スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ORT Teacher Training DVDにてママ学習中・・・Part2。

「家庭でできる!?ORTレッスン大解剖~3-4歳編~」
の続きです。

前回3~4歳のクラスでも得ることは多かった母ですが、4~5歳のクラスとなるとまた授業内容もコロッと変わり、これまた映像の前で釘付けとなっています。

最近読み聞かせは定着してきた我が家ですが、今後どのようにそれを自力読みにつなげていけばいいのか、そして書くことへつなげるにはどのような過程を踏む必要があるのか・・・。当然、第二外国語と母国語の習得プロセスは異なるものの、ネイティブの子たちはどのように英語を学んでいくのか。そこから日本に暮らす我が家が応用できる部分はないだろうか。そんな気持ちで、ORTを実際に使いながら進められていく現場の様子をじっくりと観察しています(笑)。

***

今回の映像の詳細は以下のとおり。(前回、わざわざORT Koreaまで飛んで視聴した映像ですが、You Tubeにしっかりありました^^;)

スクール&クラス: モンテッソーリスクール, Reception Year
年齢:4歳~5歳
児童:ネイティブとノンネイティブの混合
目的:リーディングからライティングへの移行学習
題材:Oxford Reading Tree, Stage 1, "Fun at the Beach"

Oxford Reading Tree: Stage 1: First Words: Fun at the BeachOxford Reading Tree: Stage 1: First Words: Fun at the Beach
(2008/01/10)
Roderick Hunt

商品詳細を見る


このスクールでは週5日ORTを題材に授業が行われています。
この日の学習目的は、リーディングからライティングへの移行学習

まずはクラス全員で音読したあと、先生がお手本として一人で読み上げます。
その後、Kipperたちを指しながら、本文の文章をそのまま読み上げることが出来るような質問を先生が投げかけます。

Fun at the Beach

ex) Who are they? - Kipper, Chip and Biff.

# アクティビティー1:「Look for Mum, Dad, Chip, Floppyゲーム」
目的:子供たちの単語の認識力を確認するためのゲーム。

生徒を一人ずつ呼び、登場人物の名前が書かれた紙を袋の中から選ばせます。
一人の子がそれを選んだら、クラス全員に見せ、クラスは何と書いてあるか読みます。

「Chip」と書いてある紙を引きます。
先生: Where can you see Chip? Where is he?

クラスの中にはチップのくり抜いた絵が飾ってあり、子どもたちはチップを指差します。
先生: Look, it's on the board.

Chipはどのようにスペルを書くか生徒に尋ね、黒板には、Dadの「D」、Mumの「M」、Chipの「Ch」、Kipperの「K」、Floppyの「F」が書いてあります。
ex) D for
K for
F for
B for
M for
Ch for

forの後に、それぞれの絵を入れていくのが目的です。

先生はそれぞれのアルファベットをフォニックス読みをして、どれがChipのstarting word(最初のアルファベット)かをクラスに聞き、生徒は当てはまるところに、Chipを貼ります。

第2ラウンド開始
次の子を当て、袋の中から紙を取るよう指示します。

先生: Who is that?
生徒は「Biff」と答え、クラス全員に見せます。
先生: B, B, Biffとフォニックス読み。

もう一つの黒板にはLook at _____と書いてあり、主人公たちの絵が貼ってあります。
この____の相当部分に今引いたカードを貼ります。
また、先ほどのChip同様、クラスにBiffのくり抜いた絵が貼ってあります。

先生:What is the first letter for Biff? B, B, Biff
生徒:B!

黒板の絵を指し、
先生: Who is this?
生徒: Dad
先生:What is the first sound of Dad's name?
先生: D, D, D, everybody D, D, D
フォニックス読みを練習です。

先生: D, D, D for Dad

全員で繰り返します。

ここで行なっているのは、initial sound of words(単語の最初の文字の読み)の練習。
このアクティビティーは、初めて自分が書く時の準備となるようです。

# アクティビティー2:ライティング練習
目的:キーワードを使用し、今まで習った簡単なセンテンスを構築する。

黒板に書かれた以下のセンテンス。

Look at Dad.
Look at Biff.
Look at Chip.
_______ Floppy.

上から順に生徒は読んでいきます。すると、Floppyの前には抜けている文字が。
指名された生徒は前に出て、抜けている単語"Look at"を書き入れます。

# アクティビティー3:単語並べゲーム
目的:センテンス構築。マジックテープで壁に付いている散らばった単語カードを並べさせる。
効果:何度も練習させることで、生徒のリーディングとライティングの自信をつけさせる。このアクティビティーはよくある間違いを気付かせるにも有効。

先生: Look at the dog.

このように問題を出され、前に出てきた男の子は、それぞれの単語を探し、並べていきます。
男の子は"look"の小文字を選んでしまいます。

先生: Is this all right?
生徒:Yes
先生:Everything is right? Yes? Even the word "look"
生徒: No
先生:No...why not?
生徒: Because it's a small letter.
先生:Can you try to look for a big capital letter?

男の子は大文字の"Look"を見つけます。

先生: Okay, change.

出来上がったものをを前に出て来た子に読ませます。

先生: Is this all right?
生徒: Yes
先生: Fantastic! Briliant!!

# アクティビティー4:ワークシート
目的:ワークシートをすることにより、今まで習ったスキルをさらに強化。

以下のように、単語の最初のアルファベットが抜けている。

"Look at __um."
"Look at __ad."
"Look at __iff."

1問目を差しながら・・・
先生:What's missing?
生徒:The big M

その後、実際にMを書かせていきます。

この教室で使ったもの

★ Story Book/Big Story Book


★ Big Talkabout Cards


★ Teacher's Guide Stages 1-3


★ Character Cutouts


***

今回この映像を通して感じたのは、とにかく「リピート」が大事だということ。フォニックス読みを、すべての場面において先生が強化している姿から、強く感じました。また、映像では割愛されていますが、やはりクラスという場面から、多くの子に同じ課題が与えられ、指されていない子どもも、他の子が答える姿から学んでいるんだろうなぁ・・・と。

そして、お手本をあらかじめ示しておき、生徒が「できる」ことで自信や達成感を与えている印象も!"Look at"の一つをブランクにしておくなど、決してすぐに自分で書けることを目的にするのでなく、まずはお手本を見ながらでも、確実に書けるようにすること。この段階を踏んだやり方が、きっと子どもたちには大事なのかという気がします。

最後に、学習目的は同じでも、ゲームをしたり、単語カードを使ったり、ワークブックを使ったり、とにかく子ども達を飽きさせない工夫が随所にされているということ。この工夫は、Yuzyが1歳の時通っていた英会話スクールMLS(モデル・ランゲージ・スタジオ)参考記事)の授業で最初に学んだことでした。とにかく分刻みに用意されたアクティビティーにママは圧倒され・・・。でも、子どもたちを飽きさせないようにテンポ良く授業を進めるには、事前準備は必須!この準備は、今回のこのお教室でも至る所で見られた気がします。

今回のお教室の内容をすべて家庭で取り入れることは難しいですが、「リピート」「達成感」「工夫」のキーワードを念頭に、我が家でもこれからもORTをフル活用していきたいと思います。それにしても、こんな授業・・・。ママが体験してみたい(笑)。

追伸:少しの間、ブログを休止します。と言いながら、すぐに戻ってくるかもしれませんが・・・^^;いつもご訪問いただいている皆さま、どうもありがとうございます。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 ORT | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。