スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
目指すは『アカデミックに使いこなせる英語力』!!

最近、ぽつぽつとセンテンス単位で英語が出るようになってきたYuzy。嬉しさと同時に、これからどのように英語と向き合えば良いのか悩みは尽きません。

一口に英語と言えども、一体何を望んでいるのか・・。そう考えた時、今のママの想いは「アカデミックに使いこなせる英語力」。そう思うと、いくらプリスクールに週5日通って、英語のシャワーを小学校入学前まで浴び続けたとしても、やはりそれは「遊びで身に付けた英語」。決して「学習するために身についた英語」ではありません。とすると、鍵となるのは、小学生以降、いかに「読む・書く・聞く・話す」の4技能をバランスよく身に付けることができるか。

そのためには、どうしても「Reading」「Math」「Science」などの教科を通じて、欧米圏の子どもたちが学習するようなカリキュラムが必要なのではないかと思います。まさしく「英語で学ぶ」ということです。しかし逆を言うと、日本語に関しても同じことが言えるのかもしれません。もちろん、日本人として日本に暮らす以上、第2外国語を習得するのとは異なる部分もあるのでしょうが、基本はやはり教科を通じて学習する。このプロセスは避けられないのだと思います。イマージョン教育の場合、消化不良になるケースがあるというのも、場合によっては日本語のこのプロセスが十分でない場合があるのかもしれないですね。(と言えども、やはり魅力的なイマージョン教育ですが^^;)

総体的に考えると、いかにアフタースクールを充実させるか。ここが上手くいけば、案外バランスよく日英身に付けることも可能ではないかと、希望的観測に過ぎない?ことも思ってしまったりするのですが(笑)。でも、実際に小学生のお子さんをお持ちの方々のブログを拝見すると、本当に英語に割ける時間は限られているようですね。もちろん家庭により優先順位が異なるのでしょうが、なかなか日頃使うことのない英語を、モチベーション高く持って取り組むことは、やっぱり難しいのかもしれません。でも、それもこれもすべてはママのモチベーション次第!と思いたいです(笑)。

まずは、Classroom Englishのサポートを目指して、ママが一歩一歩Elementaryの過程をこなしていきたいと思います^^

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
いいもの「ORT Read at Home Floppy's Sticker Book 」!?

ORT Koreaにて大人買いをしてしまった際、一緒に購入したのがこちら。

「Read at Home Floppy's Sticker Book」


2歳3ヶ月のYuzyは、シール大好きといえども、まだ至る所にべたべた貼るだけなので、まだ隠しておこう・・・と思っていたのですが・・・。最近は、手に負えない場面が多く、良くないと分かっていても、ついつい「いいものあげるから、言うこと聞いて。」と物で釣る作戦に走ってしまい・・・。

思わず出してしまった一品です。

1127ORT2.jpg
こんな風にA4フルカラーで、通常のORTよりも大きいため、なかなか豪華です。
シールを貼る部分は白くなっていて、自分で同じ形を選んで貼っていく形になっています。

1127ORT3.jpg
なにもかも無視して自由奔放(すぎる)Yuzyでしたが、ちょっぴりやり方がわかってきたようです。若干ずれていますが、案外貼れていてびっくりしました。

1127ORT4.jpg
やっぱりこのRobinson一家を見ていると、それだけで幸せな気持ちになってしまうYuzyママ。最近は、ホームスクーリング教材と向き合う日々で、なかなかORTまで手を出す余裕がありませんでしたが、やっぱりこうして絵を見るだけで嬉しくなります。

1127ORT5.jpg
そんなママをよそに、Yuzyは毎日一人ORTと向き合っています(笑)。
DVDも毎日観るし、本も持ってくるし、ゲームも広げるしで、ママは嬉しい雄叫び^^;購入当時は食いつきが悪かったら?なんて思ったりもしましたが、そんなのは杞憂に終わりました(笑)。最近は、Chip,Biff,Kipperではなく、Annenaがお気に入り!知らぬ間に結構マニアックな域まで来ているようです(笑)。

ママもちょっとORTで英語の勉強を再開しようかな?

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 ORT | コメント(4) | トラックバック(0)

ThanksgivingもBrain Pop Jr.で。

2012/11/26 Mon 06:55

楽しすぎるEducational Resources!

