スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
世界中を旅するアクティビティー"Little Passports"

先週は韓国ウィークだった我が家・・・。新大久保でショッピングを楽しんだり、韓国人のお友達と遊んだり、韓国料理を習っているママのお友達の家にお呼ばれをしたりと、まさに韓国尽くしの1週間でした。

外国のお友達や先生と触れ合うことは、世界を知ること!そんな世界の窓をたくさん覗いて欲しいと願っているママです。

最近ママが気になっているのは、そんな世界を覗くきっかけとなる幼児教材"Little Passports"。モンテッソーリ教育を実践している海外のホームスクーリングママの間で人気の教材。サンフランシスコ発の教材のため、親子英語家庭でも役に立ちそうなので、ちょっぴりご紹介したいと思います。

対象年齢は5歳から10歳。毎月、各国のアクティビティーが楽しめるキットが届くそうです。

最初の月は・・・。

Kit1.jpg


世界旅行の主人公サムとソフィアからの手紙とスーツケース
壁掛け用世界地図
パスポート
ステッカー
アクティビティーシート
オンラインゲームとアクティビティーのアクセス権

その後は毎月、その月のテーマに基いた・・・。

アドベンチャーレター
各国のお土産
スーツケース、パスポート、地図用のステッカー
各国の写真
オンラインゲーム、ボーディングゾーンのアクティビティー

などなど。

サムとソフィアが旅する国は、「ブラジル、日本、フランス、エジプト、オーストラリア、メキシコ、南アフリカ、インド、イギリス、中国、アルゼンチン、ロシア、イスラエル、タイ、アイルランド、ケニヤ、スペイン、南極、カナダ、イギリス、アイスランド、トルコ」など20カ国以上。まだ増える予定だとか。

ちなみに日本のキットはこんな感じ。折り紙がついてくるんですね^^

Japan.jpg


このWorld Edition以外にも、US Editionもありアメリカの各州に関しての学習もできるそうです。

価格は支払い方法により変動するようですが、アメリカ国内だと送料込みで年間150ドル程度。日本は配送可能地域のようですが、送料は問い合わせないといけないようなので、果たしていくらほどになるのか・・・^^;

我が家はまだ4歳になったばかりなので、年中さんくらいになったらやってみたいなぁと夢見ているママです^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 DVD & BOOKS | コメント(6) | トラックバック(0)
やっぱり「継続は力なり」?

来週からは幼稚園の夏期保育も始まり、ついに夏休みもそろそろ終了。サマースクール@英会話教室も、残すとこあと3回となりました。

1日50分、週5回のレッスンで果たして変わることがあるのか・・・全く予測も付かないままスタートしたサマースクールでしたが、様々な変化が見られました。

・・・といっても、これは母が感じる変化ではなく、スクールのメインの先生からフィードバック。

変化その1:発音。プリ時代のお釣りがまだ残っているのか、個々の発音はそれほど日本語に引きずられる印象はなかったYuzy。けれども今回、先生が劇的に変化したと思うのは、センテンスで話す際の発音。単語単語ではなく、よく耳にするセンテンスはしっかりと身体に染み付いた印象だとか。"I don't know."一言ですらも、状況によって強調する語が違ったり、覚えたフレーズを口にするのではなく、会話として成り立ち始めた印象を、発音から感じ取ったとのこと。

変化その2:発話量。相変わらず単語のみで答えることが多く、ママとしては決して大きな変化は見られない気がするのですが、先生曰く「質問することが増えた」というのが大きな成長だそうです。これは年齢的なこともあるのかもしれませんが、会話のキャッチボールを少しずつ楽しむことができるようになってきた気もします。

変化その3:先生の意識の変化。英会話教室で勤務する先生にとってのおしごとは、もちろん「英語を教える」ことであり、それが英語が母語でない子どもには、なおさら工夫が必要。けれども、この「ESLタイプ」の教え方ではなく、ネイティブの子たちと同じ感覚で教えることができるようになってきたとのこと。これが、先生曰く娘にとって何よりもの収穫であり、成長した点だとか。


・・・って、こんな風に連ねると、さぞかし大きな成長を遂げたと思われますが、これはあくまでも「超が付くほど下降路線」だったYuzyの1ヶ月前の英語に比較しての成長。親子英語的には、周りとは比較にならないほど低空飛行を続けている我が家です^^;

どちらにしても、9月になれば、またいつものスケジュールに戻ってしまう我が家。そろそろ、本格的にオンラインも検討すべきなのか・・・。それとも、やはり学期中は日本語に集中すべきなのか・・・。悩みは尽きません。

夏休み、遠出は出来なかったけれど、スクールでたくさんの楽しい体験をしたYuzy。ちょっぴり、また興味が広がったかな。残り3回、目一杯楽しみたいと思います♡

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 プライベートレッスン | コメント(2) | トラックバック(0)
英語の位置づけが変わってきた!?

