スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今の娘に必要なこと・・・!?

娘のサマースクール@英会話教室がついに先週からスタートしました。週5日1時間という、通常のサマースクールと比べると1日分にしかならない程の時間ですが、たった1時間でも毎日継続してスクールで英語に触れるということは、この英語時間をルーティン化できて、素晴らしいと感じています。

さて、今日のタイトル「英会話教室はもったいない」

これはママが感じることではなく、昨日レッスン終了際に娘のお気に入りのアメリカ人男性の先生から言われたこと。

最初、言葉の真意が分からず、ちょっぴり驚いたのですが、よくよく聞いてみるとこういうこと。
今のYuzyに必要な時間は、ネイティブの大人の先生による「レッスン」ではなく、子供同士が英語で「遊べる環境」。

きっとこれは、親子英語を実践されているご家庭ならば、皆さん同じように当てはまることだと思います。だからこそ、実際に遊び場などで子ども達が共に英語を使って遊べるような環境を、皆さん作られる努力もされているのだと、しみじみ感じました。

この日の英会話教室の後は、プリ時代のお友達とランチ
Yuzyに英語で遊んでみたら?と誘ってみると、恥ずかしいから嫌だとのお答え(笑)。

やっぱり日本語が通じる相手には、なかなかこの年齢の子どもは、「努力」をするなどという不自然なことはしないのだと痛感^^;

「もし子供同士が遊べる環境がなければどうしたらいいか?」

それをスクールの先生に質問してみると、決してベストな選択ではないけど、やはりここは英会話教室の出番。

けれども、その中で先生ご自身が気をつけなければならないことは・・・。

◎ナチュラルスピードであること
◎英語を教えるのではなく、英語を使って何か体験を共有すること


「教える」という行為は学童期以降は有効なものの、幼児期にはまず体験重視でありたいとのことでした。読み聞かせをする際も、英語を教えるのではなく、物語を共に楽しむこと。娘が大きくなった時に、先生が教えてくれた英語ではなく、先生と一緒に読んだストーリーとして、記憶に残ってくれたらというお話でした^^

夏休みの間、スクールの先生方とたくさんの思い出作りができるかな。
楽しみです^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 プライベートレッスン | コメント(2) | トラックバック(0)
子どもの興味を見逃さない!?

来月には4歳を迎えるYuzy。2歳の頃、1年間プリスクールに通っていたとは言え、やはり幼稚園に入園してからの経験の幅はプリ時代と比較できないほど広がっているのか、確実に興味の幅も広がってきました。

この頃彼女が一番興味を持っているのは「せみ」。毎日聞こえてくるせみの鳴き声を耳にすると、「せみってやさしい?」「せみは、にんげんをたべない?」などなど聞いてきます。そう、せみが好きで興味があるのではなく、せみが怖くて特性を知っておきたいらしいのです(笑)。

これに付随してか、最近は海の中にも興味を持つようになってきました。パパとの会話に耳を澄ませてみると、どうやら「サメとイルカの違い」を知りたいという3歳児。きっと、これも怖さからなのかもしれませんが、真剣にパパの説明を聞いていました^^;

こんな「怖いもの見たさ」的な要素も含め、幼稚園入園と共に広がってきた娘の興味。今までは行動範囲も家庭が中心だったのが、いきなり外へと環境は広がっていきます。それと同時に出てくるたくさんの疑問。

今までは読み聞かせというと、ほぼ彼女が選んで来た本を読み聞かせる場合が多かったのですが、最近は娘の興味に合わせてママから提案してみる場面も増えました。でも、ここのポイントは「娘の興味に合わせて」。ただ親が読んで欲しいと思うものを選ぶと、確実に却下されるのがお約束です(笑)。

「あれ、ママ、なんでわたしがしりたいことわかったの?」

と感謝されるくらいの絵本選びはなかなか至難の業ですが、案外パパとの会話に彼女の興味が隠されていることも多い我が家。聞いていないふりをしながら、ママは結構必死です(笑)。

この日セレクトしたStarfallシリーズのこちら。やはり、「サメとイルカの違い」の会話の後だったため、大ヒットでした^^

写真-167

CTP同様、やっぱりノンフィクションシリーズの決め手は字の少なさ(笑)。
写真-170

こういったシリーズは、ママが事前学習できるページがあるので、助かります。
写真-171

・・・とは言え、なかなか洋書の場合、子どものその時の興味に合った本を選ぶことは難しいのですが、吸収力が旺盛なこの時期だからこそ、書物は心の養分だと尚更感じます。知識を与えるのではなく、種をまく。いつか花咲かせる時が来るでしょうか・・・^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 リーディング | コメント(0) | トラックバック(0)
エリート街道は正しい道!?

