スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
日本で効率的な英語学習はリスニングとリーディング!?

「英語を学ぶなら5歳から」とのお話から約2年。

ついに待ちに待った帰国子女に特化したスクールの体験の1回目へ行ってきました。なぜ1回目かと言うと、ここは小学校6年生までは、授業が週2回あるため。自学自習のまだ難しい幼児・小学生の年齢期においては、クラスへと通う頻度が大切というのがこちらのスクールのポリシー。確かに現在Yuzyが週1のプライベートレッスンで伸び悩む理由も、ここにあるのかもしれないと感じました。

幼児クラスは1回50分。5歳と6歳のお子さん達が混在しているクラスでした。特に女の子は発話も積極的で、語彙などもYuzyとは比較にならないほど豊富。この1年ほどはプライベートレッスンのみを続けてきましたが、このような「クラス」スタイルは、プリ時代を彷彿させ、親子でとても懐かしい気分に浸ることができました。

レッスンはマルチメディアを駆使し、幼児でも飽きないよう工夫がたくさん。前半はフォニックスを中心とした文字学習。音を正確に聞き取り、そして先生の後について電子黒板上で絵本を読むことを繰り返していました。後半は宿題のチェック。先生の前で自分が練習してきた単語を読み上げ、先生も正しい音が出ているか確認。そして、レッスンの最後は、教科書を使い、その日の語彙を徹底的に覚えるという時間が設けられていました。

現在通うプライベートレッスンと同じ50分にも関わらず、レッスン内容は180度違うといったこちらのスクール。驚いたのはスピーキングの時間がほとんど設けられていなかったこと。

体験後、説明を伺うと、なぜスピーキングの時間が設けられていなかったのか、このスクールの方針が非常に良く分かりました。

「日本という環境の中でスピーキング力を育てるのは、非常に難しいこと。」

だからこそ、幼い時から訓練すべきなのでは?と思いきや、ここのスクールでは日本というこの環境の中でも、もっともやりやすいことからやっていく。それは、聞く耳を育てること。そして、文を読む力を養うこと。

この2点だそうです。

「4技能が一度に手に入れば素晴らしいけれど、そうでない環境にいるのであれば、まずはできることからやっていく。そのためには、幼児のこの時期は徹底的に聞く耳を養い、文字と発音の関係を習得する。その基礎を築いた上で、小学校に上がったときに、現地校のリーディングができるよう、今は準備期間として非常に大事な時期。」

これが、このスクールのゆるぎないポリシーともいえるようでした。

幼児期にフォニックス学習を行なうことには賛否両論あるでしょう。ママ自身も、この時期は学習そのものより英語を通して世界を知ってほしい・・・そんな想いでした。けれども、その学習でさえも、熟練された先生の手にかかると、学習が学習でなくなる。終始笑いが絶えない教室に、Yuzyは早速自分の居場所を見つけたようでした(笑)。

「こんど、いつこのがっこう、これる?」

うーん・・・。
この4月は、新たなスタートが多そうです^^;

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 帰国子女保持教室 | コメント(6) | トラックバック(0)
4歳児、ブートキャンプを体験する!?(笑)

今日は週1度のプライベートレッスンの日。
昨年夏からずっと担当していただいているアメリカ人男性の先生とは相性も良く、Yuzyも英語教室へ通うのも楽しみにしていました。

・・・が、ここ最近、ちょっぴり様子が違う。

やっぱり最初は良くても、馴れ合うにつれ、新鮮味も薄れ、なんとなく惰性で続いている気が。けれども、本人が楽しければそれに越したことはないと思い、ママは見守ってきました。

すると、あれほど大好きだった先生なのに、他の先生も試してみたいと自分から言い出したYuzy。

最近、ちょっぴり他のスクールとの併用も考え出したママの気持ちも伝わってか(笑)、7ヶ月ぶりに新しい先生を試してみました。

・・・ママの印象。

「ブートキャンプ」(笑)。

言い直しもバンバンさせるし、単語で答えるとセンテンスに言い直させるし、歌などのリラックス時間はゼロ。
正直幼児には「遊び」がない感じがして、今のYuzyには難しい印象。
けれども、この先生にずっと教えてもらえたら、発話はかなり伸びるんじゃないかなぁと。

終わった後、先生とのお話では、今後のYuzyの課題をバンバン指摘され、毎回言われる"She did an excellent job!"のお世辞よりも、とっても気分が良かった母^^;

けれど、次回この先生にお世話になれる日はいつ来るのだろう・・・と思っていると。

「ママ、つぎからずっとこのせんせいがいい。」

という4歳児(笑)。

「えっ!?だって、ブートキャンプ、けっこうたいへんじゃなかった?」

と聞くと・・・。

「いっぱい、おはなしできるほうがいい。おうたとかは、いえでうたえるし・・・」

と娘(笑)。

幼児には遊びが必要!とどこか勝手に思っていた母の思惑とは違い、4歳児なりに自分の学び方のスタイルが分かってきたようです。

いつまでも娘を赤ちゃん扱いして、すべて親が決めてきたのが、もう本人の意見も尊重すべき年齢に差し掛かってきたのかもしれない・・・と、初めて気付かされました。

さぁ、こちらの先生とYuzyの新たな英語街道はどのような道のりが待っているでしょうか。
ちょっぴり、期待してもいいかなぁ♡

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 プライベートレッスン | コメント(0) | トラックバック(0)
子どもの努力以上に親の努力が必要!?

