スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
世界に住む前に日本に住んでる?

先週、あるインターナショナルスクールの学校説明会に行ってきました。我が家にはインターという選択は現実的ではないと分かっていても、ある程度日本語のカリキュラムが充実しているインターがあるのなら・・・ということで、見学させてもらいました。

授業内容は本当にクリエイティブで、正直Yuzyママの小学校時代より何倍も楽しそう。でも、インターナショナルな世界に住む前に、まずは日本に住んでいるということを考えると、やはり日本の学校で義務教育は果たしつつ、プラス英語という選択が、今の段階においては、一番現実的な気がします。

ただ、悩ましいのが英語の部分
きっと親子英語を実践されている方なら、誰しもが一度は悩んだことがあるであろう、学校探し。通常の英会話レッスンでは物足りなく、帰国子女対象のスクールでも週1もしくは2回が限度。(もちろん予算があれば、もっと通うことも可能でしょうが^^;)プリスクールに併設されているアフタースクールも、塾や他の習い事を理由になかなかクラスが成立しなかったり。そうなると、残るはサタデースクールとサマースクールということになりそうです。

でも、出来れば、平日を有効利用したいと考えているママが検討しているのが、「ホームスクーリング」です。アメリカでは、学校に通わずに家庭に拠点を置いて学習するホームスクーリングが合法とされています。なので、ホームスクーラーのための教科書なども数多く存在し、詳細な年間のレッスンプラン、添削も付いたパッケージなども豊富にあります。

もちろんYuzyは学校に通いながら、英語向上の目的で行うので、完全な「ホームスクーリング」とは言えませんが、アメリカのカリキュラムに基いた学習を必要な部分だけ取り出し、ママと一緒に行うことも、ひょっとすると可能なのかも?などと最近思い始めました。(実際には、ママでは役不足で、オンラインもしくはプライベートでどこかに外注となる可能性もなきにしもあらず・・・ですが^^;)

イギリスのホームエデュケーションもリサーチしてみたのですが、なかなか思うものに巡り合えず・・・。そうすると、種類も豊富なアメリカが現在のところ有力かな・・・。英語を勉強するのではなく、英語で年相当の知識を吸収するということを考えると、素人のママには、英語圏のスクールカリキュラムが非常に重要になってきます。

でも、その前に日本のカリキュラムは?ということで、「文部科学省学習指導要領」も熟読中(笑)。日米照らし合わせてみたりすると、結構楽しかったり・・・。そこに国内のインターのカリキュラムを入れてみたりすると、何が何だかもう分かりません^^;

この作業・・・。
まだしばらくは続きそうです。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ ホームスクール | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
No title
ホームスクーリングなんてあるんですね!興味深いです。私も探して見ます。
Re: No title
pukuchannさん、

そうなんです。ホームスクーリングはアメリカでは20人に1人の子がやっているだとか。これも一つの選択ですよね。私ももう少し色々とリサーチして、またブログで報告したいと思います^^

Yuzyママさま
初めまして。うちの娘も4年間通ったインターを終え、今秋日本の学校に転入するのですが、その後の英語維持をどうするかで頭を悩ませています。夫はネイティブの家庭教師をつけると言っているのですが、どういう教材で行えばよいのか調べていたところこちらに辿りつきました。まさに私が知りたかったことがこのブログに記されていてとても参考になります。現在はどんな感じで進められていますか。
Re: Yuzyママさま
> naonaoさん、

初めまして。コメントありがとうございます。

娘さん、インターに4年間も通われていたんですね!羨ましいです♡我が家はまだ三歳児なので、なんの参考にもならないかもしれませんが、現在はstarfallの教材でスタートしたところです。詳しくは次回以降のエントリーで記事をお読みいただけたら嬉しいです。一番手っ取り早い方法は、学年別のワークにて学習内容を確認しながら、問題を解くという方法なのかもしれませんが、我が家は学習そのものを強化したいので、教科書、ワーク、その他教材プラス教え方のマニュアルがセットになったホームスクール教材を使用しています。

また何か私でお答えできることがありましたら、コメント欄でもメールフォームからでもご連絡くださいね。今後ともよろしくお願いします^ ^
No title
早速のお返事ありがとうございます。starfallはwebを宿題でやっていたのを記憶しています。子どもの心を鷲掴みにするいい教材ですね。ご自分で研究されて探して本当に敬服します。ホームスクーリング教材でいい点は教え方のマニュアルがあるところですね。参考になります。Yuzyちゃんの学習そのものを強化されたいとのことで、おせっかいながらご存じかもしれませんが、去年娘の学校でreadingのweb教材としてrazkidsを取り入れました。readingの宿題はこれ一本でした。最初はどの親もPCで行うことに戸惑っていましたが最後はよかった、と。帰国しても続けたいと言わしめるまでに評価が変わっていました。内容もfiction、nonfictionいずれも素晴らしいですし、何より理解していないと解けないcomprehensionのクイズがついている所がよかったです。宿題ですからうちの子にとっては楽しくもなく大変だったろうと思いますが、何かしらのものは得てくれたのでは、、と信じたいです(笑)
Re: No title
> naonaoさん、

またのコメントとても嬉しく思います。

razkids、親子英語ブログで拝見する度に気になっていたのですが、やはりとても良さそうですね。どうしても、日本に暮らす以上、スピーキング/リスニングはどうしても限られてしまうので、私としてはリーディング/ライティングを早いうちから強化したいと考えています。確かにPC上での操作となると、ちょっぴり躊躇してしまう部分もあるのですが、やはりこの時代、使えるものは使った方が賢明なのかもしれないですね^^これから少しずつ調べてみたいと思います。

ホームスクーリング教材のマニュアルはとても参考になります。ただ、現場の先生と同じで、親側の事前準備に時間が取られ、なかなか手がるとは言いがたいかもしれないですが。もし家庭教師の方を考えていらっしゃるのであれば、その方にマニュアルも渡して進めてもらうという手もありますよね。ネイティブであれば、それほど準備に時間もかからないでしょうし。英語維持には本当に頭を悩ませますよね。これからも、色々と情報交換して頂けたらとても嬉しいです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。