スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
我が家はやっぱりウサギよりもカメが合ってる!?

今日は英会話教室のプライベートレッスンの日でした。プリを退園後、週2日でスタートしたプライベートレッスン。けれども、当時年少の娘はまだ体力がなく降園後のレッスンは結局やめ、週末のみ週1日というスケジュールで細々と続けてきました。

家庭での取り組みを日本語にシフトしたこともあり、とても「親子英語」とは呼べないほど英語の取り組みが減ってしまった我が家。日本語にシフトをしたことで良かった面もたくさんありながらも、英語に関しては全く伸張が見られず、ママの気持ちは焦りを通り越して、ほぼ諦めに近いそんな1年だった気がします。

このまま英語をゼロにしてしまうのか。それとも、もう一度頑張ってみるのか。
親の心は揺れながらも、結局答えを出したのは我が家の4歳児。
英語の語りかけはかたくなに拒否し、何が何でも日本語。けれども、自力読みだけは続けており、緩やかながらも読める単語数も増え、本人も楽しそう。

だったらこの際、リーディングを軸とした親子英語を再度目指してみようということで、読みの活動を中心とした新たなスクールを追加したり、家庭内での取り組みも見直してみたりと、試行錯誤を繰り返しています。

あれから1ヶ月。
何度も繰り返している通り、スクールの宿題が思った以上にハードで、平日の取り組みはかなり英語に時間を取られるようになってきました。けれども、1ヶ月前と比べると読める語彙は格段に増え、読むスピードもついてきたYuzy。そして今日のプライベートレッスンでは、今までにないくらい貪欲で、読める自信が話す方にもプラスに働いていた印象。ここ1年以上、ほとんど代わり映えしなかった児童が、急に積極的になったことで、先生は非常に驚いたとのことでした。

・・・と言っても、同年代の親子英語家庭のお子さんに比べ、娘の読みなんて比較にならないほどのカメの歩み状態。実際に読み書きの基礎をあっという間に作ってしまうお子さんもいれば、時間がかかるお子さんもいる・・・これはその子ども次第でしょう。

ただ今回娘を見ていて感じたことは、「速度は絶対条件じゃないけれど、時間は絶対条件だということ」

ママが焦っていたあの頃は、なんとか早く身につけさせようと、あれやこれや色々なものを限られた時間にも関わらず手を出し、とにかくどんどん進めたかった気がします。けれども、子どもには自然の定めた成長のプログラムがあり、もちろん親の意図なんて汲み取る余地もなし。結果、身についたものはと言われると、首をかしげなければならないほど、親の意気込みと娘の英語力は反比例でした。

こんな大きい失敗を経験しているが故に、今は全く速度なんて関係なし。もちろん宿題はその都度決められた時間内に終わらせなければなりませんが、それ以外は心ゆくまで基礎的な部分をしっかり固めようと、丁寧に向き合っていると、自然と英語に触れている時間も心地良く、また接触量が増えたことで、やっとちょっぴり上向き調子になってきた気がします。

こうして身を以て体験したことで、速度と英語に触れる時間の関係が今、やっと分かった気がします。

なかなかこのリズムを維持することは容易いことではないのでしょうが、何よりもYuzyにとって英語が心地の良い時間になるよう、母語の取り組みも今まで同様大事にしたいと思います。それでこそ、英語が特別な時間となるのではないかと、楽観的ながら考えているからです。

やっぱり我が家はウサギよりもカメが合っている気がします^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
家庭内の言語環境と子どもの言葉

帰国子女スクールの宿題地獄にはまっていた娘。最近、少しペースが掴めるようになってきました。

そして、今までプリントやワーク類などをほとんどやったことなかったのが、どうやらこの1ヶ月でだいぶ習慣化された様子。

「プリントやる前に○○して遊びたい」

えっ?プリント、今日もやるの?って感じのママですが、これはこれで良い習慣だと思っています(笑)。

娘が3歳の時に、英語中心の取り組みから母語優先へと方向転換をした我が家ですが、スクールのリーディングの宿題をこなすにあたり、もう一度英語そのものの学び方を見直してみようと、2年前に受講した海外のモンテッソーリ教師養成講座の言語教育のアルバムを読み返したりしています。

International Reading Associationの調べでは、子どものリテラシー教育において8歳までがとても重要だと述べています。そして読むことが得意な子は、学校だけではなく家庭の言語環境も優れていたとの結果。逆に読むことが苦手な子は、小学校入学前の家庭での言語環境が不十分であったとの結果もあるそうです。

まだ本格的な学習がスタートする前の幼児期に、十分も不十分もあるのだろうかと最初は疑問だったママ。けれども、自分自身が言語教育について学習するにつれ、この「十分」と「不十分」の分かれ目は、親の意識の問題ではないかと感じ始めました。

