スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
小学校の英語授業って意味がある!?

前回の記事「うちの娘、本当は英語が嫌いなの?」では、多くの親子英語家庭の皆さんからアドバイスをいただき、大変嬉しく思います。ただでさえ、更新が滞って消えそうな予感のこのブログ(笑)。まだお付き合いいただけていること自体、感謝です!

皆さんから色々コメントをいただき、もう一度我が娘をじっくり観察してみました。

英語が嫌いなのではなく、日本語の必要性からなのでは!?という皆さんの意見に大きく納得。今の彼女は、本当に日本語を使ってコミュニケーションが取れることが、とっても楽しい様子。目の前にあるものをいちいち説明してみたり、人見知りMAXのあの性格なのに、最近はよそのママにも「みてみて」などと声をかける姿を見ると、言葉の力ってすごいな・・・と^^;

過去に書いた「我が子へ送る母国語というプレゼント」という名の通り、彼女の中では、周りとしっかり繋がることが出来る大事なツールが日本語。とっても大事にしている様子が、日々伺えます。

では、英語をどうするか・・・。
このままフェイドアウトでいいのか?(どこかのブログの如く^^;)
興味が出るのを待ってから、再開すれば良いのか?

そんなもやもやでいっぱいの時。
同僚とこんな話になりました。

今年小1を迎えた彼女の息子くん。
小1から英語の授業があると言います。
とは言え、それは月に一度のこと。

「月に1回の小学校の英語の授業って、どれくらい意味あると思う?」

ついつい2,000時間説(参考記事)が頭を過り、懐疑的な視点で疑問を投げかけてしまったママ。

先日、ボランティアとしてこの授業に参加してきたという同僚。
興奮気味にその体験を伝えてくれました。

「それがさ。すごいの!!もうクラス全員が外国人の先生に興味津々で、英語に触れることが楽しくて楽しくて仕方がないという感じ。」

どうやら子どもにとっては、この月1回の英語の時間が待ち遠しくて仕方がない様子です。彼女自身、息子が保育園の頃、過去英語教師だった自分の経験を生かし、英語を教えようと何度も試みたけれども、いつも拒否されていたといいます。でも、今の彼は、英語に興味津々!!「ママ、英語やろう」の連呼だと言うのです。

「教える」といった大人主導のスタンスではなく、「英語がそばにあり、触れることが出来る環境」を作り出してあげることの方が大事なのではないかと、この時ふと思いました。これなら、そのそばにある英語を素通りしようが、自分から関わっていこうが、これは子どもの選択。きっと、この小学校の英語の授業も、先生の役目は触れられる環境を作ってあげること。教え込むのではなく、「英語」と出会わせてあげるきっかけを作ること。そう思うと、この月1回の英語の時間。なんて貴重な時間なのだろうと、一瞬にして気持ちが激変^^;

現在の我が家も、この「英語に触れられる環境」は常に用意しておいて、その後の交わり方は娘次第なのかなと感じ始めた今日この頃。今までは「教える」といったスタンスがどうしても抜けきれていなかったのかもしれません。

明日は父の日!
プリスクールで作ってきたこの王冠。
頭が気持ち大きめのYuzyパパにはぴったりです(笑)。
写真-56

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」スタートしました!


ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
◆ バイリンガル育児 | コメント(4) | トラックバック(0)
モンテッソーリ教育を通じて見えてしまったもの。

2歳10ヶ月の我が娘。
11ヶ月でWKEをスタート。
1歳6ヶ月で英会話スクール。
1歳11ヶ月でプリスクール。

一見、バイリンガルの道への順調な駆け出しかと思いきや。
最近母が感づいていることがあります。

「うちの娘、本当は英語が嫌いなのではないか」

モンテッソーリの言葉を借りて言うのなら、
この時期の子どもは「話し言葉の敏感期」
母国語であれば、何の苦労をしなくとも、十分に吸収する時期です。

きっと日本語が上達すればするほど、彼女の中では英語という言語の存在の
意味が分からないのだと思います。

以前も書いた通り、最近の特徴。
英語で聞いても、すべて日本語で返ってくる。
わざと?ってくらい、とにかくすべて日本語。

母が清水の舞台から飛び降りる気持ちでスタートしたWKE。
ある日突然、ミミ離れが始まり、今ではミミちゃんという名前すら
覚えているのかどうか・・・^^;

