スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
時間の区切りを大切に。

新年明けましておめでとうございます。
今年も、皆さんと色々情報交換させていただけたら、嬉しく思います。どうぞよろしくお願いします。

昨年末から続いているシリーズ、親子英語の環境を整える〜その4〜の続きです。

この4月から一つ上のクラスに進級予定のYuzyは、プリスクールも週5日となります。なんだか、一気に社会の仲間入りって感じがしますね。そう思うと、幼児の頃の自由な時間って本当に一時!

そこで、ママが今後の親子英語実践で意識したいのは、

#時間の区切りを意識する

ということです。
先輩ママたちの話を聞くと、小学校に入り、俄然時間がない!と悲鳴を上げるママたちがほとんど。そうなると、親子英語に割ける時間は、本当に限られてくると思うのです。習い事も増えるだろうし、お友達とも遊びたいだろうし、そうなると英語の優先順位なんて考えなくても分かります。

そこでママが英語を組み込みたいのは、週末と長期のお休み。この「オン」と「オフ」時間の意識を大切にしたいと思っています。平日の「オン」はあくまでも学校のことをしっかりと優先させ、自由な「オフ」時間に英語を組み込めたら理想です。そして、この「オフ」時間は、日常とは違ったものにするために、外で英語に触れる機会を与えてあげられたらと思っています。

その一つが、毎週土曜日にまとまった時間行われるサタデースクールの存在。サタデースクールという名でなくとも、まとまった時間英語に触れることができたらいいなと思っています。そして、もう一つは夏休みのサマースクール。中には、春、冬も開催される所もあるようなので、こういったものに積極的に参加し、数ヶ月に1度のお楽しみが出来たら、英語も年間を通じて軌道に乗ることができるのではないでしょうか。

そして、サマースクールでなくとも、お家で夏休み用のワークを用意するのも手かもしれません。

Flash Kidsの有名な「For The Gifted Student」シリーズは、Math, Reading, Vocabularyとすべて魅力的で、これまたいつか一括購入の対象となりそうです(笑)。

「オン」と「オフ」。これが子どもの頃から意識が出来たら、社会人になってからも、すごく役に立ちそうな気がします。英語を通じて、語学だけでなく、社会で生きる上で必要なことも色々と学んでくれたらいいなと切に願う母です。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。