スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
スピーキングが苦手な娘を観察した結果見えてきたもの。

「親子英語の見直しスタート〜その1〜」の続きです。

なんとか娘の英会話教室での時間を、もう少し実りあるものとするために、意識し始めたのがスピーキングの強化。・・・と言っても、我が家の親子英語の軸は今後もリーディング。読むことを通じて、英語に触れる時間が中心となることは、今後も変わらないでしょう。スピーキングにおいては、まずは"Question and Answer"をフルセンテンスにてストレスなく答えられるようにすること。ママの個人的な意見としては、通じればフルセンテンスに拘らなくてもなぁと感じる部分もあるのですが、崩すことは後から幾らでもできるけれど、それはあくまでもきちんとフルセンテンスで答えることが出来てからの話と聞くと、頷いてしまう部分もあります。日頃からママの英語を耳にしている娘は、悪い癖は同じように染み付いている部分もあり、いざ「正確」な英語を話そうとすると、be動詞やその他の動詞が混在してしまうのはもちろん、単数複数の使い分けなども、まだまだ怪しい状態。今まで英語と触れ合ってきた期間は3年もありながらも、実際に接触時間は500時間程度にしかならないため、やはりまだまだ長い道のりなのだと思います。いつか、"Talk"の部分へと上手く繋げられるよう、もう少しESL的な学習方法で、出来ない部分を意識した取り組みを、少しずつ取り入れようと考えています。

「親子英語の見直しスタート〜その1〜」で触れたように、最初はまず娘の現在の英語力の把握に努めるために、英会話教室のレッスンを録画したり、日々の親子の会話をできる限り英語を加えてみたりと、まずは娘の観察からスタートしました。すでにマスターしている構文、そろそろ言えそうな構文、まだまだな構文など、質問する側も色々と混ぜてみたりしながら、夏休み中は様子見を行いました。その際に参考にしたのは、IIEEC 英語教師トレーニングの際に、参考書籍として紹介された仲田利津子先生の"Let's Go"シリーズの巻末のシラバス

Let's Go: Fourth Edition Let's Begin Student Book with Audio CD PackLet's Go: Fourth Edition Level 1 Student Book with Audio CD PackLets Go 4th Edition Level 2 Student Book with Audio CD PackLet's Go: Fourth Edition Level 3 Student Book with Audio CD Pack (Let's Go (Oxford))Lets Go 4th Edition Level 4 Student Book with Audio CD PackLets Go 4th Edition Level 5 Student Book with Audio CD PackLets Go 4th Edition Level 6 Student Book with Audio CD Pack

きっと2000時間を目指して親子英語と真剣に向き合っているお子さんなら、娘と同年齢でもこれくらいのテキストならLevel6で扱っているくらいのスピーキング力は十分にあるお子さんも少なくないかもしれません。娘にとっては、現在は見えない壁が憚っている状態ですが、それでも波に乗れれば、案外越えられる日も、そう遠くはないと楽観的に構えようと努力をしています^^;

そして、次に参考にしたのは公文の英語教材内容一覧表です。

これは、完全にモンテッソーリ教育の手法ですが、まずは全体を見渡し、細かい部分を追っていく。これを行っているのとそうでないのでは、ママの心理的負担が全然違います(笑)。どこか全体像が見渡せると、ゴールが見える気がするんですよね。もちろん実際にはそれほど単純なことではないのでしょうが、現在、全体の地図のどこにいるのか、確認しながら進むことはモチベーションにも繋がると考えています。

こんなツールも色々と利用しながら、娘を観察した結果・・・。見えてきたのは、「クモの巣」でした(笑)。

ほぼ聞き取りは出来る娘にとって、なんとなく英語のフレームワークは出来上がっている部分もあるのですが、とにかく中がスカスカ。テーマによってはママも聞いたことのない単語を知っていたりする割には、プリスクールの頃言えたことが、全く言えないような「超初心者」的な部分もたくさん。

だったら、スピーキングに関しては「ゼロからのスタート」のつもりで、一つずつ丁寧に向き合っていこうと思っています。けれども、「定着」させるような学習の仕方をしたことがない娘には、暗記を促したり、何度も母の後について言わせたりというのは、逆効果。決して強制することなく、お互いが楽しめるもの。そんなアプローチを模索していたときに、娘の心に留まったのは、前回も記したテキストに載っていた「英語の歌」の存在でした。