正直、この状態。
母の心が折れそうです(笑)。

もちろん、親子英語をやることは簡単!(いや、簡単では全然ありませんが。)
正確に言うと、やらせることは簡単!
嫌でも英語を使い、かけ流し、絵本も洋書のみを揃える(って、現在もこれに近い)。

彼女の意思は無視して、「将来のため」と割り切り、何が何でも英語環境を出来るだけ揃える。
これは、やろうと思えば出来ること。

ただ、「子ども主体」のモンテッソーリ教育と出会ってしまってから、
今まで疑問視すらしたことがなかった、母のエゴを押し付けること自体に、
戸惑っている自分がいるのです。


もちろん、親子英語は娘のためを思ってのこと。
でも、本当に今必要なのか。
いつか、自分で欲した時にもう一度再スタートするのではダメなのか。

モンテッソーリ教育はゴールを24歳に定めています。
それくらい長いスパンで行われる教育です。
今、英語屋として働く自分の経験から言うと、
24歳で英語に不自由ない状況でいられたら
万々歳!

大成功と言えると思います。
だったら、この幼児期。
もう少し、別の過ごし方があってもいいのかもしれない。

でも・・・。
前半走り過ぎただけに、ストップするには勇気がいる。
こんな状態です。

幼稚園に入れば、また自分の意志でやりたいと思えるような時が来るのでしょうか。
はぁ・・・。
夜な夜な思わずPC相手に呟いてしまった母でした(笑)。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」スタートしました!


ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ つぶやき | コメント(15) | トラックバック(0)
今後の親子英語の道を探る中で見えてきたこと。

「プリスクールを退園する日」で記した通り、Yuzyのプリスクール退園の日まであと1ヶ月ちょっと。

これから、英語をどう進めようかと、ここ数日同じことばかり堂々巡りをしています。というか、退園を決める前にある程度方向性を付けておくべきだったのでしょうが、正直英語のことはすっかり頭から抜けて落ちていました^^;どうやら、集団生活で身につけておくべきことばかりに頭がいき、英語は「おまけ」でしかなかったようです。

でも、いざ退園決定となると、妙に焦る母・・・^^;今までプリに丸投げ状態だったツケがやってきた感じです。

最初考えたのは、プリのアフタースクール。しかし、これから通う園は園バス通園のため、戻りが早くても3時半。そこから今のプリに通うのは時間的に無理。

次に考えたのが、オンライン英会話。これなら毎日自宅で可能!と一瞬喜んだものの、どう考えてもこの月齢では無理です。

そして考えたのが英会話スクール。しかし、これもオンライン英会話と比較するとかなりの額。しかも1週間1回くらいの時間では、果たしてどれほどの効果があるのか・・・。

こんなことを考えている内に、果たして今の段階で英語が必要なのかすらが疑問に思えてきてしまいました(汗)。とはいえ、プリスクールで初めて母子分離を経験し、お友達と遊ぶということを経験した娘にとっては、有意義な時間であったことは確かです。ただ、そう考えると、英語の部分はどうだったのだろうと・・・。

昨日、学内のバイリンガル教育専門の女性教授に、今のような話をしてみたところ、こんな答えが。

「なら、もう少し待ってみれば?年齢を重ねれば重ねるほど、英語の学び方が分かってくるから。低年齢のうちは、難しいよね。」

ちょっぴりショックでした。なぜなら、十分に試行錯誤した後だったからです(笑)。ただ、同じ専門の先生でも、やはり語学は早期であればあるほど良いとおっしゃる方もいます。こればかりは、親がどういうスタンスを取るという問題なのでしょう。

正直今の我が家では方向性がまったく見えません。WMの母とその娘。限られた時間でいかに楽しく学ぶか。いや、「学ぶ」の部分は後からでも出来るとして、今は「触れる」時期。それだけでいいのかな?ちょっぴり欲張りすぎた1年だっただけに、これからは「楽しい時間」をモットーに、「焦らず、欲張らず、前向きに」進めていきたいと思います。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」スタートしました!


ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ バイリンガル育児 | コメント(4) | トラックバック(0)
プリスクールの1年間を振り返る。

前記事「プリスクールを退園する日」にて書いた通り、Yuzyは7月末でプリスクールを退園します。

入園したのは1歳11ヶ月。
昨年の7月でした。

3ヶ月間は泣く日が続き、果たしてどれほどその期間英語を吸収したかは不明ですが。
とりあえず、1年間は継続することができました。

しかし1年間と言っても、昨年までは週2回・1回4時間
今年からは週3回・1回4時間という時間です。
総時間数にしても単純計算で600時間ほど

さぁ、肝心の英語力ですが。
2歳児の英語力を客観的に測るツールがないため、正確にこれだと伝えることは出来ませんが。

日本語と比べると、全く比較にならないほど英語力はありません(笑)。
きっとこれは、日本語がぐいぐい伸びてきて、余計に英語とのギャップを感じるのだと思います。

スピーキングに関しても、一時センテンスが入ってきたと思いきや、最近はまた単語で答えるようなレベルに逆戻り。これは、きっと母が親子英語をサボっている内に、戻ってしまったのかと思われます(汗)。また、最近は外遊びが増え、家でDVDを観るといった時間がほとんどなくなってしまったため、インプット量も前ほどなくなってしまったのかもしれません。

リスニングに関しては、言っていることはほぼ通じています。ただ、返しは単語レベル^^;なぜ、通じていると断言できるかというと、最近の現象として「日本語で答えが返ってくる」から(笑)。もう、彼女の中では日本語経路がばっちり出来上がってきて、わざわざ面倒くさい英語でなんか返さない・・・といった状況に陥っているのかもしれません。

もしかすると、これが「親子英語」の難しさなのではないかと最近感じ始めました。「ママは日本語も分かるのに、なんでわざわざ英語なの?」そんな雰囲気さえ感じます(笑)。

と話が脱線してきましたが、まとめると。
1年間通ってリスニングの素地は出来上がりつつあったのかなと感じます。
ただ、スピーキングは本当にまだまだ。
でも、プリに行っていてもこの状態なので、これは家庭での努力も必要な部分だったと強く感じます。

「預けてさえいればペラペラになる!」
という状態は、海外やインターのプリでない限り、なかなか難しいのかもしれません。

最近強く思うのは、いくら外注しても、任せっきりにしていては、それほど効果が得られないということ。それよりは、オンラインレッスンなどでも、親が実際に確認できる状態の方が、どこがサポートを一番必要としているか分かるため、効果的だと感じます。

とは言え、もちろん娘の月齢ではオンラインレッスンは難しいため、やはりこの時期は親子で一緒に楽しむ!というスタンスが自然な流れなのかなとも思ったり。ここが上手くできないのがワーキングマザーのツライところですが・・・^^;

月齢が低ければ低いほど、使わなくなった言葉はすっかり抜け落ちるといいますよね。
そろそろそんな状況に直面しそうで、母、ただいま老化した頭で知恵を絞り中です(笑)。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」スタートしました!


ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 プリスクール(2歳0ヶ月~) | コメント(0) | トラックバック(0)
ついに決心・・・さようならプリスクール。

プリスクールを辞めて幼稚園へ。
そんなことを思い始めたのはいつだったでしょうか。

あれほど、心奪われて入園させたプリスクール。
まさか、こんなに早く退園を決定する日が来るとは思ってもみませんでした。

結論から書くと、Yuzyは今学期いっぱいでプリスクールを退園します。
来年の3月までは通わせようかと思っていましたが、諦めていた未就園児クラスに
9月から通うことができるようになり、そちらの園に移ることにしました。

そうです。
ついに幼稚園探しも終止符を打つときがやってきたのです。

選んだ園とは・・。
プリスクールでもない、モンテッソーリ園でもない「ご近所幼稚園」です。
英語の時間は年長さんで週1回30分のみ。
もちろん、モンテッソーリのような縦割り保育でもありません。

6月に入り幼稚園見学がスタートすると同時に見学会に参加。
裏切られました(笑)。

やさしい先生。
遊具で溢れた園庭。
光いっぱい差し込む園舎。


そして、何よりも決め手となったのは子供たちの笑顔。

やっぱりお友達が多いっていいな。
先生と日本語でコミュニケーションが取れるっていいな。

こんな当たり前のことを感じた時間でした。

とは言え、プリスクールが悪かったのかと言うと決してそうではありません。
たまたまYuzyのクラスは超少人数だったこと。
その結果、補助の日本人の先生が付かず、日ごろの様子が以前ほど分からなかったこと。

