スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
かけた費用と英語力は比例しない!?

明日で3歳を迎える我が娘。
この2歳の1年間は、プリスクールを中心に親子英語デビューを果たした1年でした。

実際親子英語といっても、WMということを言い訳に、外注に頼りきった1年でしたが、最近考え始めたのが「親子英語にかける費用」

Yuzyの場合は、プリスクールと言えども、週2-3と限られていたため、それほど莫大な費用という訳ではありませんでしたが、それでも2歳児にかけた金額としてはやはり我が家の経済状況から言うと、決して安い費用ではありませんでした。

秋から予定しているMLSの週1クラスも1回4時間と時間が長いため、教材費入れると月に3万円ほど。もう再入学が決定しているものの、実は最後の足掻きで週1回40分のグループレッスンという英会話に明日レベルチェックにいってきます(誕生日の日にごめんよ、娘。)

どう考えても週1回40分では時間的に全然足りないことは言うまでもないのですが、「私だったら、幼児期の出費は必要最小限に抑えて、子どもが自分からやりたいと言い出したときに、お金をかけてあげたい」という友人(専門はTESOL:英語教授法)からの何気ないひと言に心揺れる母(笑)。

1年間プリスクールに通わせてみて、お金をかけたらかけた分だけ実力が比例する!ということは全くの幻想だと身を以って体験しているからこそ、動揺しているのだと思います^^;

オンライン英会話が成立するくらいの年齢になれば、また新たな道も出来るのでしょうが、この3歳という年齢。果たして、どこまでの英語力を求め、そのためにどれくらいの費用を費やすべきか・・・。もう一度考えてみなければならないと感じ始めています。

プリスクールに関しては、英語だけではなく社会生活全般を身につけられた場所だったので、決して無駄ではなかったと思っています。けれども、英語だけを目的として通うのであれば、別の選択もあったかもしれないというのが本音。けれどもそれは、3歳という年齢で辞めてしまったからのことであって、卒園まで過ごすことができたら、それはまたまったく違った感想だったと思います。

明日のレベルチェックで、また新たなる親子英語の指針が見えてくるのでしょうか・・・!?

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」スタートしました!


ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
やっぱりすごい、「オブジェ」の力!?

ついに今月末でプリスクールを退園予定のYuzy。
しかしここに来て、やはり最後のあがきというのでしょうか。
当初予定のなかった、サマースクールへと参加して、プリを退園という方向になりました。

やはり8月の1ヶ月間、英語ゼロの生活にするのが怖かったというのが本音。
とは言え、サマースクールも8月2週目には終了なので、ついに「親子英語」の力が試される時がやってきました。

英語が消えてしまうのでは?と焦りがながらも、家での取り組みはモンテッソーリのアクティビティーに傾きまくっている我が家(笑)。とはいえ、最近は母がモンテッソーリの分野の中の言語教育(英語ネイティブの子たちがどのように英語を身に付けるかというLanguage Arts)を学んでいることもあり、なんとかこのモンテッソーリのアプローチを保ちながら、英語力を強化できないかとチューターへと疑問をぶつけてみました。

すると、まずはモンテッソーリの活動の前に、「会話・語彙の強化を図ることが必要」とのお答え。

語彙強化と言うと、絵本の中で増やすということしか意識をしていなかったのですが、今後のモンテッソーリのお仕事に備えて用意していたミニチュア/オブジェを使って、試しにゲームをしてみました(理想は本物を用意できることが一番だと思いますが^^;)ちなみに我が家のオブジェはこちら
lc856_f.jpg


実はこれ、モンテッソーリのお仕事にもある「実体認識袋」というものを自己流にしてみたものなのですが、ビックリするほど単語を吸収することが判明!!

以下、やってみたゲームです。

----------------------------------------------

①巾着袋に、あらかじめオブジェ(日本語で知っているもの)を5個ほど入れておく。
注)英語で分かるものを1つ2つ混ぜるのも、相手をその気にさせる作戦^^;

②何が出て来るか、中身を見ないで、Yuzyに取り出させ、順番に並べる。

③その度に、「あっ、哺乳瓶だ」「あっ、やかんだ」などと日本語を連発しますが、そこは気にせず、一応英語で進める。

④並べたものをママが英語で教える。モンテッソーリで言われる「名詞の三段階練習」を取り入れる。「This is called ...(これは、◯◯です)」と教えることからスタート。

⑤5つ名称を教えたら、「Which one is ...? (◯◯はどれですか?)」と記憶しているか、聞いてみる。

⑥記憶していたら、「What's this?(これは何ですか?)」と実際の名称を英語で言わせてみる。

⑦名称が言えるようになったら、巾着袋にすべてしまい、「May I have ...?〜◯◯をいただけますか?」と聞き、Yuzyに中身を見ないで、そのオブジェを触って当てさせる。