けれども、実際には娘の心を掴んだのは、「音楽」というよりも「リズム」であったことに後から気づかされます。最近の我が家の親子英語、実はテキストもワークもカードも、ツールはあまり必要ありません。

必要なのは母と娘の二人のみ(笑)。

次回に続きます。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
過ちを過ちのままで終わらせないために・・・

前回綴った「我が家が犯した親子英語における3つの過ち!?」ですが、過ちを過ちのままにしておくと、一向に進歩がありません。いや、正確にはきっとそのままにしていたから、現在の我が家の親子英語の姿があるのだと思います^^;

英語力の伸長を望むのであれば、一番良いのは英語に触れる時間数を増やすこと。日々の取り組みを英語中心に行うことで、ある程度家庭でも英語の時間を確保することができるのでしょう。けれども、実際にはこれがなかなかできない我が家。娘にはやはり母語を通じて知りたいことが沢山あり、将来のための英語だとしても、将来よりも今この時間にしか出来ないことをなるべく優先させたいと言うのが、ママの正直な想い。日々、どんどん複雑なことを日本語で話すようになっていく娘の姿を見ることは、やはり微笑ましく、四方に広がる興味に一緒に向き合うことも、この時期ならではだろうなぁと、ついついそんな時間も噛み締めてしまいます。

でも、英語もやっぱり触れていたい・・・。

これは親の欲以外のなにものでもないのかもしれませんが、「英語も一緒に」とついつい思ってしまうことも確かです。前回、バイブル化していると書いたこちらの書籍。なぜこれほどまでに惹かれるかというと、MAT(Model, Action, Talk)メソッドというこのメソッドが、短時間でいかに最大限の効果を得られるかということにポイントを置いているからということがあります。

こうして教える子どもの英語―話せる英語の指導
こうして教える子どもの英語―話せる英語の指導

当然英語だけの伸長を望むのであれば、あのままプリスクールに卒園までお世話になることが確実な道だったでしょう。そうでなくても、家庭で1人1言語というルールを作るなど、もう少し別のアプローチもあったのかもしれません。けれども、どれも選択することはできなかった我が家。語学に王道はなしと分かっていても、時間的制約があるのであれば、いかに効果的に行うか。たとえ短時間だったとしても、どれだけ最大限の効果をもたらすことができるか。母語の取り組みを中心とした生活のルーディーンは変えずに、英語をどのように組み入れていくか。

そんなことを意識しながら、ここ数週間娘を観察しています(笑)。少し前のママだったら、良いと言われるものは、とにかく取り入れ、試してみたかったタイプ。けれども、撃沈することが目に見えている今、なかなか危ない橋は渡らないようになりました^^;きっとここには、「常に子どもが出発点」のモンテッソーリの視点が、あるのだと思います。

究極のオーダーメイド教育と言われるモンテッソーリ教育。実は、親子英語も、「親子英語」として一括りにされている印象は受けるものの、究極のオーダーメイドだと感じています。子どものタイプを見極め、その子にあったやり方、その子の敏感期に応えるやり方で進めていく。ここが、何よりも大事なんだろうなぁと、今回改めて感じました。

英会話教室の宿題を行うにあたり、スクール指定のESLタイプのテキストを開き、娘とレッスンを進めてみました。すると、娘の反応が何よりも良かったのが、「歌」。日頃から音楽が流れていると、ついついリズムを取ってしまうタイプですが、なぜかママには「英語の歌」には全くリンクしていませんでした。ハワード・ガードナー博士によるMultiple Intelligence (MI)多重知能で言うなら、まさに娘は音楽的知能のタイプ。

1. Verbal Linguistic (言語的知能:言葉に優れている)
2. Math Logic (倫理数学的知能:数学と論理に優れている)
3. Spatial (空間的知能:絵、地図、パズルに優れている)
4. Bodily Kinesthetic (身体・運動的知能:身体を動かしたりスポーツをしたりすることを好む)
5. Musical (音楽的知能:音楽に優れ、リズム感がある)
6. Interpersonal (対人的知能:他者と関わることを好む)
7. Intrapersonal (内省的知能:一人の作業を好む)
8. Naturalist (博物的知能:自然を好み、分類を得意とする)