先日、プリスクールで保護者会がありました。
お母さん方、みんなお子さんの成長をとにかく喜んでいました。

「家でも英語がどんどん出てくるようになった。」
「先生と英語で話している姿を見ると、たくましさを感じる。」

そんなお話を聞くと、正直後ろ髪引かれる思いでした。
しかし、人見知りが人一倍激しい娘には、今必要なのは語学よりも集団での生活。
そう思えた瞬間、プリスクールを後にしなければならないことは決して間違った選択ではないと思えました。

さぁ、ここからが「親子英語」が本当に試されるとき。
今まで完全にプリに頼っていて、正直親子英語と呼べるようなことは何もできていません(特にここ最近。)

ただ、モンテッソーリと出会ったことで、何が何でも英語!と執着しなくなったことは事実。もしかすると英語に必要以上に縛られていた母を解き放つためにこの教育法と出会ったのかも・・・そんな風にも思えます。今、娘に必要なこと、娘が興味を示すことを好きなだけやらせてあげたい・・心底思えるようになりました。

でも、やっぱり英語は捨てられない(笑)。
ワーキングマザー、果たしてどれだけ親子英語を極められるだろうか・・・?(汗)

ここからが正念場です。

P.S.ブログ放置中、こんなところで新たなブログ立ち上げていました~(笑)。
モンテッソーリ教育に興味のある方いらっしゃいましたら、ぜひ遊びに来て下さいませ^^

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 プリスクール(2歳0ヶ月~) | コメント(4) | トラックバック(0)

2歳10ヶ月の成長記録

2013/06/02 Sun 02:11

幼児期の自然な過ごし方って!?

かなり放置気味のこのブログ。日々の記録を残そうと思っても、実は残せるような内容が何もないというのが現状の日々でした(笑)。しかし、この1ヶ月。私たち親子にとっては、今までにないといっても過言ではないほど楽しかったひと月でした。

まず、公園デビューがスタート!(笑)
いや、今までも公園には幾度となく足を運んでいましたが、これほど日々のルーティーン化したひと月は今までなかったのでは・・・。週末は何処に行こうか?と頭を悩ませることも多かったのですが、今ではもっぱら公園。午前中、パパが連れて行き、その後お昼ご飯でママが合流というパターンが続いています。

そして、Yuzyが喜んでいることのもう一つがお友達との交流!
近くの韓国人のお友達と定期的に遊ぶようになり、まして相手は男の子のため、遊びがハード!一緒に公園に行っても、ついていくのがやっとのYuzyですが、お陰で体力も付いているし、今までママと家遊びが中心だったのが、かなり外遊びが増えた1ヶ月でした。

でも、お陰で夜の就寝時間が早まり、細々と続けて来た読み聞かせの時間。
消滅しつつあります(笑)。
でも、これって幼児期の一番自然な過ごし方なのでは?とここに来て悟る母(遅い!?)
今までは英語をやらせたい一心で、空き時間があれば英語英語と目くじらを立てていましたが、かなり母の中では英語が抜けてきています^^;

とはいえ、本人はやはりプリスクールの影響もあってか、鼻歌は英語。気が付くと、「ママ、これなんていうの?えいごで!」的な発言が増え、英語に対する興味はまったく失せてはいないようです。

って、前置きが長くなりましたが、まとめ。

今月の英語
◎身の回りのものへと興味が増してか、やたらと「なんていうの?」を連発。(でも、これは日本語でも同様。)
◎気が付いたら、フォニックス読みだけではなく、アルファベット読みも覚えていた。(これは、完全プリのお陰。)
◎とにかくアルファベットへの興味はピーク。気が向くと、町中片っ端から店の名前を読んでいく(笑)。


今月の日本語
◎憎まれ口が止まらない^^;
◎「あのさ〜」から会話がスタート。
◎とにかく何に付けてもごまかしが一切効かなくなってきた(笑)。


って、もう「今月の日本語」って書いている時点でおかしい感じになってきましたが・・・^^;

今月の韓国語(おまけ)
◎5曲はほぼマスター
◎韓国人のお友達と過ごす時間が長くなってか、韓国語を話し出すと、「ママ、それかんこくご?」などという。
◎日本人には難しいと言われている韓国語の発音。真似させると、まったく苦労せず完全コピー^^;


まずい。そろそろ英語を抜く日がくるかもしれません(こんなに早く来るとは思わなかった^^;)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

◆ Yuzyの成長記録 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。