この間入園したと思った幼稚園ももう夏休み突入。本当に時が経つのは早いですね。この時間の流れる早さがそうさせるのか、最近は娘の小学校以降について考えることも多くなりました。

どんな教育を受けさせたいか。勉強をたくさんすることが良いのか。勉強以外に何か打ち込めることを見つけた方がいいのか。それとも、この際、英語街道に乗せてしまうのがいいのか。

最近、こういった話題は家族はもちろん、友人や職場の同僚ともよくします。特に印象的だったのは、数日前のランチ時間。韓国系アメリカ人の彼女はママと同年代、子どもも下の子は娘と同い年ということもあり、ほぼママ友状態の教授です(笑)。

彼女は小6で韓国からアメリカへと移住をし、全米の優れた学校へと与えられるブルーリボン賞を獲得した公立校へ。その中でもHonor's Trackをキープし、大学・院はコロンビアへと進みました。

そんな彼女は自分の思春期を「勉強以外何していいのか分からなかった。」と振り返ります。そして子どもたちに同じ道を辿らせたいかと言うと、「彼らは、とても社交的で、勉強よりももっと優れた面があるから。」と一言。エリート街道を辿った彼女ですが、必ずしもこの道が誰にとっても正しい道とは限らないと言うのです。

実際コロンビア大学在学中は、学校が大きすぎるだけに、誰からも必要な助けを必要な時にもらえず、かなり苦労しただとか。自立ができていて、地頭が良い学生には最高の環境だけれど、自分のように努力して辿り着いた人には、過酷過ぎる環境だったと言います。

なぜ、彼女がそこまで努力したのか。それは、小6で初めて踏んだアメリカの地が、そうさせたそうです。英語というハンディーを乗り越えようと精一杯勉強したら、気づいたら他の勉強もできるようになっていたのだとか。

逆境が生んだ彼女の力。けれども、流した涙も人一倍。もし人生をやり直せるとしたら、「楽器やスポーツ、もう少し勉強以外のことに時間を費やしたい」と彼女は言います。

バランスの取れた子ども時代。なかなか難しいですね。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0)
がむしゃらに過ごした時間は卒業!?

大好きだった英会話教室の先生が退職され1週間。今週から、アメリカ人男性の先生のレッスンが始まりました。

今までの先生と比べるとテンポもゆっくりな今回の先生。50分という限られた時間内で、多くを吸収して欲しいと願っていた母には、正直物足りない印象がありました。けれども、この娘のペースに合わせてくれたレッスンが娘にはとても心地が良いようで、今回のレッスンの様子をモニター越しに見てても、娘がとにかく楽しそう!!完全にレッスンという枠を超えた、大好きな先生と一緒に遊ぶ時間・・・!そんな様子が伺えました。

親子英語をスタートして約3年。11ヶ月でWKE、1歳半で英会話教室、1歳11ヶ月でプリスクール、そして3歳より現在の英会話教室と、この短時間の間に色々と試行錯誤してきた我が家。「バイリンガル」という文字にとらわれ、がむしゃらに過ごした時間がとても長かった気がします。

もちろん娘もそれなりの興味を示したというのは事実ですが、それ以前にとにかく母がやらせたかった。親のエゴでないかといつもどこか罪悪感を抱きながらも、それでもこれは絶対に将来のため!と、譲ることができませんでした。正直、娘の笑顔なんてあまり見ていなかった。楽しくてもそうでなくても、まずはやる。このスタンスが長い間崩すことができませんでした。

けれども、今回の先生とレッスンをしながら、ふざけ合ったり大笑いしたりする娘を見ていると、「あ〜、必要だったのはこういう時間だなぁ」と、改めて感じました。もちろん英語は身につけて欲しいけれど、そこに笑顔がなければ、身につくものも身につかない。負担に感じていた宿題も、親としてはやらせたい気持ちはあったものの、今回なくしてもらうようお願いしました。

フォニックス、サイトワーズなどなどまだまだリーディングに繋げるべく学習は始まったばかりですが、今の娘に必要なのは「楽しい時間」。もう少し大きくなった時に、自分で上手く学習につなげられるよう、英会話教室がその種蒔きをしてくれる場所になってくれたらと感じています。いよいよ今週からはひとりっぼちのサマースクール(笑)。たくさんの笑顔が見られるといいな^^

宿題の代わりにレッスン内で単語練習をするようになり、気が楽になった様子の3歳児^^
family

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 プライベートレッスン | コメント(2) | トラックバック(0)
最近の我が家は「時間」づくし!?