これがすぐにスピーキングへと直結しなくても、今これが娘が楽しいと感じること。英語を外国語として特別視することなく、単純に楽しめる活動であるということを、初めて知った母でした^^;巷にやり方が溢れているからこそ、悩むこともあるのでしょうが、やっぱり子どもを見ることが一番の近道であると感じた2015年の夏。

まずは、音楽を通じて再出発を試みている母娘です^^;

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ バイリンガル育児 | コメント(2) | トラックバック(0)
親子英語の見直しを開始・・・。

最近少しずつ我が家の親子英語を見直し始めています。今回見直す原因となったのは、Yuzy自身が英会話教室が楽しくないと言い始めたことでした。理由は簡単すぎるとのこと。一瞬、「なんと傲慢な発言!?」と我が子ながら疑いましたが(笑)、話をよくよく聞いてみると、やはりレッスン内容が、もう一つのスクールである帰国子女保持教室と相当な開きがある様子。

以前も書いたことがあるように、保持教室は娘のリーディング力をベースにクラスが編成されているため、年齢以上のコンテンツが運ばれています。それに反し、英会話スクールはスピーキング力をベースにレッスンが構成されているため、どうしても娘の知的好奇心を満たすものではなく、実年齢以下の内容となってしまう様子。また、フルセンテンスが徹底されていることもあり、それを言えない場合は、なかなか次に進めず、どうやら娘の中で空回りしてしまっているようなのです。

スピーキングは後からでも十分伸ばすことが出来るという周囲のアドバイスもあり、リーディングを軸とすることを決めてからは、スピーキングに関してはまったく重要視してこなかったのですが、英会話教室のレッスンをもう少し円滑に進めるためにも、やはりもう少し意識する必要があるのではないかと感じ始めました。

そんな中で、ママが気付いた親子英語における我が家が犯した過ちがあります。

①母国語方式
それはずばり、巷でもよく聞く「母国語方式」という言葉。母国語を身に付けたように英語も自然と習得して欲しいという想いが強く、ESL的な学び方にはまったく興味がなかったママ。どこか、プリスクールの名残があってか、英語のシャワーさえ浴びれば、自然と言葉は覚えられると、いつも感じていました。けれども、実際には英語のシャワーを浴びるような環境はもうどこにもない我が家。スクールのレッスン時間では到底足りなく、また日ごろ家庭内において英語に触れる時間も微々たるもの。そんな中、娘は当然吸収できるものは限られていて、特にスピーキングにおいては、なかなか定着しない、そんな空回りが続いていたのだと思います。だからこそ、家庭ではESL的な学び方を意識してみようかと、考え始めています。

②ツールの活用
ここは、ママの怠慢でしかないのですが、なかなかこれらを活用してこなかった我が家。具体的には、音源、歌、ゲームなど。読み聞かせに関しては、機械音よりもママの肉声を意識する余り、CDをほとんど活用したことがありません。けれども、最近たまたまかけ流したCDの後に続いて読む娘の英語を聞き、痛感しました。ロールモデルは必要だったと(笑)。明らかに母の後について読むよりも、英語らしい^^;そして、これも気まぐれに歌を導入してみたら、驚くほど喜んで歌い続けていました。以前、TESOLが専門の友人に「英語そのものよりも、楽しめるものを考えて。」と言われたことがありましたが、まさにこういうことだったのかと痛感。新たなツールを加えるときがやってきたようです。

③娘の意見
幼児だからという思い込みから、英語の学び方について娘に意見を聞いたことはありませんでした。けれども、今回娘から英会話教室の話を切り出したのをきっかけに、とことん話し合ってみることに。すると、自分にとって何が楽しく、何が効果があるのかも、5歳児なりに理解している様子。驚いたのは「フラッシュカード」の存在でした。どこか懐疑的な気持ちがあり、我が家では取り入れてこなかった「フラッシュカード」。けれども、保持教室で語彙を学習する際、先生が用意してくれる絵カードは、娘にとって必須のものであるということ本人から聞き、驚きました。この時間に学んだ語彙の定着率は驚くぐらい良い娘。「家でもカードを使いたい」とのまさかの提案に、これまた驚き。迷ったときは、本人に意見を聞く!もうこんな年齢になっているのだと、ちょっぴり感慨深い瞬間でした^^

