スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
イギリス英語に恋してる!?

きっと親子英語を実践されている方なら、一度は考えたことのあるトピックではないでしょうか。でも、Yuzyママは最近まで考えたこともありませんでした。なぜなら、我が家にはイギリス英語という選択はなかったからです。

ママが幼い頃触れた英語のCD付き絵本はすべてアメリカ英語。大学時代もアメリカ。現在在籍の大学院もアメリカ。勤務先もアメリカンスクール。そして、Yuzyの通うプリスクールもすべて先生はアメリカ人。

これでもか!というくらい、アメリカ三昧だからです。というより、イギリスはあまりにも馴染みが薄く、イギリス人の教授たちと話していても、なんだか妙に構えてしまい、どちらかというとイギリスを避けていました(笑)。

しかし、そんなママに転機が訪れます。それは、Oxford Reading Tree(ORT)との出会いでした。絵本を通してみるイギリスは、とっても心地良く魅力的。図書館で借りたORTのCDも、イギリス英語に酔いしれたくて何度もリピートしています。ここまでは良かったのですが、ママを悩ませることとなったのがイギリス発のJolly Phonicsを知ってからでした。

今まで一度もフォニックスを勉強したことがないママが、初めてフォニックスを学習しようとしたとき、最初に突きつけられたのは『イギリス英語で学ぶかアメリカ英語で学ぶか』ということ。周りは「アメリカ英語しか選択ないでしょ。」とひと言で片付けられますが、最近イギリス英語に魅了されているママは、ここにきて一から学んでみたい!なんていう欲望がうずうずと巻き起こり・・・。幸か不幸か(笑)、Jolly Phonicsのホームページには、42のレターサウンド(文字の音)の音声が、イギリス英語、アメリカ英語とどちらも存在します。ただ、このシリーズの他の教材(DVDやCDなど)は、イギリス英語しかなく、Yuzyが毎日喜んで見ているJolly Songもイギリス英語。そして、The Magic KeyのDVDもイギリス英語で観ています(アメリカ英語の選択もあるにも関わらず、Robinson一家が話すのは米語ではなく英語と決め付け、ママがイギリス英語に設定^^;)

日本にいる以上、アメリカ英語と触れる方が圧倒的に多いでしょうし、どちらか一つだけを選ぶのは難しいのかもしれません。でも、だからこそ、普段あまり触れる機会がないイギリス英語にも触れさせてあげたいなぁ・・・などとも思ってしまったり。うーん、悩むところです。

フォニックスをイギリス英語で学び、プリではアメリカ英語、そして家でも母のなんちゃってアメリカ英語。これってやっぱり混乱をきたすのでしょうか?やっぱり統一した方がいいのかな?

と、悩みながらも、イギリス英語に挑戦しそうな母です。Yuzyと一緒に一からスタート!ということで、これまたありかも?

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
◆ バイリンガル育児 | コメント(6) | トラックバック(0)
恋する乙女、Yuzyちゃん(笑)。

Yuzyが生まれる前、ママが彼女のために用意したグッズはすべて無地!!キャラクター物が苦手なママには、普通の選択でした。

が・・・。

出産を経験し、ママ自身に母性本能が備わってしまったのでしょうか?Yuzyが半年の頃、ママが一目惚れしたのがメイシーちゃん!メイシーちゃんの絵本を手に取ると、とっても幸せな気分に!!(Yuzyはもちろん、大スルーです^^:)そして、今はというとORTのRobinson Family(笑)。あのイギリスのほのぼの家族を見ていると、本当に心が安らぎます。

そんなママの気持ちを知ってか、Yuzyが今、大はまりなのがRobinson Familyの末っ子Kipper^^The Magic Keyを見ていても、Kipperが映ってない場面だと「きっぱー、ほしい」と大騒ぎ!絵本を見ていても、Kipperが載っていないと、「きっぱー、いない」とページを捲り探し出す始末^^;

あれだけ絵本に興味がなかったYuzyですが、最近すごい勢いでORTを持ってくるのを見ると、本当にキャラクターの力は大きいな・・・と実感しているママです(ママと趣味が合ったことにも感謝^^;)。

と、ここで大好きなKipperにもう一肌脱いでもらいましょう(笑)。

ママが考えたのはこちら↓


歯磨き嫌いのYuzyをなんとか歯磨きさせようと、Kipperの歯磨きシーンを拡大コピー!(元々の絵は写真の中の右下。拡大率何パーセントだろ!?^^:)最近、ぬりえにはまっているYuzyへの『Kipper+ぬりえ』のダブル作戦です。