ホームスクーリングのCalvert Schoolには、テキスト・ワークブック以外に、オンラインのサポート教材が豊富です。その中でも、ママが一番お気に入りなのが、Brian Pop Jr.!主人公の女の子が若干でシニカルで、ちょっぴりSouth Park等を彷彿させます^^;(と言っても、こっちは大真面目な作りですが。)Yuzyを寝かしつけた後、毎晩1話ずつ見るのが、楽しみです。

先週は日本も勤労感謝の日、アメリカもThanksgivingとあり、その週の"Movie of the Week"では、"Thanksgiving"がピックアップされていました。ピルグリムとかパノアグ族とか聞いたことはあっても、恥ずかしながら感謝祭の由来までは知らなかったママ。アメリカで幾度となくTurkeyを口にしていたにも関わらず、今回初めて学習しました(汗)。また、Brian Pop Jr.では、映像だけでなく、それに関連したActivity、Vocabulary、Background Information、Game、Easy Quiz、Hard Quiz等が用意されていて、これだけで十分授業が成り立ちそうな作り。思わず有料のiPhone版も購入してしまいそうな予感です(笑)。

ちなみに今年のThanksgivingは、上司がニュー山王ホテルのThanksgiving Lunchに連れて行ってくれました。さすが米軍の施設だけあって、故郷の味を求める人たちがずらりと列をなしていました(アメリカ人もこういう時は並ぶのね・・・と思ったり^^)。ママはTurkeyよりもデザートの豪華さに目を奪われ、テンションあがるあがる(笑)。
Thanksgiving2.jpg

あー、この日のランチの前にBrian Pop Jr.で学習しておけば、もう少しThanksgivingトークで盛り上がることができただろうに。うーん、来年はがんばろう^^

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ ホームスクール | コメント(4) | トラックバック(0)
手ごわすぎるLanguage Arts。

Calvert Schoolのホームスクール教材がこんなボックスでどっさり届いてから、毎晩少しずつGrade1の科目を勉強しています(あっ、Yuzyではなく、ママがです)。


本当に噂通り、文字さえ読めれば・・・というだけあって、とにかくInstructionがこれでもかっ!ってくらいに、丁寧です。全教科のレッスンを目を通した感想。

Language Arts以外は教えられそう(笑)。

不思議なことに、ScienceとかSocial Studiesとか、いわゆる知識の蓄積の教科は、このマニュアルさえあれば、なんとかなりそうな予感です。
Calvert4.jpg

ただ、Non-nativeの親にとって一番厳しいのはLanguage Arts、いわゆる国語(英語)かもしれません。特に低学年のうちは、まだPhonicsが中心となってカリキュラムが組まれているため、ママ自身がSound Letterをきちんと習得していないと、モデルとなる音声を提供できない・・・これが痛手です。だからといって、Sound Letterをマスターしたところで、実際の発音はやはりネイティブのそれとは異なるため、うーん・・・難しい。アメリカのカリキュラムを採用しているスクールが、Language Artsを中心に授業を行う理由が、ここに来て非常によく分かった気がします。

また、ScienceやSocial Studiesはそれぞれテキストが1冊(プラス、補助教材として映像教材、実験キット等)なのに対して、Language Artsは・・・

●Houghton Mifflin Reading Text 5冊
●Spelling Book
●Writing Book
●Reading Work
●Reading Word Cards
●Phonics Library
●読み聞かせ教材
●詩集


Calvert2.jpg

これだけの教材が揃っています。まず、その日に学習するPhonicsのSound Letterを3つ程度取り上げ、個々の音の練習、Blending、Rhyming、Reading(Sentenceの中での練習)、Listening、Writingと、あらゆる角度から集中してそれぞれのLetterを馴染ませていくよう、プログラムが工夫されています。なので、レッスン1回の間に使うテキストは数知れず・・・。英語ネイティブでさえ、これほどまでに徹底して訓練していくとは、本当に驚きました。
Calvert3.jpg

こうしてLanguage Artsのカリキュラムを知れば知るほど、外注するしかないのかな・・・と諦めモードになっていくママ(汗)。でも外の機関に頼っても、結局宿題等のフォローアップは必要だろうから、やっぱりここで流れをつかんでおくのも一つの手かな?とも思っています。