こうして書き出してみると、あまりにも低レベルな話でお恥ずかしい限りですが、娘の現在の英語力の把握と共に、やり方そのものを見直し始めています。ついつい、親子英語というと、先が長いだけに、目標自体を見失うことが多いのですが、今回娘から出た英会話教室への想いは、ママにとって新たな目標設定のきっかけとなりました。先生方も素晴らしく、レッスンが視聴できるスクールの環境も非常に有り難い娘の英会話教室。この素晴らしい環境を120%活用するには、ある一定レベルまでスピーキングを引き上げることができれば、レッスンそのものが更に有意義なものになると感じています。スクール任せだったこの2年。けれども、スクールを「アウトプット」の場として活かすために、限られた時間ながらも、家庭内でももう少し努力をしてみる必要がありそうです。

最近ママが読み返しているのは、娘が2歳になったばかりの頃に参加したIIEC-Oxford University Press児童英語教師トレーニングの講師、仲田利津子先生のこちらの著書。当時は、まだESL的な学習の仕方にそれほど興味もなかったものの、今ではバイブル的な存在になるほど、読み返しています(笑)。

こうして教える子どもの英語―話せる英語の指導
こうして教える子どもの英語―話せる英語の指導

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ バイリンガル育児 | コメント(4) | トラックバック(0)
もう一度親子英語を見直してみる!?

今週は休暇中ということもあり、Yuzyの帰国子女保持教室へと一緒に行きました。久しぶりに会う帰国子女のお子さんのママさん達の親子英語談義に加え、非常に有益だったのが、日本人講師の方からのフィードバック。

保持教室の週2回のレッスンは、それぞれネイティブ講師と日本人講師が担当。娘の2歳の頃のプリ時代からの経験で言っても、ネイティブ講師はいつも割と娘の英語力に関しては楽観的な見方をしてくださるのに対し、日本人講師は講師というよりも、親子英語アドバイザー的な目線。

娘の現在の力を非常に細かくとらえてくださり、また今後どのような方向へと持っていくのがベストなのか。果たしてその方向性はスクールが目指しているものと、家庭が希望しているものがマッチしているのか。こんな視点から様々なアドバイスをくださいました。

娘の現状を的確に捉え報告してくださることにも、もちろん感謝なのですが、それ以上に今後の指針を示してくださることは、我が家にとって非常に有難いことでした。色々とお話を伺いながら感じたことは、親子英語を実践していくのに必要なのは、教えてくれる先生の存在はもちろんなものの、それ以上に必要だと感じるのは色々とガイドしてくれるアドバイザー的な存在。

もちろんネイティブ講師でも、的確なアドバイスをくださる方もいるでしょう。けれども、やはり日本人ならではの視点、そしてそれを母語で伝えてくださる日本人講師の存在は非常に大事だと感じた時間でした。

リーディングを軸としたことで、スピーキングからのプレッシャーに一見解放されたかと思いきや、どんどんこの両者の開きが顕著になっていくこの頃。果たしてこのままで良いのか、答えが出ない日が続いていました。けれども、今は一見それぞれ別のことを行っているように見えても、これから徐々にこれらのスキルが統合されていくという先生のお話を受け、ちょっぴり安心。今はスピーキングの精度を磨くよりも、英語の勘を養うことが大事だという言葉に、非常に励まされました。けれども、もし同時にスピーキング力も伸長できるのであれば、もちろんそれに越したことはないというのも事実。

保持教室では、リーディングが中心のため、ストレスを感じずに楽しむことが出来ているYuzyですが、英会話教室では相変わらずもどかしい日々。もし、ここの打破を狙うのであれば、やはり週1の英会話教室任せにするのではなく、家庭でのサポートが必須であるという現実も改めて思い知らされました。

我が家の日々の取り組みは娘主導で行われているため、どうしても英語が片隅に追いやられていましたが、もう少し時間配分を見直す必要があるのかもしれません。

親が楽をしていては何も手に入らない。
結局は、その一言に尽きると感じた一幕・・・^^;

リーディングは良い流れに乗れているため、ここに何とかスピーキングをほんの少し光が見えるような形にしてあげたい。このリーディング軸をキープしたまま、ちょっぴりスピーキングにも意識を働かせるような環境を、ママが作り直してみる。5歳を迎え、もう一度色々なことを仕切り直してみたいと思います。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 帰国子女保持教室 | コメント(0) | トラックバック(0)
ママの職場で世界を感じる!?