カレンダーと平行して、最近Yuzyが興味を持っているのは時間。

「もう、9じだから、そろそろねないと。」
「ほら、もう8じだから、ようちえんおくれちゃうよ。」

こんなやり取りは今までも何度も繰り返されていたはずなのですが、いまいちピンと来ていなかった3歳児(笑)。けれども、月齢的なものなのか、最近急に時間を意識しはじめました。

今までは娘の成長を観察してというより、ママがその都度やらせたいものを与えるといった我が家でしたが、モンテッソーリ教育と出会ってから、完全に娘主体ですべての取り組みが決定するようになったYuzy家^^;「時間」に興味を持っている今、色々な「時間」に関するアクティビティーを取り入れています。

■ 絵本
やっぱり、いつでも外せないのはこれ!
Kipper Tells the Time (Read at Home First Skills)

英会話教室で読んでもらってから、こちらもお気に入り。
Tell Time with The Very Busy Spider (The World of Eric Carle)

メイシーちゃんシリーズはもう卒業かと思いきや、未だにこれは持ってきます^^
メイシーちゃん、いまなんじ?―とけいのはりをうごかしてじかんをいってみよう!

■ 現在のアクティビティー
家庭では、こんなスタンプを用意して、時計に親しんでいます(具体的な取り組みの様子はこちらにて)。
Stamp Large Clock W/ Numbers 2-1/2 Square おもちゃ【並行輸入品】

clock.jpg

お手本となるカードはこちらでDLしています。

t02200290_0400052712980020998.jpg

■ 今後のアクティビティー
今後やってみたいのは実物の「時計」を使ったアクティビティー。今まではメイシーちゃんの絵本に付属している時計で代用してきましたが、そろそろもう少し本格的なものが必要な様子。

今検討しているのは、こちら。
Big Time™ Student Clock
Big Time™ Student Clock

あとは、こんなテンプレートを使った腕時計作りも計画中。色々なカラーとデザインで、時計やさんごっこをしたいのだとか^^
Watch.png

わざわざ特別な取り組みをしなくても、自然と時間の感覚も分かってくるのでしょうが、どうやら本人はなんとか時計が読めるようになりたい様子。読めるようになれば、少しは自立の道へと向かうでしょうか・・・^^;

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 テーマ学習 | コメント(2) | トラックバック(0)
ついに迎えた別れの日。

Yuzyが昨年秋よりずっと担当していただいていた英会話教室の先生が、アメリカに帰国されることになり、明日はついに最後のレッスン。帰国されることを知った2ヶ月前より、ずっとずっと残念な気持ちで今日まで過ごしてきました。

・・・が。
昨日からYuzyが急な発熱。最後の最後だというのに、このレッスンをキャンセルしなければならなくなってしまいました。最後のレッスン、どんな気持ちで過ごすのだろう・・・とばかり考えていたママには、想定外すぎた展開。でも、もしかすると、こんな別れ方の方が良かったのかもしれないと、ちょっぴりホッとした気持ちです。

そして、今日、小児科の帰りに居るか居ないか分からない先生を求めて、スクールへ寄ると・・・。ちょうど、レッスンを終え、出て来てくれた先生。熱でふらふらしているYuzyをしっかり抱きしめ、目には涙を溜めていらっしゃいました。

娘にとっては、メインの先生としてはたったひとりの先生でも、先生にとって娘は、数十名、過去の生徒も入れると数百名かもしれない中のひとり。母娘ともにここまでこの先生に対して思い入れが強い理由は、レッスンの端々に感じた先生の愛情でした。どうしてこれほどまでに、娘のことを想ってくれるんだろう。まるで、先生の生徒は娘ひとりしかいないのではないかと錯覚するほどの温かさ。

今回の別れが3歳のYuzyにはどれほど意味するものなのかは分かりません。でも、もうちょっと大きくなって撮り溜めたレッスンの映像を見たら、先生にすごく会いたくなるんじゃないかな。

最初に帰国という文字を聞いたときは、正直ショックを受けたけれど、今日この帰国の理由をそっと教えてくれました。大好きな先生が、ママになるということ!

