スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ついに決定、プリスクール!?

ドキドキで一日体験の日を迎えたYuzyママ(って、体験をするのはママではなくYuzyのはずなのですが^^;)。お天気も快晴で、足取り軽くプリスクールへと向かいました。ここはバスで10分の距離。よく買い物に出かける通りなので、気分は親戚の家に向かうくらいの余裕さです(笑)。

9:30 a.m.
プリスクール到着。初めて見る場所に、ちょっと戸惑うYuzy。すると、すでに園庭では子どもたちがワイワイ遊んでいます。

到着すると外にいたアメリカ人女性の先生がすぐに話しかけてきてくれました。

「Good morning! What's your name?」

日本語でも自分の名前をまだ言えないYuzy。当然英語でも言えるはずがありません(笑)。

代弁して「My name is Yuzy」と伝えると、「Oh, Yuzy! Do you want to play outside?」と早速お外遊びに誘ってくれました。

が・・・。

Yuzy姫。なんとすでにオムツを変えなければいけない状態ではありませんかー(^。^;)
ってことで、ちょっとおトイレに失礼をし・・・。
そそくさと用を済ませ出ると、今度は別の男性の先生が声をかけてきてくれました。

見学に来たと伝えると、すぐにYuzyに上履きを履かせてくれ(普通、こういうことって親がやるべきことですよね^^;)、お教室に案内してくれました。

一軒家を改造してクラスを行なっているこのプリスクール。とにかく広い!の一言でした。1階では2~3歳児のクラスの他に、日本の幼稚園には通わない年中・年長児のクラスも行なっていました。2階では、年々少、年少さんのクラスです。

10:00 a.m.
外遊びから子どもたちが戻ってくると、2~3歳児のクラスは、一人ずつ先生の監督の下、手洗いをし、教室に戻ってきます。子どもたちはYuzyを含め6人。と言えども、一番下の子で2歳半だということなので、1歳9ヶ月のYuzyは本当におチビさん。皆、お弁当、水筒など自分のリュックから必要なものを出し、一日の準備を行います。

すると、先ほど上履きを履かせてくれたアメリカ人の男性の先生が持ってきたのは、フラフープ。先生がコロコロと回しながら、「Catch!」や「Run!」などの言葉に子どもたちは即座に反応します。この4月から入園してきた子が多い中、かなり言葉を理解している様子。Yuzyも一生懸命キャッチしようと試みるのですが、運動神経が鈍いのかやる気がないのか、なかなか取れない様子(笑)。でも、大好きなピンク色のフラフープをもらってご機嫌なのか、「Pink!]と連呼しています。

10:15 a.m.
お歌の時間が始まります。Yuzyがひたすら「えーびーちー」と叫んでいたのを見て、先生が「ABC Song」を披露してくれました!(あっ、CDをかけながら一緒に歌うというものです。)子どもたちも、すでに覚えている様子。YuzyもWKEの中で何度も聞いている歌なので、ちょっぴり口ずさんでいます。(でも何を歌っているかはまるで不明^^;)

10:30 a.m.
あっという間に次のアクティビティーへ。身体を動かしたかと思ったら、次は先生の絵本の読み聞かせタイム。でも、ただ読み聞かせるだけではなく、絵本にボタンが付いていて、それを押すと音が鳴る仕組みです。なので、子どもたちも参加できるとあって、退屈することもなく、みんな順番に押していきます。Yuzyも押すのが大好きとあって、ここぞとばかり短い人差し指を伸ばし、押していました(#^.^#)

10:45 a.m.
さぁ、今度は椅子を一列に並べて、子どもたちが座ります。先生の手にはカードが。笑っている顔、泣いている顔、怒っている顔の写真がそれぞれ書いてあり、笑っている顔を見せて、子どもたち一人一人に「I'm happy.」と言わせていくというもの。ポイントは、写真を見せて言わせるということのようです。以前書いたかと思いますが、ここはバイリンガル教育専門家マー先生の仰っていた「動作と共に語りかける」という点が実行されていました。やはり言葉だけを教え込もうとしても、意味が分からなければ、覚えられないですよね。とにかく一人ずつ言えるまで、やる!というのが、この先生の方針のようです。で、肝心のYuzyは、「I'm」の部分は言えておらず、「happy」だけ「あっぴー」と大声で叫んでいました(^。^;)

11:00 a.m.
お手洗いタイム。ここで、先生が一人ずつトイレのお手伝いをしてくれます。実際には、ネイティブの先生と日本人の保育士の先生が二人体制なので、保育士の方がお手伝いしてくれるのかと思いきや・・・。思いっきり、ネイティブの男性先生がお手伝いしていました(笑)。