子ども2人を公立小学校に通わせているオーストラリア人の同僚がいます。彼の奥さんもオーストラリア人ですが、子どもを日英バイリンガルに育てるにはどうすれば良いかと考えたとき、真っ先に出た答えが子どもを日本の小学校に通わせること。

周りの外国人コミュニティーでは、インターナショナルスクールに通わせるのが常でしたが、彼らは敢えて、別の選択をしたといいます。

結果、小学生高学年の子どもたちはバイリンガルに。もちろんまだ発展途上の段階なのでしょうが、今では日本人の子どもたち以上に、日本語を大事にし、そして両親の母国語である英語も同じように大事にしているといいます。

語学を習得するためには、その言語を大事にする気持ちが、実は一番重要なのではないかと最近よく感じます。

社会人になってから10年間、韓国語学習に情熱を傾けた自分を振り返ると、この気持ちだけで長い期間走り切った気がします。

それと同時に、娘に英語を身につけて欲しいとは思いながらも、なかなか上手くいかない理由は、英語を大事に思う気持ちに、まだまだ真剣さが足りないのだと、最近客観的に見えるようになりました。

外国人の同僚たちは、プリスクールに通った経験もあり、家庭でも英語を使える環境があるなら、環境としては申し分ないと口を揃えます。確かに環境だけで言うのなら、そうなのかもしれません。

けれども、親子英語の成果を上げているお子さんたちは、プリスクールに通った経験もなく、ご両親も留学経験があるわけではない。けれども子どもたちの英語レベルは素晴らしい!!そんなご家庭がたくさん存在します。

・・・何が子どもたちをそこまでのレベルに押し上げたのか。
これは、親子英語に対する真摯な気持ち、そして英語という言語を大事にする想いではないかと思うのです。

前述のオーストラリア人の同僚は、子どもたちが小学校に入学した当初は、自身の日本語レベルもなんとか用が足せる程度でした。あれから、5年経った今、日常会話はもちろん、日本の企業に一人でミーティングに出かけるほど飛躍しました。

「なぜ、そんなに短期間で上達したの?」

理由を聞くと、子どもたちの宿題を見てあげるには、絶対に必要だったとの答え。

「日本人の家庭教師を雇えば解決しただろうけど、自分の手で育てたかった。」

何が何でも子どもたちを日英バイリンガルにするという目標を達成するために、子どもたちの努力はもちろん、それ以上に親も頑張ったというのです。

ただただ感心するだけで、まだまだそんな風に頑張れる自信のないママ。
けれども有り難いことは、この親子英語ブログにもお手本にさせてもらえるご家庭がたくさん存在すること。

英語に対する姿勢をもう一度、しっかりと見直してみたいと思います。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ バイリンガル育児 | コメント(2) | トラックバック(0)
新たなスクールが再浮上!?

Yuzyがプリスクールを退園し、これからどのように英語を伸長していこうかと考えたときに、検討したスクールがありました。そのスクールは帰国子女特化のスクール。当時3歳を迎えたばかりの娘は、プリでの貯金があったため、今なら帰国子女専用のスクールでも入れてもらえるかもしれないと微かな希望を持って問い合わせてみると・・・。

「3歳のお子さんですか。うちは5歳のお子さんからでないと受け入れられないんです。」

とのお答え。

今では0歳からでもスタートできるスクールもあるのに、どういった理由からか詳しく尋ねてみると・・・。

「学習できる年齢は5歳から。それ以前だとどうしても学習以前に集中力が足りなかったり、疲れてしまったり、学習とは関係ない部分でのロスが大きいんです。だから、学校に通うのはこの部分がある程度しっかりしてからの方が効率的。だから、幼稚園の年中さんになるまでは、家庭でしっかり英語の耳を養っておいてください。」


高等教育へ繋がる英語力の養成を目的としているこちらのスクールの先生からの助言は、非常に納得のいくものでした。

あれから、2年。
家庭だけで上手くやれる自信のなかった我が家は、近所の英会話教室で細々とやってきました。
大きな伸びは感じられませんが、なんとか聞く耳を維持できているのはやはり週1回のプライベートレッスンのお陰。

4月から新年中を迎える娘。
最近中だるみも感じられ、そろそろ新しい風を吹かせてもいいかもしれないと思うようになってきました。

2年前に助言していただいた通り、何とか耳だけは育てることができたとは感じるけど、それ以外は・・・。
そんな想いで、再度2年前に問い合わせたあのスクールへと問い合わせると。

「見学に来てください」とのお返事。

現在の英会話教室との併用を考えると、週3日というハードスケジュールながらも、ちょっぴり魅力を感じているママ。
近いうちに体験に行ってきたいと思います。

どれだけ良いスクールと巡りあえても、家庭の取り組みなしには上達は見られないのは身を以って体験済み(笑)。新年度に向けて、まずは母自身が気合いを入れ直さなければ・・・。

それにしても、我が娘。
果たして「学習」できる年齢に達しているのでしょうか・・・^^;

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 帰国子女保持教室 | コメント(0) | トラックバック(0)
やっぱりクラスの力は絶大!?

