、英語でも学年相応のコミュニケーションが図れる」といった感覚でしょうか。

それでは、なぜプリスクールに入れるのか?と聞かれたら、今では「ばぁばの子守り時間の軽減にもなるし、同じくらいのお友達も出来るし、園庭も素敵だし、先生も良い人たちばかりだから。+αー英語の環境」といった答えかもしれません(笑)。英語メインと構えるよりも、最近はこの「プラスαー英語」の位置付けが非常に重要だと思えるようになってきました。なので逆に言うとプリスクールに通わずして、このプラスαー以上に親子英語の成果を出されているご家庭もとても多いのだと思います。

園長先生が「英語はあっても邪魔にならない」と最初にお会いした時おっしゃっていたのですが、まさにその通りだと思います。この邪魔にならないプラスαーの英語。そんな位置付けをキープしながら、他にも色々なことに挑戦したいと思う今日この頃です。


最近プリスクールで作って来た爆弾(笑)。よりによって黒を選ぶだなんて、何か問題を抱えているのかと疑う母です^^;

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 プリスクール(2歳0ヶ月~) | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
はじめまして。

ウチも昨年春からそれ系のプリに通わせている娘がいますが同感です。
年齢が進むにしたがって日本語が増えていくのでは、、と。
子供と先生の比率を考えるとそうなりますよね。
ウチの場合、今のところ娘への英語を取り組む時間がないので
ある程度、英語に馴染むのをプリの最終目標としています。
2年プリに通わせてたあと年中からは日本の幼稚園に通わせる予定です。
Re: No title
あきまささん、

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

娘さんもプリスクールに在園されているんですね。私も、ワーキングマザーでなければ、もう少し家庭で頑張っていたかもしれません^^;と言えども、少し前まではプリスクールに相当幻想を抱いていた派ですが。やはり、通ってみて初めて分かることも、多いですね。我が家は今のところ、このまま小学校まで通わせるつもりではいるのですが、今後方針転換もあるかもしれません^^;

良かったらまたお気軽にコメント残していただけると嬉しいです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。