11:10 a.m.
突然マットを出してきて、そして机を出し・・・。何が起こるかと思いきや、立てかけたマットの上に思いっきりスライディングをするという、なんとも迫力あるアクティビティーの始まりでした(笑)。2歳半から3歳のお姉さん、お兄さんたちはみんなとっても上手に出来ているのですが、Yuzyはというと。マットの前で止まっていました^^;普段から布団の上にダイビングするのが好きなはずなのに、遠慮しちゃったのかしら?(んな訳ない。)そして、テーブルの下をくぐり、ボールを蹴るというアクティビティーもあったり、またリングを並べ、ケンケンパー(懐かしい!)をしたりと、ランチ時間の前に思いっきりお腹を空かせる作戦だったのかもしれません(笑)。

11:30 a.m.
待ちに待ったランチ時間。Yuzyの暴走を止めるのに必死で、母はとてつもなくお腹が空いておりました。一応お弁当ということで、Yuzyには海苔巻きを持たせたのですが、母(いやばぁば?)の手作り弁当は無視して、私たちが頬張ろうと思っていたクリームパンを奪う娘(笑)。しかも、デザートに持たせたオレンジを先に食べるという、自由奔放丸出しのお弁当時間でした。

先生方は、子どもたち一人一人に気を配り、箸が進んでいないと食べさせてあげたり、声をかけてあげたり、自分のお弁当どころじゃないご様子。本当に頭がさがりっぱなしの時間でした。

12:15 p.m.
通常ランチ時間は1時間のようですが、早めに終わると、園庭でお外遊びをするとのこと。Yuzyもルンルンで、生まれて初めての三輪車に挑戦!以前、赤ちゃん○舗で見た時には、まったく興味を示さなかったのですが、お姉さんたちが乗っていると自分も乗りたくなったようで、離しませんでした。そして、今まではパパとしかやったことのなかった滑り台にも挑戦。小さい子用の滑り台を一人でかけ上がり、滑る姿に母はプチ感動を覚え・・・(笑)。こうして子どもは日々成長していくのだ・・・そのために、環境って大事だななどとしみじみ思ってしまうのでした。

12:30 p.m.
楽しかったランチ時間も終了。お外遊びから戻った子どもたちは、皆手を洗い、教室に戻ります。そして、お次は歯磨きタイム!一人ずつコップに少量の水を渡され、ゴシゴシ、シュッシュ!歯にうるさいアメリカ人(笑)。じっくり時間をかけて、しっかり磨くことを丁寧に教えてくれます。

12:45 p.m.
歳後は科学の授業です。カップに水を入れ、そこに胡椒を振り、さらに洗剤を入れる!という何とも不思議な光景!2歳児が何かとてつもない実験を行っているようで、見ているこっちがドキドキでした。で、肝心のYuzyはというと。胡椒が入った段階で、その水を飲んでいるではありませんか!?\(◎o◎)/!(←洗剤が入った段階でなくて本当に良かった^^;)いやー、やっぱりこのクラスは2歳からのクラスです。1歳児には科学はまだむずかしい・・・(笑)。そんな瞬間でした。

13:15 p.m.
さぁ、最後にまたYuzyのリクエストでABC Songを歌って解散することに(笑)。決してリクエストをしている訳ではないと思うのですが、「えーびーちー」を連発するもんだから、先生が気をきかせてくれて、そんな流れになりました。

13:30 p.m.
そして、皆、お片付けをし、自分のバックを用意し、お外でお迎えを待つことに。迎えがくると、先生がバッグを手渡してくれ、皆帰りの途につきます。

4時間って一体どんなプログラム!?と、とってもドキドキでしたが、実際はあっという間!本当に一瞬で終わってしまった感じがしました。Yuzyは最後、先生が園庭に連れ出してくれようとしたのですが、教室で園長先生と話をしている私たちと離れるのが嫌なようで、途中「ばぁば、ばぁば」と泣き叫び(T_T)って、なぜに「ママ」ではなく、「ばぁば」?とふと疑問も残りますが(笑)

長いようでとっても短かった一日体験!
本当に私たちが帰りたくないほど、楽しい1日となりました。Yuzyの日頃見たことのないような姿も多々見られ、もう一気にこの園に惚れ込んでしまったばぁば&ママ組。

もう一度頂いた資料とお財布と相談しながら、じっくりと考えたいと思います・・・^^;

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 プリスクール(2歳0ヶ月~) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。