スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
バイリンガル教育を実践しながら沸き上がる不安。

前回のマー先生のお話、「バイリンガル教育は子どもの負担になる?」の続きです。

実は、親子英語を実践していて、たまに思うことがあります。

「ママ、eggたべたい」
「ママ、egg、ovalだね」


このように日本語と英語をミックスして話すYuzy。
卵という単語は知っているようですが、卵形は知らず・・・。
どちらにしても、日本語であろうと英語であろうと最初に覚えた言葉を発するようです。

そんな時、最初からすべて日本語のみで接していれば、きっと日本語の語彙も増え、今よりももっと上手にお話が出来たのでは?ママはついつい思ってしまいます。
といっても、まだ2歳のYuzy。
発話はこれから増えていくので、それほど深く気にはしていませんが、でももしこれからもバイリンガル育児を実践するにつれ、この現象が顕著になっていったらどうしよう。普通の日本語のみで接する子どもよりも、日本語力が弱かったら・・・?不安はつきません。

そこで、マー先生に投げかけたこの質問。

「バイリンガル教育は母国語にはマイナス?」

答えは「NO」
マイナスどころか、様々な研究結果によると「バイリンガル教育は母国語にプラス」という結果がたくさん出ているといいます。中には、一時弱くなる傾向もあるという報告もなくはないようですが・・・。

前回お話しした先生の勤務されていたイマージョン校を例にとると・・・。

「バイリンガル教育を受けている子たちは、日本語、もしくは日本を、英語もしくは外国という文化を通じて、外から見ているため、逆に日本に対しての愛着心を抱きやすい。その結果、日本語も更に大事にし、敏感になるためか、実は彼らの国語力はバイリンガル教育を受けていない子たちよりも上回っているケースが多い。」

とのこと。
実は、これここのイマージョン校の長年のシークレットだったそうです(笑)。なぜなら、国語を大事にしたいということで、イマージョンクラスを敢えて選択しなかった親御さんにとって、実は国語の成績もイマージョンクラスが上回っていたという事実はちょっぴりショックだからだとか・・・^^;(と、フォント小さくして書いてみました。)

なにはともあれ、バイリンガル教育が決して母国語に対して悪影響を及ぼすわけではなく、むしろプラスであると聞いて、ちょっぴり胸を撫で下ろしたママです。

この週末はパパの実家で過ごすので、親子英語もちょっぴり中断!?いや、きっと普通にじぃじ、ばぁば巻き込んで続けちゃうかな!?^^

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。