⑧次は、Yuzyに「May I have ...?〜◯◯をいただけますか?」を言わせ、母が触って当ててみる。
注)途中、わざと間違えてみたり、盛り上がるための演出は若干必要^^;

⑨最後は取り出したオブジェを使って、ままごと遊び開始。この時もできるだけ英語モードで。
----------------------------------------------


ってな流れを午前中に行い、夜また遊びたいと言い出したので、同じことを繰り返そうとしたら、その時点で5つの名詞、すべてクリアー。まったく三段階練習は必要ありませんでした。なんだか、結局手持ち無沙汰になってしまい、行ったのはそのオブジェの最初の音のアルファベット(イニシャルサウンド)を当てるというゲーム。

「bottle」であれば、ママが最初の音をしっかりとフォニックス読みしてあげ、Yuzyがそれを当てるというもの。あらかじめ、我が家で使用中の黒板兼ホワイトボードにイニシャルサウンドは書いておき、当てはまるものに彼女が丸をつけるという作業を行いました。ホワイトボード用マジックを使用するのが嬉しくて、何度もやりたがる2歳児。途中、わざと違うところに丸を付けたり、脱線しまくりでしたが、なんだかこれは楽しいアクティビティー。今後もやっていけそうです。


箱なしB級品 両面ディスプレイボード 木製イーゼル看板 ホワイトボード&黒板 マグネット可 WB-1607箱なしB級品 両面ディスプレイボード 木製イーゼル看板 ホワイトボード&黒板 マグネット可 WB-1607
()
ダイセイ

商品詳細を見る


IKEA MALA ホワイトボードペン 細字 7色セット (60167860)IKEA MALA ホワイトボードペン 細字 7色セット (60167860)
()
Ikea

商品詳細を見る


やっぱりコツは楽しくやるということでしょうか。
そのためには親の小細工も実は必要。
最近そんなことをひしひしと感じている母です(笑)。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」スタートしました!


ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ バイリンガル育児 | コメント(2) | トラックバック(0)
プリスクールから英会話スクールへ。

通常、「英会話スクール」へ通っていた子どもがどんどん英語に興味を持ち、「プリスクール」へと入園を決めるケースが多いと思うのですが、どうやら逆行となりそうな我が家です(笑)。

YuzyがMLSという英会話スクールの門を叩いたのは、1歳8ヶ月のとき。
プリスクールへ通い出す前の3ヶ月間だけの通園でした。
ただ、とにかく「分刻み」の徹底したカリキュラムにママが惚れ・・・。
あの授業を体験していなければ、児童英語教師の認定コースも行わなかったかもしれません。

結局幼稚園を選び、プリスクールは今月いっぱいで退園。
欲張るのは辞めよう・・・ということで、まずは英語を忘れないようにせめて週1回でも・・・ということで、再度選んだのはMLSの英会話スクール。

1歳の時参加していた「親子クラス」からステップアップして、「バイリンガル・ジョイランド」という母子分離の1回4時間のコース(教室によっては週2回2時間もあり)です。そして、先生は前回お世話になったYuzy憧れのC先生。
最初に会った時、キレイなアメリカ人は今まで幾度となく出会ったけれど、ここまで「可愛い!お人形さんみたい!」というアメリカ人は初めてでした(笑)。それもそのはず、元々モデルさんとのこと(驚)。

というわけで、1年ぶりに再会を果たした今日、母は授業の見学というよりも、またもやC先生の可愛さに釘付けでした(笑)。

肝心の見学はというと・・・。
やっぱり素晴らしい。
1回4時間の授業は、さすがに分刻みのスケジュールではないと思いきや。
見学そのものは最初の1時間だけだったのですが、とにかく盛り沢山。

流れとしては・・・。

授業開始までおもちゃで遊ぶ

お片づけ(Clean Up Song)

出席を取る
*折り紙に名前を書いて、先生が名札を作ってくれました!

輪になってお歌の時間(Hello Song)

体操(Physical Education)
*マイクを渡され、 "Who wants to be the leader?(リーダーになりたい人は?)" という問いかけに、 "I do!(なりたい!)の声が押し寄せます。その後、リーダーの呼びかけで、様々なエクササイズ。

色についての学習(Main Activity1)
*虹を見せながら、色を一人ずつ言わせていきます。当然皆答えられるので、これはあくまでも授業に入るまえのウォームアップ

色にちなんだお歌の時間

花の名前の学習(Main Activity2)
*花の写真を見せながら、名前を教えていきます。その後、庭園の写真が登場。その庭園内にある花の名前を今度は自分で言えるようにしていく学習。

お店やさんごっこ(Main Activity3)
*一人ずつお金をもらい、八百屋さんに行って買い物をしてくる設定。"May I have~?"から始まり、お買い物に必要な表現を駆使しないと、買って来られないため、全員がしっかり言えるまで練習。