姉妹ブログでも綴っていますが、Yuzyには年に1度のお楽しみが夏にやってきます。それは、「ママの職場訪問」。

皆の仕事の邪魔にならないよう、教授陣、学生のあまりいない夏休みを敢えて選んでいるのですが、それでも嬉しいのが日頃のYuzyの日常では会えないような人々に会えるということ。特に英語面に関しては英語スクールでしかなかなか外国人の先生と会う機会がありませんが、ママの職場では日本人がマイノリティー^^;

・・・ということで、今回も職場に付くや否や英語のシャワーを浴び、いきなり実践と化しました(笑)。

ハイライトは最近着任したイギリス人上司との一コマ。
今までイギリス人と一緒に働いたことがなかったママにとって、この上司と働くことは、英語面において非常に不安でした。最近でこそやっと耳慣れた感じもしますが、着任当時は発音はもちろん、語彙の使い方に違和感を覚え、果たして大丈夫かと・・・^^;

・・・が、5歳になったばかりの娘。

質問自体がもちろん単純だということはありながらも、全く躊躇せず英語で答えてる!
というか、一回で聞き取れてる・・・!

親子英語的には、あまり順調とは言えない我が家ですが、ちょっぴり日頃の成果を感じた時間でした。
そして、英会話教室で聞かれるような「練習のための会話」とは違い、リアルなコミュニケーションに、本当に嬉しそう。当たり前のことながら、上司が聞いた質問に対してYuzyが返事をすることで、また次の会話がスタートする。まさに、これが会話のキャッチボールなのだと感じた瞬間でした。

もし、英語を続けていなければ、きっとママの職場に来てもこれほどまでに楽しめなかったでしょう。
特に、上司のような日本に来たばかりで、日本語を話さない場合には、英語がなければ、コミュニケーションはできません。でも、会う人会う人、簡単なやり取りながらも、娘が心地よさを感じられていたのは、やはり英語があったから。なければ、疎外感すら感じてしまっていたかもしれません。

4歳の職場訪問のときには、まだ自己紹介的な英語しか出てこなかった娘ですが、やっぱりこうして1年経つと少し違うと感じられました。ついつい出来ないことばかりに目がいってしまっていましたが、ちょっぴり自信が持てた5歳の職場訪問。

6歳のその時を、また1年、楽しみに待ちたいと思います^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0)

5歳0ヶ月の成長記録

2015/08/06 Thu 12:56

気が付いたらもう5歳!?

最近は幼児というよりも児童という方がしっくりくるようになってしまったYuzy。先日誕生日を迎え、ますますその傾向は顕著になっています。

4歳の頃の親子英語を振り返ると、「英語」という面ではそれほど大きな成長は感じられなかったものの、「知識」 という面では驚く速さで日々吸収しているのがうかがえます。今は、この「知りたい」という気持ちにしっかりと答えてあげることで、言語はまた後で付いてくるのかな?などと楽観的に捉えています。

この1ヶ月の英語です。

◎読める語彙量がまた少しずつ増えてきました。500ワードくらいであれば、息切れせずにいけそうです。
◎帰国スクールでもらってくるGrade1の文法事項のホームワークは難しいものの、説明すれば結構できるように。相変わらずスピーキングとのギャップが大きいのですが、理解力はついてきている様子。


そして、日本語。

◎地理、生態系など、モンテッソーリで言うと文化教育と呼ばれるような分野のものへの興味が目覚しいこの頃。
◎算数は、1~1000までの紹介を行なったことで、急に数の世界が広がったような印象。
◎相変わらずお手紙を書くのは大好きだけれど、字を書き始めた当初に比べ、驚くほど字が汚いのが悩み・・・^^;


けれども、「できないこと」に悩むよりも「できること」を喜べる1年でありたいと感じています。

IMG_2676.jpg
今年はサマースクールは見送った我が家ですが、読書と単語練習を頑張っています。もちろん、遊びの間の隙間時間に!です^^;

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ Yuzyの成長記録 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。