そうそう、最近Yuzyと英語で会話が少しずつ成り立つようになってきました。プリスクールに通っていると言っても、週2回なので、確実に日本語が優位の彼女。分からないだろうな・・・と思うことでも、案外聞いてみると、単語レベルなら答えが返ってきたり。こうして、少しずつ会話のキャッチボールが出来てくると、ママの語りかけもちょっぴり気合が入ります^^

あー、英語がんばろう・・・(母がです。)

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ ホームスクール | コメント(4) | トラックバック(0)
冷蔵庫で楽しくフォニックスのお勉強♪

ここのところ学校探しに気をとられていて、まったく教材に手を出していないママでしたが、ちょっとひと段落した今、またまた購買欲が増してきてしまいました(汗)。

購買欲というよりは、Yuzyの成長のスピードにママが付いていけないというのも理由です。
今回購入したのは、お馴染みLeapFrog社のこのPhonics教材。
「LeapFrog Fridge Word」です。


最近、プリスクールでアルファベットを習い出したせいか、文字に興味津々のYuzy。
以前購入した「Jolly Phonics Magnetic Letters」を引っくり返しては、何と読むのか聞いてきます。



実は、Phonicsのレターサウンドがまだしっかりと身についていなかったりするママ。
結構適当な発音をしてしまったりするので、すぐに発音が確認できるものがないかと購入したのが、今回の「LeapFrog Fridge Word」です。

これは3つのレターを組み合わせて遊んだりと今のYuzyにはまだ難しい機能もあるのですが、もう一つのバージョン「LeapFrog Fridge Phonics」は大文字でまだ習っていないため、今回は小文字版のこちらを購入しました。と言えども、大文字を習ったら、こちらも買ってしまいそう・・・。

個々のレターサウンドの発音をするだけでなく、センテンスでおしゃべりしてくれるので、ヒアリングにももってこいです!また、アルファベットソングが聞けるボタンもあるので、大声で一緒に歌っています。

と、Yuzyにも評判上々のこちらの商品ですが、一番助かっているのはママだったり・・・。
その場で発音が確認できるのはとっても助かります。

本当はBritish Englishをマスターしたいなんて淡い夢もあったのですが。
それは、永遠の夢となりそうです(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 Jolly Phonics | コメント(0) | トラックバック(0)
聞き上手になって会話に参加しよう!

最近、Yuzyの就寝と共に落ちてしまい、なかなか自分の時間が持てなかったママですが、昨日は眠い目をこすりながら、ホームスクーリングのオンライン教材を色々と視聴してみました。本当に海外のEducational Siteは充実しているなぁと改めて実感。ちなみにこれらのページにアクセスする前に保護者に課されているタスクがあります。"Computer Health""Computer Safety"と題して、これからどうパソコンと向き合っていけば良いのか、子どもに説明することです。



それぞれの教科には映像視聴が必要な場合も出て来るため、まず最初はパソコンの安全な使用法の説明が義務付けられているようです。ちなみにGrade1のカリキュラムの中にはTechnologyも含まれているため、実際のPCの操作は、この授業の中で学習していきます。

昨夜ママが釘付けとなっていたのが、"Language Arts"の中の"Active Listening"と題された4分程度の映像。そのまま日本語にすると「積極的傾聴」と、大げさな感じになってしまいますが、要はどのようにして人の話を聴くかということ。面白いなと思ったのが、「クラスメートがディスカッションを行っているとき、あなたが参加する方法として、<相手の話を積極的に聞く>とういことがあります。」という説明。ついつい、人が話している時は、自分の出番ではないという感覚に陥ってしまうママですが、アメリカでは人が話しているときも自分も参加!なんですね。「また別の参加方法としては、相手が言ったことの中から、学んだこと、面白いと感じたことなどコメントする。」「そして、その人が話し終えたとき、相手の言ったことを確認する、追加の情報を求めるなど、質問をする。」などなど・・・と続きます。思わず、そっか・・・人の話ってそうやって聞くのかぁ・・・と今更ながらに納得してしまったYuzyママです。

毎朝出社すると、5分、10分とアメリカ人の上司とその日の業務の確認を含めて世間話をするのですが、いつも彼の話はすごく興味深いのに、いまいち反応不足だなぁ・・・と日々感じていたママ。逆にママのどうでもいい話を上司にすると、そこから話が膨らむことがすごくあるので、これもまた上司の"Active Listening"のお陰かも?などと思ってしまいます。あぁ、これからちょっと"Active Listening"を心がけてみよう!