Yuzyがこの4月から通う学校では、幼稚園から英語が始まります。と言っても、幼稚園では週1時間。

昨年、学校見学に訪れた時のこと。

見せていただいた年長クラスでは、先生がエリック・カールの絵本を読み聞かせてくれていました。

それに続き、クラス全員で暗唱を始める園児たち。

続いて先生が、絵本の内容を子どもたちに質問し、次々に英語で答えていきます。

そのやりとりを、最初はじっと見ていたYuzy。家でも小さい頃から、親しんできたシリーズの絵本ですが、文字を読みたがっても、暗唱はするタイプではありません。そして、ママが朗読後、英語で質問しても、日本語で答えるか、軽くスルーをするのがいつものお決まり(笑)。

が、この時は違っていました。

クラスのお友達の輪に自分も入りたくて入りたくて、仕方がない様子。暗唱も英語で答えることも、みんなと一緒なら、どんどんやりたい!そんな雰囲気がじわじわと伝わってきました。

幼稚園、小学校に通い出すと、母語習得でさえも、家庭より教室の役割が大きいと言われる理由が、少し分かった気がしました。

現在の英会話教室はプライベートレッスンですが、同じレベルのお友達がいれば、グループの方が効果的と言われるのも、同じ理由からかもしれないですね。赤ちゃんが、パパとママの会話を聞きながら、言葉を習得するように、第三者として、周りの会話を聞くことって、実はとても大事なこと。こんな要素が、教室には詰まっているのだと思います。

インターを視野に入れた時期がありながらも、結局は日本の教育を選択した我が家。
まずは、母語を育てることを第一に、でも英語はやっぱり捨てられない。そんなスタンスになりつつあります。

今の娘には英語力よりも、日本に居ながらにして、外への興味を育んであげること。亀の歩みの我が家ですが、今年もマイペースに楽しみたいと思います(*^^*)

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ バイリンガル育児 | コメント(11) | トラックバック(0)

4歳5ヶ月の成長記録

2015/01/05 Mon 12:30

娘が英語を喋り始めた!?

今回はパパもママも2週間の休みがあり、久しぶりに家族でゆっくりと過ごすことができました。クリスマスには義理の両親とYuzy一家で旅行、そして年末年始もパパの実家で楽しみました。

親子英語は、長い間低空飛行の続いているため、帰省時には、英語の絵本すら持たずに出かけた我が家^^;きっとベッドタイムストーリーよりも、じぃじ、ばぁばと一秒でも長く遊んでいたいのでは?と思い、何も用意をせずに出かけましたが、これは大正解(笑)。英語の「え」の字もない数日間を過ごしました。

・・・が、帰宅すると、Yuzyに異変が・・・。
突然、将来ママと同じ職場で働きたいから、英語をいっぱい覚えたいというのですヾ( ̄0 ̄; )

どうやら、久しぶりにじぃじ、ばぁばや親戚と会い、「大きくなったら何になりたいの?」なんて話をした模様。
そこから、火がついたのか、急に目標を持った様子の娘。

今まで、何のために英語を学んでいるのか年齢的にも理解が難しかったのが、少しずつ物事が分かってくると、4歳児なりに目標ができたようで、恐ろしいほど積極的^^

今まで母主導でなかなか上手くいかなかった英語の語りかけが、娘が主導となった瞬間、急に軌道に乗り始めた感じがしました。

・・・ということで、今月の英語。

◎Yuzyが自分から英語を話しはじめたことに、ただただ驚く母。低空飛行ながらも、ゼロにしなくて良かったと感じています。
◎分からないと、「○○ってえいごでどういうの?」と日本語を交えることも。完全に第二外国語方式だけれど、きっとこうやって学ぶことができる年齢に達してきたのだと、ママは楽観的^^
◎パパと一緒に過ごした時間も長かったため、発音指導に熱が入るYuzyでした。


今月の日本語。

◎冬休みは、アニメもDVDもほとんどなし。大人の番組につき合わされていたせいか、語彙も途端に増えた気がする。ニュースを見ていて、「ママ、ひこうきがついらくしたんだね」と言われ、ビックリ。そんな言葉も日々覚えているんだね。
◎「ママがこのいえでいちばんヒマなんだから、Yuzyとあそんで」と言われたときには、閉口(笑)。
◎漢字練習が相変わらずのブーム。1年生の漢字はだいぶ認識できるように。


2週間娘と共に過ごし、発見が多い時間でした。本当に子どもの成長って、あっという間ですね。
さぁ、娘の英語ブームは果たしていつまで続いてくれるでしょうか。
これを、何とか良い形につなげることがママの役目なのでしょうが・・・。
自信ナイ・・・^^;

Yuzy Kanji
4歳児の漢字練習はお絵描きと一緒!?

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ Yuzyの成長記録 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。