これは北米の通信教育のため、もちろん日本の家庭とは必ず同じ図式にならない部分もあるでしょう。例えば、語彙力でいうと、それほど子どもに話しかける言葉としては、どの家庭も大差ない印象を受ける日本に対し、海外ではその開きが家庭によって大きいのかもしれません。

日本では、読み聞かせをしたことがないという家庭はあまりないかもしれませんが、海外ではもしかしたらそうでないのかもしれません。

そう考えると、「学習」と改まらなくても、親のちょっとした心がけや意識で、子どもの言語力は大きく左右されるのだと感じています。

最近はそんなことを試すためにも、「まだこんな言葉、幼児には難しいだろうな」と思うような言葉をわざと日常会話に入れています。すると、数日もすればあっという間にそれらが自分の言葉となっている娘を見ると、言葉を育てることは幼児期の今は、案外容易いことなのだと実感します。

そう思うと、英語も環境さえあれば・・・とついつい思ってしまうのですが、そこは難しいところ。だから、スカイプ等で日々会話の時間を確保するご家庭、多読で英語力養成に努めるご家庭、かけ流しで耳からのインプットを重視するご家庭など、それぞれに合ったやり方が存在するのだと思います。

我が家は、今はやはり柱はスクール。けれども、あの宿題を見ていると、家庭でのサポートは必須であることをすでに確信したので(笑)、ただのやっつけ仕事にならないように、ママが調理したりしています。

フォニックスやサイトワードなど、ただのリストだけだとまだ抽象的すぎる娘には、その都度、写真を入れてモンテッソーリの絵カードと呼ばれるような形にしています。
o0385033613282515199.jpg

名詞などは、日本語でもまだ知らないような語彙も含まれていたりするため、この辺りは、上手く日本語でも英語時間とは別に会話に織り交ぜて、語彙習得を心がけてみたりもしています。

目標を作ってしまうとなかなか上手くいかず苦労するので、ママの場合は「心がけ」。ちょっとした意識で、母語の日本語も第二言語の英語も、子どもの語彙力に磨きをかける!そんな楽観的な姿勢で、日々の宿題もママも楽しみたいと思います^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 リーディング | コメント(0) | トラックバック(0)
「リーディングを軸とする」と決めてから、見えてきたこと。

この間入園式を迎えたばかりのはずなのに、気がつけばもう4月も後半。このまま、あっという間に夏休みに突入してしまいそうで怖いです・・・^^;

ここ1年以上親子英語からはかなり離れてしまっていた我が家ですが、最近は少しずつ目指したい親子英語のサイクルが見えつつあります。

少し前までは、とにかくスピーキングに捉われ、発話が思うように伸びないことに焦りを感じてることもありましたが、帰国子女スクール入学と共に「リーディングを軸とする」と決めてから、やるべきことが少しずつ把握できるようになってきました。

ただ何となく続けてきた読み聞かせや自力読みも、何を目的としたものなのか。フォニックスやサイトワード習得のための読み練習なのか、それとも知識の定着を図るものなのか、単純にお話を楽しんで欲しいものなのか。

この辺りをママの中でしっかりと明確にすることにより、当然選択する本は異なり、またどのような頻度で何の本を準備すべきか・・・ママ自身の事前準備についても、かつてのようなモヤモヤ感からは解放され、楽しめるようになってきました。

そして、我が家にとって大事なのはモンテッソーリ教育とのリンク。モンテッソーリ教育の「おしごと」と呼ばれる活動は、知的教育分野としては言語教育、算数教育、文化教育(宇宙学、科学、地理、歴史、生態学、植物学、地学、動物学など)と、幅広く分野が分かれています。当然すべてを網羅することはできませんが、娘の興味に合わせ、できることを少しずつ取り入れています。

例えば、娘が大好きな水の三態の活動。3歳の頃より半年くらいかけて色々な具体物を利用し、楽しんできました。「もの」には3つの姿があることは何となく理解できていたようですが、最近こちらの絵本を読んで、やっと腑に落ちた様子^^

関連記事:
モンテッソーリ・文化教育「水の不思議を準備中」
モンテッソーリ・文化教育「水の三態の紹介」
モンテッソーリ・文化教育「水の三態~カードを使った液体の活動~」
モンテッソーリ・文化教育「水の三態〜凍った風船」

What Is the World Made Of?: All About Solids, Liquids, and Gases (Let's-Read-and-Find-Out Science 2)
What Is the World Made Of?: All About Solids, Liquids, and Gases (Let's-Read-and-Find-Out Science 2)
2_20150415113216d20.jpg