ちなみに、元の絵はここから↓コピー。


ORTのワークブックです。ワークブックは何種類か出ているようですが、こちらは塗り絵や鉛筆を使っての練習など、小さい子向けのアクティビティーが多く、ORT Korea内Inbooksから、またまた取り寄せてしまいました^^;(画像は、Inbooksより掲載許可を頂いています。)
1workbook_01_060821170542.gif
1workbook_02_060821170542.gif

まだYuzyには早いこのワークブックですが、まさかこのような使い方があるとは・・・(笑)。鉛筆でさらっと書いたような作風のKipper達がふんだんに載っているので、エコモード(しかもかなり薄く・・・!)でコピーをしてぬりえに変身しています。

「ちゃんとはみがきしたら、ぬりえしようね。」と言うと、「はみがきするー!」と。どうやら、作戦は成功!

願わくは、ずっとこれからもKipperを好きでいてくれること。案外熱しやすく冷めやすいからなぁ・・・誰に似たんだろ!?(笑)。

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 ORT | コメント(0) | トラックバック(0)
2歳児の言い訳・・・。

2週間のお休みを終え、ついにプリスクールの2学期がスタートしました。毎日余裕な感じで過ごしていたYuzy(笑)。プリスクールの日の朝は、いつもテンションが低いのですが、この2週間でそんな状態も忘れてしまい・・・。毎日、アンパンマン三昧でやりたい放題の日々。

が・・・。
今日からはまたいつものローテンションがスタートです(笑)。

不思議なことにYuzyは「いきたくない」とは言わないんですよね。でも、その代わりに「あした、いく」と。要するに今日は行かないらしいです(笑)。なんか、2歳児の言い訳って面白い。

久しぶりに行ったプリスクールですが、最初はぐずったものの、案外すんなり入っていけたようです。

先生からの報告は・・・。
◎泣くことが多かったが、ランチは完食(笑)。
◎泣いているのに、英語は理解している。


なんだか、2つ目の報告が笑えました。
泣いてるけど、理解してるって・・・。
なら、泣いててもいいや!などと思ってしまったDevil Yuzyママです^^

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 プリスクール(2歳0ヶ月~) | コメント(0) | トラックバック(0)
フォニックス・・・やるべき!?それとも、やらなくていい!?

先週末、急に訪れたYuzyの絵本デビュー(笑)。相変わらず、就寝前になると「ごほん、よむ」と絵本を持ってきます。この時を夢見ていたママにとっては、嬉しい誤算。ついつい絵本と向き合う時間が長くなり、「Yuzyの就寝時間が遅くなる→ママのお勉強タイムが減る」という図式になりつつあります^^;

そろそろ読み聞かせの準備も・・・と、ORTの購入を検討しだした時。ちょっぴり懸念していたのが「フォニックス(Phonics)」という存在。英語育児らしきことをスタートさせてから、英語育児ブログで何度も目にしたこの「フォニックス」。名前は聞いたことはあるけど、ママ自身は勉強をしたことがないのはもちろんのこと、それ自体も何なのかいまいち分からずにいました。

「あ」なら「あ」と発音と文字が一対一に対応している日本語に対し、英語の綴りは本当に複雑。中学のスペリングコンテストでは、ひたすら英単語をカタカナ読みしながら暗記した記憶があります^^;それがフォニックスを学習すると、英語の綴りと発音のパターンを覚えることで、リーディング学習を容易にしてくれるらしいのです!

「うん、これはやらない手はない!」とすぐに飛びつきたくなったYuzyママでしたが、この話をバイリンガル教育を専門とする大学院教授マー先生にしたところ、先生は「う~ん」と一言^^;先生の意見では、このような規則的、合理的な方法は指導者にとっての方法であり、実際、学習者側からするともう少し感情的で動的なものだということ。規則を教えようとする指導者(Rule-bound)に対し、学習者は楽しいものを求める(Attractor-seeking)。幼児の場合、なおさら"fun stuff"でないと、効果は半減してしまうというのです。

ここでママからの疑問。なら、なぜ先生が教鞭を執る大学院の授業では"Sound System"というフォニックスの授業があるのか?というもの。すると、やはり指導者は知っておくべき方法であるというのが先生のお答え。要は、『そのままフォニックスの規則性を子どもに押し付けるのではなく、子どもが楽しめる方法で自然に触れさせていく。規則を規則だと教えるのではなく、一番理想的なのは子ども自身が規則を見出せるくらいに、色々と触れさせてあげること。でも、忘れちゃいけないのは楽しくないとね!』と、マー先生。なるほど・・・!と、またまた頷かされてしまったYuzyママです。