それを聞くと、急に元気になったYuzy!
大はしゃぎです。

連絡先すら残さずに来たけれど、いつか再会できる日が来るような気がしてならないのは、なぜだろう^^
夢のようなレッスンを毎回準備してくれた先生に感謝の気持ちを込めて。

See you again!
20140712

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 プライベートレッスン | コメント(0) | トラックバック(0)
韓国語の方がいける日も近い!?

秋のソウル旅行に向け、冗談で始めた親子韓国語(笑)。このゆるい感じがいいのか、これが驚くほど好調。3歳の娘、メキメキと話せそうな雰囲気を醸し出しています(笑)。

英語は結構な時間(お金も?)をかけているのに、万年低迷中。けど、一円たりともお金のかかっていない韓国語は、どんどん習得。これは、本気で英語より韓国語の方ができるようになる日も近いかもしれません。

でも、これには理由があります。

娘がいつも遊ぶお友達が韓国人姉弟。子供同士遊んでいると、姉弟が韓国語になり、気が付くとそのシャワーの中にいる状態が幾度となく作り出されているので、自然と音は吸収し、何となく言っていることも分かってきたようなのです。

なので、母が改めて教えようとすると、勘がいいというのか、すんなり入ってくる様子。あ~、言語はこうやって吸収していくんだなぁと改めて感じます。

途中ふにゃふにゃになりながらも、

「おんま~◎△■☆*$%いえよ~」
(ママ、◎△■☆*$%なんだよ~)


などと、ビックリするくらい自然な発話を披露するYuzy。どうやらこれ、一緒に遊ぶ憧れの小1の韓国人のお姉ちゃんの真似のようです。やっぱり、身近にロールモデルがいると違いますねぇ。それが、子どもだったらなおさら!

やっぱりお友達の力は絶大だなぁと、つくづく感じるママでした。
あぁ、英語も突破口が欲しい・・・^^;

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ バイリンガル育児 | コメント(2) | トラックバック(0)
ついにカリキュラムが出来てきた!!

早いもので幼稚園も来週で終わり。再来週からは、ひとりぼっちのサマースクールが始まります(笑)。

昨年通ったプリのサマースクールへと戻れるかと思いきや・・・

「ちょっと、にがてなんだよね。」

と、我が家の3歳児(笑)。やはり1歳11ヶ月から通い出したため、泣いた記憶が強く、戻りたがりません^^;

両親共に夏も仕事のYuzy家では、現在通うプライベートレッスンに週5で予約したはいいものの、果たして本当にサマースクール代わりになるのか。勉強的な要素ではなく、楽しい時間だけを求めていたママでしたが、出来上がってきたカリキュラムは、予想以上のものでした!

毎週テーマを決め、プライベートにも関わらず毎朝サークルタイムからスタート(笑)。Language ArtsとMathは、このサークルタイムに入ります^ ^

メインアクティビティは、"Food"がテーマの週のある日は「フルーツサラダ作り」、"Health"の週は「手洗い、歯磨きの練習」、"Nature World"の週は「落ち葉拾いとクラフト」、"Recycle"の週は「ハンドメイド紙作り」、"Matter"の週は「浮くもの・沈むものの実験」、"Universe"の週は「銀河のモビール作り」などなど。

なかなか家庭では出来ない体験重視のレッスンに、ママがワクワクです(*^_^*)

本来言語とは暮らしの中で獲得していくように、英語も「学ぶ」という姿勢ではなく、「吸収」できることを願っているママ。いくら家庭でかけ流しをしたり、DVD視聴を繰り返したとしても、やはり先生の肉声や口の動きを真似する体験は、なかなか家庭では難しい。だからこそ、限られた時間ながらも、英語を身体に染み込ませる時間が作れたらいいなと思っています。

でも、まずは楽しい時間!
たくさん体験する中に、英語があったら言うことなし(笑)。

楽しみです♡

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 プライベートレッスン | コメント(8) | トラックバック(0)
トライリンガルのママが子どもに身につけさせたいこと!?