と、Yuzyのための購入のはずが、ママが一番必要だった!?(笑)

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ ホームスクール | コメント(0) | トラックバック(0)

今日からCalvert SchoolのGrade1?

2012/11/08 Thu 06:46

早速、オンラインバージョンにてホームスクーリング始動!?

数日前に申込みをしたアメリカのホームスクーリング、Calvert School。申し込んだ翌日にスクールよりMy Portalという自分のページへのアクセス情報が送られてきました。

アメリカの小学校のカリキュラムが見てみたい!という気持ちだけで申し込んだこのホームスクーリングでしたが実際に送られてきたページを見てビックリ。後ほどペーパー版として届くLesson Manual以外にも、教科書などもe-Textbookとして閲覧できたり、また毎日の学習記録が残せるGrade Book、i-Library、その他Online Resourceが満載です。またSocial Studiesなどはビデオ学習も数多く含まれるため、そちらの映像もこのページから視聴できるようです。



一番気になっていたLesson Manualですが、中身を閲覧してこれまた仰天!!「文字さえ読めれば誰でも指導できる!」と言われていたあの文言通り!!あのアメリカにここまで懇切丁寧な物が存在する?(失礼)と思われるくらいの丁寧さでした。

Lesson Manual

具体的にはこんな感じ。

○○の教科書を取り出します。○ページを生徒に開かせます。絵を見せて、以下のような説明をします。その後、以下のような質問をします・・・。


のような感じのくだりです(笑)。
もちろん生徒側の答えも記載されているので、教える方としては、基本的にこのマニュアルを読んであげればOK。もちろん、色々とアレンジを加えながら行う方がベターな場合もあるのでしょうが、日本語ですら教えられるか分からないYuzyママにはここに書かれていること以上のことは思いつきもしません^^;

さすがアメリカ!と思ったのは、Reading Strategiesが小学校の時から徹底されていること。一つのリーディングに対して、「推測をする」「要約をする」「評価をする」「疑問を投げかける」「観察する」など、これらのストラテジーをきちんと明確にしながら読ませるといったことがこの年齢から徹底されていることには驚きでした。このような読み方に慣れず、大学入学後、アメリカで苦労したママ。幼い内からこのような訓練が出来ていたら、もう少し楽に授業に臨めたのではないかとつくづく感じます。

なんだかLesson1から圧倒されている感じですが・・・^^;これから少しずつ研究を楽しみたいと思います(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ ホームスクール | コメント(0) | トラックバック(0)
まずはカリキュラムを検討することから・・・。

最近ずっと続いていたYuzyの小学校選び。小学校入学まではまだまだあるものの、場合によっては付属の幼稚園を選択しなければならないこともあると踏んで、学校見学の日々でした。詳細はまたいつか記録しておくとして、まず考えたのがインター。どうしても英語教育が捨てられず、やっぱり考えてしまったこの選択。でも、色々な書籍を読んだり、実際通っている人たちの話を聞いたりしていくうちに、やっぱり我が家には幻想だったと気が付きました(笑)。

次に考えたのが、イマージョン校。これまた、とっても魅力的な部分も多いのですが、Yuzyパパ・ママの通勤圏内にはほとんど存在しないのが事実。でも、一日24時間しかない中で、両方やろうとすると、やっぱり日本語で教育を受ける時間が減ることは事実だったりして、これも後々選択肢を広げようとすると、我が家の選択ではないのかも・・・と今のところ断念。

そして、英語教育が少なくとも公立小学校よりは盛んな私立小学校。うーん、これに関しても、英語という観点だけで見ると、アフタースクールやサマースクールを有効利用した方が効果的かも?という結論に至り、結局我が家は、家から2分の公立小学校で落ち着きそうな予感です(笑)。(でも、Yuzyママのことだから、いつこの学校探し熱がまた浮上してくるか分からない^^;)

ということで、まずは家でどの程度サポートが出来るのかということを検討するために、USのホームスクーリングのGrade1を申し込んでみました。オンラインのInformation Sessionに参加して、良さそうだったのがこちらのスクール。ホームスクールで有名なCalvert Schoolです。ここを選んだ理由は、アメリカでは宗教が関係したホームスクールが多い中、ここは無宗教であったということ。そして、①教材のみの購入②添削指導付き③ビデオ講座付きなどと、自分の用途に合わせてカリキュラムを選択できることが魅力でした。今回は、まず教材を実際に見てどのようにサポートできるかということを見るために、ママは一番ベーシックなプランのGrade1の教材のみの購入をしました。