Yuzyの通うプリスクールでは、2歳半からフォニックスの勉強が始まります。どちらにしても、あと半年で始まることだし、まずはママが学習せねば!と色々とフォニックスに関する教材を手にとってみた結果、ママが選んだのは定評のあるイギリス発のプログラムJolly Phonicsです。イギリス国内はもとより、オーストラリア、ニュージーランド、そして最近ではアメリカでも導入され、世界100カ国以上で支持されているというこちらのプログラム。

とにかくマー先生のおっしゃる「楽しさ」が全面に出た画期的なプログラムです!基本となる42のレターサウンド(日本語のひらがなに相当)すべてに、①ストーリー②絵③振り④歌がついていて、とにかく五感をフルに活用して体得していくというこの方法。これならマー先生のおっしゃる「楽しみながら自然と身につける」という方法に適っていて、Yuzyママ本格始動です!(笑)

まず、日々熟読を繰り返しているのがこちら・・・"The Phonics Handbook"。基本の指導法が記載されており、お家でJolly Phonicsを教えたいママにはマストアイテムです。それぞれのレターサウンドにまつわるストーリーも載っています。


そして、メインテキストとなるのはこの"Finger Phonics"

finger phonics

可愛いストーリーにまつわる挿絵と共に、振りの説明が付いています。また、"Finger Phonics"というタイトルの如く、それぞれのレターサウンドには厚紙の切り抜き文字が載っており、指でなぞって書く練習ができます。

それぞれのレターサウンドの音声は、Jolly Learning」のHPで聴くことができます。(イギリス英語、アメリカ英語の両方が聴けます。)

そして、Yuzyも大のお気に入りの歌は、YouTubeのこちらにて↓


これだけシステムが整っていると、ママとしては悩まなくて良い!実は、これが一番Jolly Phonicsを気に入っている理由だったりします。何か新しいことを学ぶとき、一番の頭痛の種は、その勉強の仕方が分からず、勉強そのものではないことが多かったりします。でも、これほど徹底したインストラクションがあるJolly Phonicsは初めてフォニックスを勉強する人にも分かり易くおススメです。

というわけで、しばらくORTと共に、こちらでPhonics漬けになりたいと思います^^

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 Jolly Phonics | コメント(4) | トラックバック(0)

初めての読み聞かせ!?

2012/08/28 Tue 06:35

祝!!ついに来るときが来た!?(笑)

先週土曜日。パパが不在だったため、Yuzy親子は下の階のばぁば宅へ。夕飯もお風呂も済まし、後はもう寝るだけ!という状態で自宅に戻ったものの、Yuzyの目はぎらぎら。就寝時間を過ぎても、全く寝る気配がなし。

ということで、やってみました。親子英語を実践されている皆さんたちが行っている、Bed Time Story!就寝前の読み聞かせです。でも、ただ絵本を広げても、全く勝手なるペースで絵本を捲り続けること間違いなしだったので、ちょっぴり遊びの要素を取り入れてみました。

それが、これ↓


メイシーちゃんシリーズの着せ替え遊びができる絵本です。


着替えのパターンは、200パターン以上あり、それぞれのアイテムの呼び名が書かれています。花柄のシャツは、単純に"flowery shirt"なんですね^^などと、まずはママがお勉強^^;

順番に色々とパターンを試してみて、"This looks strange!" "This is cute."などママのセンスでコメントしてきます(笑)。普段まったく絵本に集中しないYuzyがこれほどまでにじーっと聞いているのには、訳が・・・。

最後のページが、彼女にはお楽しみなのです。

で、これが最後のページ↓
maisy2.jpg

はだかんぼうのメイシーちゃん!(笑)普段お風呂上りに裸で走り回るYuzy・・・。その度に「恥ずかしいよ~」などとママに云われているためか、このメイシーちゃんに大興奮の彼女。そして一言「メイジー(一応、ここは英語読みらしいです)、ジャブはいる」(笑)。

ということで、次にママが持ち込んだのがこちら↓


普段だと全く読み聞かせても無視のYuzyが、やっぱりタイムリーな話題に興味津々。おまけにタオルを持ち出し、自分までパジャマの上から巻きだす始末・・・^^;「絵本と同じ経験をしたがる」とはこういうことか・・・と、初めて分かったYuzyママはちょっと感動でした^^

今まで何度となく読み聞かせにチャレンジしても、惨敗のママでしたが、初めてYuzyも楽しんでくれたような読み聞かせの時間。ビックリすることに、次の日、朝起きても絵本攻撃・・・!もしかして、彼女も目覚めてくれたかしら?(笑)

一緒に最大限に楽しめるように、ママの予習はこれからもますます忙しくなりそう。こんな忙しさだったらいくらでも睡眠時間削って、頑張れそうです(笑)。

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 リーディング | コメント(0) | トラックバック(0)
3歳児と5歳児を相手に予行練習!!