Let's Read and Find Out Scienceシリーズは、CTP絵本を取り入れる前に購入を考えたこともありましたが、やはり4歳後半の現在まで待って正解だったと感じたシリーズ。CTPのような科学絵本でしっかりと導入を作り上げてから、少し踏み込んだ内容のこのシリーズへと入るのが、我が家には自然だった気がします。

ちなみに娘は、この本に関しては日本語でもすでに読んでいたため、知識の定着という意味では、余計にしっくり来たようです。

せかいはなにでできてるの?―こたい、えきたい、きたいのはなし (みつけようかがく)
せかいはなにでできてるの?―こたい、えきたい、きたいのはなし (みつけようかがく)
71x0eUzPBTL.jpg

ただ絵本で知識をやみくもに与えるのではなく、やはり原体験とリンクしたものを、整理という位置づけでリーディング活動を展開できたら理想だと感じています。もちろん、絵本で初めて出会った世界に惹かれ、そこから花開くケースも十分あるのでしょうが・・・^^;

・・・ということで、今後我が家が目指して行きたい親子英語のサイクル。綴りと文字の関係性の習得はレッスンと宿題を基本とし、やはり一番大事なのは「体験」かなぁと感じています。もちろんこれは幼稚園での体験だったり、家庭でのモンテッソーリのおしごとだったり、遊びの中からの体験だったり、色々と形はありますが、まずはそこを一番大事にしていきたい・・・。そこにリーディング活動をプラスし、何かしら体験とリンクすることができれば、更なる好奇心の刺激となるのではないかと感じています。

相変わらず目標として無欲な感じですが(笑)、欲張らず、一つ一つを大切にしていきたいと思います^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)

宿題地獄にはまる4歳児!?

2015/04/14 Tue 12:17

宿題は学習サイクルを作るためのもの!?

Yuzyの新生活がついにスタートを切りました。新しい幼稚園、新しい英語教室とまだ慣れない中大変だなぁと思っていましたが、心配しているのは親だけで、本人は至って平気な様子・・・。子どもの適応力にビックリしているママです。

けれども、平気でなさそうなことが一つ。

それは、帰国子女スクールの宿題

実際には、フォニックスやサイトワードのプリント3枚程とテキストだけなのですが、モンテッソーリ教育に傾倒してからプリント学習は一切排除していた我が家。周りのお友達は幼稚園入園に向けて、朝から決めたれただけのプリント枚数をこなし、きちんとノルマも達成していく中、だらだらと過ごしてきた娘には、どうもこの宿題が負担で負担で仕方がない様子。

けれども「やらない」という選択は本人の中でも思いつかないらしく(当たり前^^;)、ひぃひぃ言いながらなんとかやっています。

けれども、ここに来て思わぬ副産物が・・・。

英会話教室も通い続けている娘ですが、こちらのレッスンで行なうリーディングが飛躍的に伸び始めているそうです。家庭では、自力読みの時にその都度出てきた単語の読み方を教える程度で、取り組みと言えるほどのことは出来ていない我が家。

けれども週2回の新たなスクール+宿題で読める単語が増えてくると、楽しいらしく、自分からStarfallのリーディング等も積極的に進めるようになりました。宿題地獄と言っても、それは学習の「サイクル」を作るためのものであるということを、ママ自身がここに来て、再確認。

習ったことを定着させるだけの時間は、あまり楽しそうにも見えなかったのですが、「できる⇒もっとやりたい」という図式が少しずつ見え始めた今、ここは親も踏ん張り時なのかなぁと感じています。

文字の敏感期にいる今だからこそ、ここはぐぐぐっといきたいところ。

どうすれば、もう少し楽しく宿題に取り組めるのか・・・ママは色々と模索中です^^;

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 帰国子女保持教室 | コメント(0) | トラックバック(0)
お友達と比較する4歳児!?

先週よりスタートした帰国子女スクール。娘のクラスには、新年中のお子さんが娘以外にももう一人います。そのお友達はアメリカに住んでいたとのこと。そして、娘よりもずっと英語が話せるといいます。

4歳にして、他人と比べるということに、少々驚いたママ。
プリを退園してからは、ほぼプライベートレッスンだったため、誰かと比べるということをしたことがありませんでした。

子育ての軸としているモンテッソーリ教育には、競争や試験といったものがありません。常に一人一人の発達段階に合わせ、その時、その子どもが必要としているものを準備していく教育法です。

競争心がモチベーションとなる人よりも、克己心がモチベーションとなる人の方が良い結果が残せる研究結果があると読んだことがあります。娘にも他人と比べるのではなく、自分自身の内なる動機にしっかりと耳を傾けて欲しい・・・そんな風にママは感じていました。

・・・が、娘。

英語が上手なお友達がとっても羨ましい様子。

お友達が宿題のプリントをどんどん進めていることを知り、自分から机に向かって自分もプリントを進めたり、何だか今まで見たことのないミラクルが起きているYuzy家(笑)。