クッキング(Main Activity4)
皆が買ってきた野菜と果物で、スープを作るという設定。ここでまた、野菜や果物の名前を徹底強化。

ワークブック (Main Activity5)
アルファベットの練習を含んだ、運筆練習がメイン。クレヨン一つにしても、単語だけでなくセンテンスできちんと言わないといつまでももらえないので、自然とセンテンスが身に付くよう意識されていることを実感。



と、これが見学の1時間。
この後の3時間。
一体何が待っていたのだろう・・・・と非常に気になります(笑)。

実は、このMain Activityまでの時間は、1歳の頃の親子クラスと流れは全く一緒。
ただ、先生が使う言葉の量が断然多い。
そして、子どもたちの反応もすごい。

また驚いたのは、Yuzyが英語を話していたこと(笑)。
最近はあれほどかたくなに日本語オンリーだった彼女が、C先生の前では、いい格好をしたかったのか、めちゃくちゃ積極的に話していたことに母ビックリ。
こんなに出来るようになっていたのねーと、これまたプリの後ろ髪を引かれるのでした^^;

とは言え、他のお子さんはYuzyより年齢が上(主に年少さん、年中さん)ということもあるのかもしれませんが、これまた全然すごい。英会話スクールだけでここまで出来るのなら、「幼稚園+週1英会話」の図式も全然ありだなとちょっとうっしっしの母でした(笑)。

というわけで、Yuzy、またもや英会話スクールへ逆戻りです。
でも、寂しいのは母子分離ということ。
あー、毎回あの授業が見学したいとついつい思ってしまうママです。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」スタートしました!


ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ スクール | コメント(2) | トラックバック(0)

2歳11ヶ月の成長記録

2013/07/01 Mon 08:34

決断の1ヵ月。

この1ヶ月はどたばたの日々でした。
まずは、幼稚園が決定したこと。
先月これを書いている頃には、まったく想像もしていなかったご近所幼稚園です。
結果、プリスクールにも退園の旨を告げ、とっても残念がってくださる姿に、またまた後ろ髪引かれる思いのママ。今月はもう最後だと思うと、やっぱり気持ちとしては複雑です。

でも、英語に関しては新たな兆しが。
当初はプリを辞めても、アフタースクールで通うことも考えていましたが、やはりダブルスクール状態は3歳になりたての子には辛いだろうということで、これは却下。家から徒歩一分のところにある英会話スクールの個人レッスンも考えたりしましたが、これもコスパを考えると3歳児にはどうなんだろうということで、またもや選択から外し・・・。もう少し月齢が高くなるまでは、ママがおうちで何とか・・・と考えていた矢先、思いついたのがMLS(Model Language Studio)の存在。

Yuzyがプリに通う前に1学期間だけお世話になった英会話スクールです。子どもを飽きさせないようにと、数分ごとにカリキュラムが組まれていて、とにかく発話を促そうと全面的配慮がなされているカリキュラム。当時のアメリカ人女性の先生が大好きで、辞めてからも当時の写真を見ては、「Cせんせいのとこいく。」の連発。その先生が同じMLSの中でお教室を変わられたのは知っていたのですが、問い合わせをしてみたところ、車で10分のお教室にいることが判明!また、土曜日には1回4時間のクラスを担当していることを知り、今月には見学に訪れる予定です。また、先生との再会にYuzy大喜びしてくれるでしょうか!?

何だか前置きが長くなりましたが、今月の英語。

◎身の回りの語彙など、ママが普段使わないようなものも連発。プリ効果だと思うと、またもや複雑な気持ちに^^;
◎日本語の後に英語で言ってみたり、2ヶ国語という意識が生まれてきた感じ。
◎英語で聞いても、相変わらず答えは日本語(でも答え自体は大正解^^;)
◎"Repeat after me."的なアプローチは取ったことがなかったが、ちょっと取り入れてみたところ、案外効果発揮。パターン練習も楽しんでやっている様子。


日本語。

◎行動そのものにママがダメだしをされるパターンが多し。お気に入りは「ママ、ちゃんとして」(笑)。
◎なぜか敬語を使いたがる。急にです・ます調になり、ビックリ@@
◎日々「これ、なぁに?」の連発で、ママの説明がまったく追いつかず・・・。
◎わざと悪い言葉を使いたがる><


もう泣いても笑っても今月が最後となるプリ。

正直、丸投げ状態で、家のフォローが全然出来なかったけれど、まずはYuzyの隣に英語をいつも置いておくこと。これだけは、今後のママの最低限の課題です・・・。


七夕の願い事はこれだそうです(笑)。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」スタートしました!


ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ Yuzyの成長記録 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。