先週、友人が子ども2人を連れて、我が家へと遊びに来てくれました!2人の子はYuzyよりお姉さんの5歳と3歳。

その友人は過去にイギリスに住んでいたこともあり、また英語育児にも興味を持ち出したということだったので、話題はYuzyママいちおしのOxford Reading Treeへ(笑)。

「見てみたい!」ということだったので、様々なステージの本をいくつか持ってきたところ、子どもたち2人から「読んで~」のリクエストが!

と、その前に5歳のお姉ちゃんは、Stage1の"At School"を自分から読み出し、といっても、Wordless Storiesなので正確には自分からお話を創り出し、まるで本当に読み聞かせをしてくれているようでした。



もちろん日本語でのお話でしたが、お話がとっても上手でYuzyママ大感動!あと、3年もしたらYuzyにもこんなことが出来る日が来るのかしら?などと、想いながら聞いていました。

そして、3歳の妹ちゃんは、"Lost Gloves"をピックアップ。実はこれ、Yuzyも好きで何度か本自体は見ていたのですが、いまいちママがストーリーが飲み込めておらず、妹ちゃんへの読み聞かせ(with想像)はかなり適当なものに・・・。でも、ママにも気が付かなかった手袋に自分から気が付いたり、3歳と言えども、侮れない!と汗だくのYuzyママでした。あと1年もすると、こんな風に成長するんだなぁ・・・。こりゃ、すぐにママが越されそう!と、ちょっぴり予行練習ができたような時間でした。



さぁ、それまでにママはしっかりと予習をしておかなくちゃ!ますます、やり直し英語に気合が入りそうです♪5歳のRちゃん、3歳のSちゃん。おばちゃんに素敵な時間をありがとう♪

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0)
ORT Dictionaryでフラッシュカード作ってみました!

Yuzyママ自身が、長年語学を勉強してきて、よくやる方法がこの「フラッシュカード」作り!!
特に韓国語を勉強し始めた頃など、まだ身の回りの物など名詞が定着していない頃は、ひたすら絵と突き合わせて覚えた記憶があります。

このOxford Reading Tree Dictionaryを購入した際に、一番初めにやったのも、定番のこのフラッシュカード作りです^^
flashcard.jpg

中身は、ORT KOREA内INBOOKSのページにて詳しく紹介されています(画像転載の許可をいただいております)。
ortdictionary_detail2_100406195502.gif

ただ単に辞書として持っておくのはもったいないので、スキャンした絵を、はがきサイズの画用紙に印刷してみました。そして、裏には辞書に載っていた単語の説明をそのままタイプ、そしてラミネート!まだYuzyには説明文を読み上げてもハテナマークの連続ですが、単純に絵を見て喜んでいます^^
Flashcard1.jpg

名詞だけではなく、動詞も数多く含まれているため、なかなか絵を見ただけでは推測できないような単語もあるので、その場合は単に"What's this?"ではなく、"What is Kipper doing?"などと質問をアレンジしながら、遊んでみたいと思います。でもまずは、"Is Kipper running?"など、Yes/Noで答えられる質問から入るほうがやりやすいかな。

案外単純な名詞が分からなかったりするママなので、まずはこれらの語彙をママが見直したいと思います。

そして、ゆくゆく作りたいのがこれらのフラッシュカード^^
Oxford Dictionaries



同じOxfordから出版されている、これらのシリーズ!
特にMathとScienceに関しては、Yuzyママがアメリカで大学に入学してから、本来であれば外国人留学生にも単位が取りやすいと言われているこれらの科目で非常に苦労しました。なぜなら、計算の前に、それを指示する言葉が分からなかったからです(汗)。こういうもので、幼い頃から親しんでいれば、きっともう少し楽な人生を送れたのでは?(笑)
とにかくORT Dictioanry同様、中身の絵が可愛いので、同じように作ってみたいと思っています。

作業している間ばかりが楽しく、実はまったく使いこなせない・・・なんてことないように、頑張ります^^;

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 ORT | コメント(4) | トラックバック(0)
本棚を整理しながらふと湧いた疑問・・・。

久しぶりの平日休みを前にして、ルンルンのYuzyママ。夜な夜な始めてしまいました。
ORTの整理です・・・!

でも、本棚を片付け出すと、ふと疑問が。

一体ORTってどういう風に配列するの?