前回に引き続き、同僚とのランチ話PartⅡです(笑)。

この日のランチは、別の同僚(日本人)とのこんな話になりました。

彼女は大学はアメリカ、院は韓国で修了したトライリンガル。旦那さんは日本人であるものの、3歳からインター育ちで日本の学校には通ったことがないと言います。そんなインターナショナルな家庭で育つ4歳の息子くん。

英語でも韓国語でも1から100までは数えられるものの、英語育児と呼べるような取り組みは一切行なっていないそうです。両親共に英語が堪能なのに、もったいない!思わずそう叫ぶ母(笑)。

けれども、語学は自身の経験も含め、大人になってからでも十分身に付けられるので、就学児には「読み・書き・そろばん」をきちんとマスターして欲しいだとか。

確かに改めて国語力、読解力の大切さが見直されている今日この頃。この母語の力なしに、学ぶこと自体が不可能。

彼女が考える「読み書きそろばん」とは、読むことで情報を入力。書くことで自身の意見を出力。そしてそろばんで考える力、予測する力を養うということ。

この3つの基本要素をしっかりと身につけて欲しいと考えているようです。実は、この3つは親子英語ブログでもよく目にする取り組み。我が家はこのような視点から考えたことがなかったので、目から鱗でした。

外国語はあくまでも文化を構成する要素の一つ。まずは、これらの基礎作りをすることで、いつからでも「加える」ことは可能だと彼女。

から揚げ定食を頬張りながら、またまた有益なインプットをいただいたランチ時間でした^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ バイリンガル育児 | コメント(2) | トラックバック(0)
大事なのは自分自身でいること!?

職場の同僚(日本人)とランチ中、彼女の最近の研究テーマの話になりました。彼女の専門は英語教授法。大学の公開講座で社会人に英語を教えています。

初心者の学習者であるほど、「文法」だったり「発音」だったりと英語に対して身構えてしまい、なかなか発話へつなげることが難しいと感じた彼女。

色々とリサーチを行なった結果、彼女が有効だと感じた方法は「英語学習者から脱却する」ということだといいます。

「英語学習者」という仮面は、英語を学ぶときには必要ないのだと言うのです。

彼女の担当する授業では、受講生に「英語学習者」として授業に参加するのではなく、「なりたい職業」として参加してもらうようです。例えば、パン作りが趣味の人だったら、「パン職人」となる。

なかなか発話に繋がらなかった受講生たちも、英語学習者という仮面を脱ぎ捨て、なりたい自分になった瞬間、急に饒舌になるといいます。

この話を聞いて、最近の娘の英会話教室での一コマを思い出しました。大好きな先生のはずなのに、最近は彼女との会話がそれほどはずまなかった娘。なぜなら、その先生は「英語学習」として定着させるために、毎回同じ質問を繰り返し、娘に何度も発話を試みていたのです。

けれども、最近初めてレッスンを体験した先生は、初めてということもあってか、「英語学習」というよりも、本当に自分自身の興味から娘に質問をしている様子。今までとまったく違うタイプの質問を娘も新鮮と感じたのか、一生懸命答えようと試みていました。

英語を学ぼうと気負うのではなく、これはあくまでも異文化体験。そこには、当然母語以外の言葉がある訳で、でも完璧なんて目指さなくていい。とにかく言いたいことを伝える努力をする。そんな姿勢が大事なのではないかという話を、カレーうどんをすすりながらしました(笑)。

まず大事なのは自分自身でいること!

大人にとってはなかなか難しいことですが、これができると案外言葉は後から付いてくるのかもしれません。親子英語を進めるに辺り、大きな気付きをもらったランチ時間でした(*^_^*)

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
時を知ることは、歴史を知ること!?