最近、Yuzyの希望で以前通っていたプリスクールへと行って来ました。

・・・といっても、実際はお盆でスクールはお休み。園長先生、先生方、お友達は誰もいない中、園庭をじっと見つめる娘。当時は広い園庭と喜んだものの、やっぱりあれから1年経つと、とても小さく見えるから不思議です。

スクールを離れる最後の日。

「もし、このまま英語がなくなってしまったら、どうしよう。」

不安になったのを覚えています。

あれから1年。

なくなることはなかったけど、消えかかることは多々ありました(笑)。
それは、きっとこれからも同じだと思います。
でも、完全になくなることはないはず。

それは、娘にとっての英語は、プリ時代の「母語とは異なる言葉」という位置づけから、今では大好きな先生方、ママのお友達たちの住む「海外の言葉」という位置づけに切り替わってきているからです。


最近は、かつてのWKEや海外アニメという学習用に作り出してきた環境の中での英語より、たまたま点けていた旅番組などから聞こえてくる英語の方がすんなり馴染む様子の娘。

「アメリカのどうろってひろいんだね。」
「アメリカのひとは、かみのけのいろが、いろいろだね。」

などなど。

言葉より先に文化が目に入る様子。
でも、気づくとその興味津々の映像を見ながら、言葉も理解しようとしている様子。

日本に住んでいるのになぜ英語が必要だったか分からなかった時期から、世界に住んでいるから英語も必要な時期に、ちょっぴり差し掛かってきた気がしています。

英会話教室のサマースクールでは、「英語」を勉強するのではなく、物作りや実験など、五感を使った様々な体験をしている娘。アメリカ人の先生から受ける説明は、当然英語なのだと、この外国語が特別ではない感覚が少しずつ身についてきたようです。

英語を教えられると、なかなか発話には繋がらないけど。
好奇心をかき立てられると、完璧でなくても十分発話に繋がる。


そんな発見をした夏だった気がします。

世界にはもっともっと面白いことがたくさんあるはず!
ママも娘と共に、こんなスタンスで親子英語をゆっくり歩きたいと思います^^

***

先生からしっかり説明を聞き・・・。


「リサイクル」の学習では、古いクレヨンを再利用してこんなアートを作ってきました^^
1408182.jpg

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ バイリンガル育児 | コメント(2) | トラックバック(0)
プリ退園以来、初めて・・・!?

サマースクール@英会話教室がスタートして、3週間弱。前回のエントリーでは劇的な変化は見られないと書いていましたが、ここに来て、少しずつ変化が見られるようになってきました。

それは、「発話」。
プリ退園以降、下降路線しか辿っていなかったYuzy家に、初めてと言っても過言ではないほど、娘の発話が戻ってきました。

いや、実際には「発話」というより、「話したい気持ち」が芽生えたというのでしょうか。

これは、もしかすると英会話教室云々よりも、メインで担当してくださっている先生の力が大きいのかもしれません。このメインの先生の時は、とにかくテンションが高い娘。わざといたずらをしてみたり、先生の気を引こうと小細工してみたり、ありとあらゆる手段に出ています(笑)。

当然、大好きな先生だから、お喋りしたい気持ちも大きく、今までどこか自信がなさそうだったのが、間違えてもとにかく伝えようと積極的に自分から会話する姿が見られるようになってきました。

少しずつ発話が増えると自分も楽しく、もっとお喋りしたくなる!そんなプラスの作用が今は働いているのかもしれません。やっぱり、こんな流れを作るためにも、毎日のレッスンはたとえ1時間でも効果的だと感じずにはいられない今日この頃。

残念ながら9月からはまた通常運転に戻る我が家。他の習い事との兼ね合いも考えると、プライベートレッスンは今のところ週2が限度。もう少し発話が増えたら、オンラインとの併用も考えたいところですが、やはり体験重視をしたいママとしては、なかなか悩むところです。

完全に外注頼りになっている日々ですが、何とか親子英語にも新たな風を吹かすことができるでしょうか。少し作戦が必要な時期がやってきたようです^^;

o0480068813029036052_20140811105926126.jpg
大好きなメインの先生とスクール入り口にて^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 プライベートレッスン | コメント(0) | トラックバック(0)

4歳0ヶ月の成長記録

2014/08/04 Mon 08:49

4歳を迎えて・・・。

このブログを始めた頃は、1歳だった娘もついに4歳を迎えてしまいました。本当に時が経つのは早いものだとしみじみ感じています。

サマースクール@英会話教室も始まって1週間半。英語の発話面で言うと、劇的な変化は見られませんが、読みは進んでいる印象。特に、発音に関しては先生の口の形を一生懸命見ているらしく、「ママとせんせいのくちのかたちはちがうよ。だから、おとがちがうんだよ。」なんて突込みが入ります(笑)。

この1ヶ月の英語。

◎お気に入りの先生が退社され、どうなるかと思いきや、次のメインのアメリカ人男性の先生も超が付くほどお気に入りの模様。プリ時代を彷彿させる、先生とのふざけ合いの時間が、ママをとても幸せにしてくれます(笑)。
◎サイトワーズは順調に進んでいる模様。やはり何でも吸収できるこの時期に無理なく入れていくのが、近道!?と感じている日々。
◎サマースクールが始まってからは、自分も英語モード。幼稚園の学期途中には言わなかったのが、今は母に英語で話せと強要・・・^^;


この1ケ月の日本語。

◎ママへのお手紙がブームに。(いただけるのは、とっても嬉しいのですが、お返事も書かなくてはならないという・・・^^;)
◎漢字練習が相変わらずのブーム。
◎ひらがなのみで書かれた本は、初見でも割とスムーズに読めるように。


言語に関わらず、読み書きの敏感期の真っ最中のようです。漢字に関しては、確実に「絵」として認識している様子。

その他、四方に広がるであろう興味に備えて、4歳を迎えるに辺り用意したのはこちら。
4歳のえほん百科 (講談社の年齢で選ぶ知育絵本)
4歳のえほん百科 (講談社の年齢で選ぶ知育絵本)

いやぁ、2歳と3歳も違ったけど、4歳はそれ以上に違いそうですね。ママがついていけるのだろうか・・・。不安です^^;
2014August.jpg

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ Yuzyの成長記録 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。