ママが並べたかったのは難易度順。でも、この難易度がイマイチよく分からず・・・(^^ゞ

ママを混乱させてくれた(笑)のは、この裏表紙に印刷された色
Bookband.jpg

Biff, Chip and Kipper's Storiesのみならず、Floppy's Phonics、Traditional Talesなど、ORTには色のついた印が裏表紙に印刷されています。

上の写真の黄色の部分、これはEnglish Reading Bookbandsと呼ばれ、リーディングレベルを表す指標のようです。(English Reading Bookbandsについて、haykichiさんのブログ「イギリスの学校」にて詳しく紹介されています。)

出版社ごとに「ステージ」だったり、「レベル」だったりとそれぞれの難易度を表す名称は異なりますが、このブックバンドが印刷されていれば、名称が違っていても、実際の難易度が分かる!ということのようです。なので、イギリスではこのように統一した指標があるんですね。

と、一瞬納得したかのように思えたのですが、よーく見ると、ORTにはStage2でもブックバンドは3を示す黄色、そしてStage3でも、ブックバンドは2を示す赤などがあるではありませんか!?

で、結局どっちが難易度が高いの?と、Yuzyママは頭を悩ませてしまった訳です^^;

でも、こういう時頼りになるのが、オックスフォード大学出版局様!
こういった疑問を質問すると、すぐに懇切丁寧なご回答を下さいます。
ORTを購入するに辺り、何度お世話になっていることか・・・^^;

『実際には、このブックバンドという概念が登場したのが、ORTが生まれた後のこと。
なので、同じステージでも例外的に違うバンドに属するものが出てきているが、日本で一般的に利用する場合は、ORTのレベルを優先して考えた方が適切』


・・・とのご回答でした。

これで、納得!
ということで、ステージごとにやっぱり並べ替えてみたりしています。
それにしても、こうして一段一段階段を上っていくORTは魅力的♪と、ますますORT熱が高まるYuzyママです^^;
ORT Bookband

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 ORT | コメント(2) | トラックバック(0)
魅力的な情報満載のORT KOREA!!

最近の日課ともなっているORTで始めるママのやり直し英語

YuzyへのORTの読み聞かせの前に、ママ自身が予習をしておこう!という目的で始めたこのシリーズ(笑)。英語って楽しいなぁと再確認すると共に、英語の奥深さも身に染みています^^;

British Englishということもあり、特にExtended Storiesの中には知らない言葉も満載!図書館で借りた付属のCDを聞いても、ハテナマークが連続してしまうYuzyママですが、こういうときに役に立っているのが、ORT KoreaのTeaching Supportページ!!

スクリーンショット(2012-07-21 11.43.13)

それぞれのシリーズ名をクリックすると、なんとORTのStage1-11のそれぞれのStoryに

● Storybook
● Free Activities
● Teaching Guide

といった無料でダウンロードできる資料が出てきます。(韓国語がずらーっと並んでいますが、中身は英韓対訳版となっているだけですのでご心配なく^^;)

スクリーンショット(2012-07-21 11.44.28)

そしてここには、ちょっとお高くて手が出せなかったOxford Reading Tree: Stages 1-4: Extended Stories: Photocopy Mastersも丸ごと載っています^^



本当にこのコンテンツの充実ぶりは、羨ましい限りです。本家イギリスよりも充実しているのではないでしょうか?そして、すぐに翻訳版が作られるのも、やっぱり韓国の英語学習熱の高さが伺えます。と、ちゃっかりお隣日本からもおこぼれにあずかっている英語学習者のYuzyママです・・・^^

さぁ、今日はどんなKipper達に出会えるでしょうか?
そんなことを楽しみにしながら、今日もまた一日ママのやり直し英語、頑張りたいと思います。

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 ORT | コメント(0) | トラックバック(0)
すでにテレビっ子・・・!?

いちおう「リーディング記録」などというカテゴリーを作ってあるものの、実のところ、Yuzyは未だに本には興味を示しません。「Floppy Floppy!」などと、毎日のように言うものの、実際には絵本ではなく、DVDばかりを要求^^;あー、やっぱり育て方間違えたでしょうか?(汗)

ちなみに同じ職場のカナダ人の教授は、Yuzyより6ヶ月年上のお子さんがいるのですが、いまだかつてテレビを観たことがないそうです(驚)!!つまり、その教授も奥さんも子どもが生まれてから2年半、まったくテレビをつけない日々だとか・・・^^;なので、その子が要求してくるのは、「絵本」!とにかく絵本の世界の中で生きているということです。

そんな絵本とは無縁のYuzyですが、週末なんとなく持ってきたのが、これら↓



いちおうFloppyが出ているから、持ってきたようですが、実際にはキーワードの「bone」が分からないためか、途中からもう他のことをし始め・・・。ママの読み聞かせなんて聞いちゃいません。でも、日本語を混ぜると、やっぱり集中するんですよね。まだ言語の問題じゃないと思っていたのですが、実際には200%日本語優位となってしまっているので、もう英語を外国語と意識しているのでしょうか。

プリスクールがお休みの8月中旬は、まったく英語からかけ離れていたYuzy。そういうときこそ、お家英語を充実させないといけないのに、ママにいまいちやる気が起きず、放っておいた結果です><。

でも、英語は充実してなくても、遊びは充実していたこの夏休み!暑い中、公園ではしゃぎまくっている娘・・・。


さぁ、来週からまたプリスクールの2学期がスタート!
ママもがんばります。

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 リーディング | コメント(0) | トラックバック(0)
楽しいボール遊び!!