最近久しぶりにUS Amazonにて買い物をしました。

それが、こちら(笑)。
Learning Resources Magnetic Learning Calendar
Learning Resources Magnetic Learning Calendar

幼稚園に入園してYuzyの中で少しずつ芽生えて来たのが「日付の感覚」。「○月○日○曜日」と幼稚園で練習してくることから、家庭でも「今日」「明日」「明後日」といった言葉が少しずつ出始めました。

そしてこの日付に関しては英会話教室でも聞かれるのですが、イマイチ上手く答えられていない・・・^^;"January, February...""Sunday, Monday..."は暗唱できても、英語の場合、決して理解には繋がっていないようです。

ただ、カレンダーを視覚としてみるだけでなく、毎日自分の手で貼ることで、日付を意識する習慣ができればと、マグネットタイプのものにしました。

・・・が。

3歳の娘。
カレンダーの意味なんて分かっちゃいない。
数字ならべを楽しみます(笑)。
calendar1.jpg

あっ、良かった。やっと、カレンダー本体の登場^^;
calendar2.jpg

7月のカレンダーが3歳児の手により完成しました!
calendar3.jpg

さぁ、Yuzyと練習スタート。

"Today is Tuesday, July 1st."


本当は"What day is it today?"など質問形から入りたいところですが、Yuzyはまだまだカレンダー初心者(笑)。日本語ですらも、幼稚園では「○月○日○曜日」なので、英語でもまずシンプルに確認を日々の習慣にしたいと思います。

日々漠然と過ぎていく時間ですが、時を知ることは歴史を知る最初のステップ!子どもにとっては「今」という時間に生きているとしか感じられないかもしれませんが、日々のルーティーンを繰り返すことで、次第に時の意識が芽生えていくのかな(*^_^*)そんな意識が育っていく時間を、ママはこのカレンダーと共に見守りたいと思います^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

=========================================================
※ご質問いただいたので追記です。
我が家の黒板兼ホワイトボードはこちらのB級品となります(笑)。
でも、お値段以上の活躍ぶりです^^

箱なしB級品 両面ディスプレイボード 木製イーゼル看板 ホワイトボード&黒板 マグネット可 WB-1607
箱なしB級品 両面ディスプレイボード 木製イーゼル看板 ホワイトボード&黒板 マグネット可 WB-1607

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 テーマ学習 | コメント(6) | トラックバック(0)

3歳11ヶ月の成長記録

2014/07/02 Wed 07:55

ブログは再開してみたものの・・・。

ついに3歳最後の月となってしまいました。2歳から3歳になるときは、それほど感じなかったのに、4歳というのは急にお姉さんになる気がして、とても淋しい気持ちでいっぱいです。

「まだ3歳だから・・・」が「もう4歳だから・・・」となってしまう予感(笑)。

うーん、やっぱり淋しい。

このまま親子英語もフェイドアウトしてしまうのかと思いきや、何とか夏休みを目前にして持ちこたえた我が家^^;大好きだった英会話教室の先生2人が辞めてしまい、更に路頭に迷いそうな雰囲気でしたが、お気に入りの先生も見つかり、ホッとしています。

ブログは再開したものの、決して取り組みが増えたわけではないYuzy家^^;

今月の英語。

◎自力読みは、順調。明らかに読めないものも持ってきて、読もうとする(笑)。ここは母の本棚整理に改良の余地あり。
◎フォニックスに加え、サイトワードも少しずつ取り組むように(英会話教室にての話^^;)。
◎家庭内のスピーキングは、「ごっこ遊び」の時のみ。考えながら話しているのを見ると、プリにいたときのような自然とフレーズが出る感覚はもうなさそう。


今月の日本語。

◎ひらがなの読み書きはほぼマスター。カタカナはまだ書ける字は少ない。
◎最近のブームは漢字。母のいない間、じぃじと練習しているらしい。小学生の使う漢字ノートが宝物(笑)。
◎ひらがなの絵本は、やさしいものであれば初見でも割とすいすい読めるように。


うーん、英語的には相変わらず微妙(ー ー;)
英語を話すYuzyの姿を見ていると、4歳前にしてすでに日本語脳は出来上がっていて、その上で英語を話そうとしていることが分かります。たまに、ビックリするくらい語順が日本語で、もう連想ゲームのようになってしまっているという・・・(笑)。

きっと環境さえあればすぐにでもプリ時代のように戻る気がするのですが、そこがもどかしいところ。けれども、それ以上に日本語も驚くくらい日々吸収しているので、まだ今の時期はあまり欲張らず、しっかりと「ことば」を育てることを考えたいと思っています。

あ~、来月はもう4歳・・・(ため息)。

Square.jpg
相変わらず鉛筆を振り回している毎日です・・・^^;

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ Yuzyの成長記録 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。