実際には、Grade1の前に、それぞれPre-K、Kindergartenと用意されているのですが、フォニックス、読み聞かせ等のプログラムが多く含まれていて、これはJolly Phonics、ORTと使いたい教材に迷いがないため(笑)、それ以降の小学1年から選択。含まれる教科は以下の通りです。

★Reading
★Writing/Composition
★Science
★Social Studies
★Technology
★Poetry
★Games & Activities


実はここにMathが入るのですが(しかもSingapore Math!)、Mathに関しては今でも日本の方が進んでいるであろうし、日本の教科書の英訳版が簡単に入手できるので、今回は選択から外しました。こんな風に、自分のニーズに合わせてカスタマイズできるのもこのスクールの魅力です。でも、このスクールの一番の売りは、「文字さえ読めれば誰でも指導ができる!」と言われているほど、毎日のカリキュラムの指導要領が丁寧なこと。教材のみであれば、もっと格安で入手できる方法はいくらでもあるかもしれませんが、実際に教えるとなるとガイドラインがないと難しいため、ママはこちらのスクールを選びました。

発送はFedExを選択したため、1週間以内には届きそうです。アメリカの大学の課程は分かっていても、小学校は全く未知の世界・・・。これからもリサーチはしばらく続きそうです。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ ホームスクール | コメント(2) | トラックバック(0)

2歳3ヶ月の成長記録

2012/11/01 Thu 06:22

恐るべし魔の2歳!!

今月のYuzyはと言えば、プリスクールでHalloween Partyがあったり、お芋堀りがあったりと、イベント満載でした。そのために週末は色々買い物に行ったり、結構準備も楽しかったな~(と言いつつ、ママは土日のどちらかは必ず一人で出かけていたような^^;)

英語に関して言えば、とにかく文字への興味が凄すぎて、ママが全く追いつかない状態。アルファベットで書かれたものを見つけては、「これは?これは?」と読み方を教えてくれと何度もせがんでくる状態。まだアルファベットの名前ではなく、フォニックス読みで教えているため、たまに聞かれてママが読み方がわからなかったり・・・。まずい・・・本気でママがフォニックスをマスターせねば・・・。

と言う訳で今月の英語のまとめ。

◎アルファベットに興味津々。小文字はいつの間にかかなり読める字が多くてビックリ。プリでもそれほどまだやってないはずなので・・・とすると、やっぱり一番効果を発揮しているのがJolly Phonics Song。
◎ワークは順調。"big small""tall/long short"など概念が分かってきたみたい。このワークのお陰で筆圧が大分出てきて、色塗りが上手に。
◎ワークには、自分の名前だけでなく、パパ、ママ、たまにじぃじ、ばぁばまでの名前を書かせられる。ここからアルファベットは習得しているよう。
◎ママがワークに日付を書くことから、"Today is"と言うと、"October"と即座に反応。今日から"November"と教えなければ・・・^^;
◎数字ももう少しで20まで数えられるようになりそう。"fourteen""fifteen"辺りでごちゃごちゃになる。


日本語のまとめ。
◎名前が分からないものに関しては、一生懸命色、形などを説明しようと頑張ってる(笑)。
◎もらうとあげるがごちゃごちゃ。
◎「ごめんね」をよく使うけど、たまに使い方間違えてる?
◎「今何時?」と聞くと、答えはいつも「6じ」。
◎本当に人の話を聞きすぎてて怖い。常に口出しされている感じが・・・(笑)。

こうやって書いてみると、日本語に対してのママの評価は厳しいなぁ・・・^^;でも、やっぱり女の子はお喋りだと言うけれど、本当だと感じる毎日です。そういえば、昨日前の上司に"How's Yuzy?"と聞かれ、"She talks a lot!"と答えたら、"Just like mom."と・・・。うーん、間違ってないかも。

今月も引き続きママの頭の中はプリスクール後の英語維持についてでした。週末も一つ学校を見てきます。(実は学校というより、その土地を見てみたい・・・)


P.S.最近ショッピングに目覚めた娘。毎日パパ、ママが帰宅すると、「なにかってきたの?」と。何にも買ってきてませんよー。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ Yuzyの成長記録 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。