51H8C6Mt3xL__SL500_AA300_.jpg

Stage 1 Biff and Chip Stories [Wordless Stories]
LLY: 0.5 to 0.5 | LL: 0.5 | YL: 0.0 to 0.0
総語数:3
Decodable Words: -
Tricky Words: [the] [swing] [ball]
NC level: Towards 1
Bookband level: Pink

庭でボール遊びをするChipとBiff。何の遊びをしてもボールを壊したり、シャトルを屋根の上にあげてしまったりする子どもたちを見て、お父さんがとった対策とは?(多読多聴ステーションより)

Yuzyママのやり直し注目表現

have a go
⇒ 「やってみる」という意味のこの表現。ORTの色々な場面で出くわす表現のようですね。

ex) We want to have a go.


Yuzyママのやり直し英単語

□ shuttlecock:(バトミントンの)羽根
□ cricket:《スポーツ》クリケット
□ groan:不平を言う
□ gasp:〔+引用〕〈…と〉あえぎながら言う
□ shed:車庫、倉庫
□ puncture :パンクさせる
□ thorn:トゲ
□ whack:強打
□ whiz:風を切って飛ぶ
□ corkscrew:〔ワインなどのボトルの〕コルク栓抜き、コルク・スクリュー


Yuzyママのやり直し英語表現

□ You go, first:あなたが先どうぞ。
□ have a go:やってみる
□ How on earth :一体どうやったら


Yuzyママの取り入れたいActivity
それぞれの解説書にはActivityのヒントがいっぱい!ママがYuzyがもう少し大きくなったら、一緒にやってみたいActivityを取り上げてみました。

Throw and Catch Game
→ 風船やボールなど、投げるときには"Throw"、取るときには"Catch"といいながら、投げあいをする。また、ボールを取ったら、色の名前を英語で言ってみるなど、応用も可能^^


Yuzyママの一言メモ

今回「Yuzyママのやり直し注目表現」で取り上げた"have a go"という表現。いかにもイギリス英語という感じがして、アメリカ人の上司に聞いてみたところ、やはりアメリカではあまり使わないという答えでした。では、代わりにアメリカではなんと言うのかというと、"try"(笑)。"I want to have a go"は、"I want to try."と、これなら納得!というお答えでした^^

このBritish EnglishとAmerican English、とっても悩むところです。おうち英語をされている方たちは、皆さんどちらか一方と決めているのでしょうか・・・?学校英語となると、やはりAmerican Englishをベースにしておいた方が無難だとは思うのですが、ORTのような魅力的な教材がイギリスにはたくさんあるようですし。正直、Yuzyには両方知っておいてもらいたいというのが今のYuzyママの希望です。といっても、自分自身がイギリス英語に全く慣れ親しんでいないので、辞書をせっせと引きながら、自分がまず勉強・・・という状態が続いているのですが(汗)。

ORTを全巻読破(するつもり?)の頃には、少しはイギリス英語が身についているでしょうか・・・。そんなことを楽しみにしながら、今日も一歩一歩いきたいと思います^^

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 ORTで始めるママのやり直し英語 | コメント(0) | トラックバック(0)
待ちに待ったGlobal Live Showだったけど・・・!?

11ヶ月の時にスタートしたWorldwide Kids English(WKE)。そろそろこういったライブショーもいいかな?ということで、週末Global Live Showに行ってきました。

が・・・。

遅刻!(汗)

ショーの始まる前、外国人キャストの方達がお出迎えしてくれるとのことだったので、前日からビデオ、カメラ、そしてこんな首かけ式の手作りタグまでしっかりと準備していたにも関わらず・・・。



世はお盆の週末・・・ということをすっかり忘れ、のんびり出発したら、なんと会場に到着したのは、開園10分後。前日から「みみ、いく」とお経のようにずっと唱えて、会場に向かう車の中でもエンドレスなほど楽しみにしていたYuzyですが、実際到着してみると、受付にずらっと並んでいたお姉さん方に圧倒され「おうち、かえる」と^^;