どうやら、娘にとってそのお友達はロールモデルになっているようです。
そう、競争心ではなく憧れ^^

そんな様子を見ながら、自分の語学学習の課程を思い出しました。
留学時代の当時の日記にはこうありました。

「アメリカ人になりたい。」

そして、日韓通訳養成所時代のノートにはこうありました。

「どうしたら韓国人のようになれるのか。」

今読み返すと、単純極まりなく笑ってしまいますが、常にママにもロールモデルがいたようです。

競争心は大きな原動力となり、必要な時期もあるのかもしれません。
けれども、今は憧れのお友達をたくさん見つけて欲しい・・・。

実は憧れは競争心以上のモチベーションになる!

そんな風に感じています^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
楽しかったリスニングアクティビティー!?

かけ流しもDVD視聴もかなり遠ざかってしまっている我が家。現在のインプットはリーディングからのみで、なかなか音声を上手く使いこなすことができていません。

・・・が、4歳のYuzy、今日ちょっと面白いことをしていました。

突然ケーキの作り方を検索して欲しいと頼まれ、家事の最中だったため、「明日ね。」と軽くあしらうと・・・^^;

どうやら思い出したのがこちら。
screen568x568.jpeg

Strawberry Shortcakeのアプリ

パパの実家に帰省途中、あまりの渋滞でやることがなく、思わずダウンロードしてしまったこちらのアプリ。どうやらこれを見れば、ケーキの作り方が分かると気付いたようです。

ひとり黙々と作業すること20分。
出来上がったのは、突っ込みどころ満載のこんなレシピ(笑)。

写真

「べいけんぐそうだあ」→(正)ベーキングソーダ
「ばにらえせんず」→(正)バニラエッセンス

どうやらアプリの中のイラストを頼りに、一生懸命聴いて書き起こしたらしいです^^;

「ちんする」って・・・(笑)。

でもこれ、案外楽しい英語の取り組みだったようです。
この日はチョコレートケーキでしたが、メニューにあるものは、すべて書き起こし、レシピ集を作るのだとか。

4歳児の夢は無限大です。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 テーマ学習 | コメント(0) | トラックバック(0)

4歳8ヶ月の成長記録

2015/04/02 Thu 08:49

久しぶりに親子英語が進んだ1ヶ月。

ついに新年度がスタートしました。職場では4月1日より保育園デビューしたお子さん、進級したお子さん、そして小学校から中学校など新たなスタートを切った家族で溢れています。そういう我が家も、もうすぐ入園式。2度目の入園式ということで、多少は慣れていると思いながらも、園が違うとまた違った緊張感があります。そんな中、"How exciting!"など祝辞を投げかけてくれる同僚たち。ママの気持ちを知る由もありません(笑)。

この1ヶ月は今週よりスタートした帰国子女スクールの準備に費やした1ヶ月でした。前年度の年中用のテキストをいただき、ママと共に進めました。

親子英語もモンテッソーリ教育を土台にしながら進めている我が家^^;具体的な取り組み等は姉妹ブログの方に記録してあります。

モンテッソーリ教育と英語育児の並行
母語を土台とした英語育児
英語の取り組みもおしごとに!
スペリングクイズとMovable Alphabet

今月の英語です。

◎以前までは1ページに何行もあると「よめない~」と言った態度だったが、少しずつチャレンジングなレベルも取り組むように。といっても、まだ200 words前後の本を行ったり来たりしている状態。
◎Starfallのリーディングが習慣化。
◎かけ流しやDVDなどの音声インプットはほぼゼロの1ヶ月だったけれど、どうやらリーディングから得た表現が、少しずつ言葉として出始める。


今月の日本語。

◎漢字学習は停滞中・・・。
◎英語に注力していたからか、国語的な取り組みよりも算数が進んだ一ヶ月。(この辺りは後々姉妹ブログにて。)
◎話し方が幼児の話し方から少し脱却した印象。幼児だからといってわざと易しい言葉に言い換えないというモンテッソーリの言葉の通り、大人と接するように話すと、子どもも自然と語彙を身につけることを実感。


久しぶりに親子英語と呼べるような取り組みができた1ヶ月でした。そのせいか、プライベートレッスンでも珍しく先生にお褒めの言葉を頂き・・・(笑)。やはり、どれだけ良いスクールや先生に出会っても、家庭のサポートなしには伸長は臨めないと痛感しました。

新たなスクール追加により、急に宿題地獄となってしまった4歳児^^;
ここをどう突破していくか・・・。
今月の課題になりそうです。

2015April_20150402095523391.jpg
でも一番進んだのはやっぱりお絵描き^^;

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ Yuzyの成長記録 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。