しかし、会場に入ってみて、等身大のMimiちゃんを目にした瞬間、もう大興奮!!ママの膝の上で、歌いまくり、踊りまくりの1時間でした。特にこのLive Showの模様はWKE HPの動画を散々!というほど見ていたので、すんなり入っていけたようです。

DVDでお馴染みの歌を中心に構成され、外国人キャストとあの4人のキャラクターのおしゃべり、そして豪華な舞台セットと、まるでおとぎの国にタイムスリップしたような感覚を覚える、とっても素敵な空間でした。途中、15分の休憩も入るので、子どもたちは飽きることなく楽しめます。

が・・・。

2部が始まり、男性キャストが出てくると「おうち、かえる」とまた言い出すYuzy・・・。どこへ行っても、男の人がダメで、困ります^^;機嫌が悪いと、じぃじもパパもダメという(汗)。でも、一生懸命Mimiちゃんに気を引かせようと努力した結果、最後まで機嫌よく見ることができました。

今思うと、最初のキャストとの挨拶が出来ずに残念だったけど、でも今のYuzyでは、また人見知りMaxで泣いていたかも。ってわけで、これは次回のショーの時のお楽しみとしたいと思います(また行く気のママです^^)。そして、その時までに少しは英語で挨拶できるよう、英語も頑張らないと。

そうそう。帰りに寄ったおうどん屋さんで、お手洗いから出てくるパパに、「Papa is coming...」なんて行ってました(笑)。ショーを見た後だったから、英語モードになっていたのかしら?(笑)

駐車場までの帰り道、おもちゃやさんでアンパンマンを見つけると、一目散に走り出したYuzy。「みみちゃん」なんて言っていても、彼女の一番のヒーローはやっぱりアンパンマンのようです^^;

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 WKE | コメント(2) | トラックバック(0)
忘れ去られたTeddy・・・。

61ReMpqyHPL__SL500_AA300_.jpg

Stage 1 Kipper Stories [Wordless Stories]
LLY: 0.5 to 0.5 | LL: 0.5 | YL: 0.0 to 0.0
総語数:3
Decodable Words: -
Tricky Words: [the] [lost] [teddy]
NC level: Towards 1
Bookband level: Pink

お気に入りのテディベアを忘れてしまったKipper。さて、どうする!?(多読多聴ステーションより)

Yuzyママのやり直し注目表現

Is Teddy here?
⇒ 遺失物取扱所でのKipperのひと言。「テディーは、ここにいますか?」って。かわいい~^^"Is ○○ here?"は、かしこまった席でなければ、どこでも使える便利表現。


Yuzyママのやり直し英単語

□ Lost Property Office:遺失物取扱所
□ single-decker:1階建てバス
□ double-decker:2階建てバス
□ gasp:〔+引用〕〈…と〉あえぎながら言う
□ wail:泣き叫ぶ
□ sniff:〔+引用〕〈…と〉鼻であしらって言う
□ bus conductor:バスの運転手


Yuzyママのやり直し英語表現

□ take the bus into town:街までバスで行く(cf: take one's ride into town:街まで車で行く)
□ ride on a bus/get on a bus:バスに乗る
□ get off a bus:バスを降りる
□ get to sleep:寝付く
□ get one's fingers crossed:〔中指を曲げて人さし指の上に重ねて十字架のような形を作って〕幸運を祈る、成功を祈る、神頼みする
□ hand in:差し出す


Yuzyママの取り入れたいActivity
それぞれの解説書にはActivityのヒントがいっぱい!ママがYuzyがもう少し大きくなったら、一緒にやってみたいActivityを取り上げてみました。

I spyゲーム
→ 英語圏ではお馴染みの「I spyゲーム」。実は、Yuzyママがこのゲームを知ったのは親子英語を実践し始めてから・・・^^;P.6,7の"Lost Property Office"のページを開き、紛失されたものを一つずつ名前をあげていく。または、"I spy with my little eyes, something beginning with T"など、紛失されたものの中から、Tで始まるのを当てっこする。その他のページでも、同様にゲームをやってみる。

バスや電車のお話を読んでみよう!
→ 絵本の中に出てきたことを体験するのが大好きなYuzy。きっと、これらの本を自分から持ってくること間違いなし^^


Yuzyママの一言メモ
Oxford Reading Treeの中で、とっても重要な役割を果たしているのがこのTeddy。きっとこのお話が子どもたちに人気があるというのは、KipperにとってTeddyは大親友であるということを、皆知っているからですよね。最近のYuzyのお気に入りといえば、やっぱりこのお人形。ぬいぐるみのFloppyです^^
rah_puppy_060821174022_070619162615.gif

今回のやり直し英語でも、Yuzyママの口からは絶対に出て来ないような言葉がたくさんありました^^こういった言葉は、こちら↓の"Oxford Reading Tree - Extended Stories"の中に散りばめられています。

きっと想像力が豊かなママには必要のないものなのかもしれませんが、想像力(+表現力)に欠けまくるYuzyママには大事な1冊。こちらでTranscriptを確認しながら、Yuzyに語りかけをする時に便利だなと思われる表現をピックアップしています。でも、Transcriptを見ても、辞書を引いてもすーっとはいってこない表現は、学習者用の英英辞典で引いてみます。

wail: If you wail something, you say it in a loud, high-pitched voice that shows that you are unhappy or in pain.

gasp:When you gasp, you take a short quick breath through your mouth, especially when you are surprised, shocked, or in pain.


愛用の辞典(というか電子辞書)はこちら。英和/和英よりも英英辞典の出番が断然多いです!特にこのモデルに搭載の「コウビルド新英英辞典」は、英語非母国語者にも非常に分かりやすい説明でオススメ。


ORT購入の際に予期した通り、完全にママの勉強道具となっているこの教材。Yuzyをサポートできるよう、せっせとママもまた一日頑張りたいと思います^^

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 ORTで始めるママのやり直し英語 | コメント(2) | トラックバック(0)
迷いに迷った挙句・・・。

先日ORT Koreaにて大量買いをしてしまった際に、なぜか一緒に買うことができなかったこの1冊。

Oxford Reading Tree: Song Book and CD


なぜなら・・・。

高いから・・・(汗)。

といっても、韓国で38,800ウォン(2012年8月現在日本円にて2,700円程度)なので、日本のAmazonに比べると安めではあるのですが、送金手数料、送料等入れると、やっぱりお高い商品。なかなかポチッとはできませんでした。

でも、結局、初回に購入した際に溜まったポイントで購入^^

結果・・・。

素晴らしく良いです!!

こういった類いのCDはたくさん持っているし、しかも、ORTであろうと何であろうとYuzyにはただの音楽。またこの手のCDが一枚増えるというだけだと思い、購入を渋っていたのですが・・・。

実際届いてみると、さすがORTに特化しただけの一枚であることに感動。Yuzyママのお気に入りのポイントを挙げてみます。

*****


①ORTのストーリーとの密着性
ORT Koreaよりお借りした以下の画像を見てみると・・・。

Songbook-4_090107101718.jpg

例えば、P.10の"The Lost Teddy"では、こんな歌詞があります。(一部抜粋)

~♪ Kipper lost his Teddy
He left it on the bus
He doesn't want a soldier
He only wants his Teddy ~♪


まさしく、歌を聴いているだけで、絵本の中での映像が頭の中にしっかりと映し出されるような感覚を覚えます。

②自然な口語表現が満載
上記のようにセンテンスが完結しているものが多いので、そのまま暗記をして使えそうな表現が満載!やっぱりこれもORTに特化したものだからこそだと思います。

③歌はBritish English!!
ってこれは個人の好みの問題ですが・・・^^;今までYuzyママが持っていたCDは、WKEも含め、アメリカ英語が中心。なかなか、British Englishを歌として聴くことがなかったので、とっても新鮮。

④可愛いORTキャラクター満載の楽譜付き!!
実際には「Oxford Reading Tree SONG BOOK and CD」なので、このBOOKの方もかなりおススメです。可愛いORTキャラクターの挿絵と共に、全48曲の楽譜が付いているので、歌を覚えたら一緒に演奏なんてことも出来そうです。(って、Yuzy宅には楽器が何もないので、iPadのピアノ演奏になりそうですが^^;)




⑤歌が自然!!
って、なんだか意味が分からないですが(笑)。これまた、全くYuzyママの勝手な感想なのですが・・・。普通、こういった幼児向けの歌入り楽曲というと、結構大げさな感じの歌い方が多く、なんとなく違和感を覚えてしまったりするママですが、このCDはそういった演出がなされてなく、すーっと入ってくる感じがしました。大げさに言うと、隣の家のイギリス人が歌ってくれている感じ(隣の家の方は、もちろん日本人ですが^^)。

*****

ってな、かなり個人的主観の入ったお気に入りポイントでした(笑)。

肝心のYuzyの反応はと言うと・・・。Kipperという単語が出てくると、一緒に発音してみたり、気が付くと踊っていたり、ノリノリ。あっ、もう一つ付け足すとすると、知っている楽曲の替え歌もあったりするので、余計に親しみやすかったのかもしれません。

これからは読み聞かせの後に、そのエピソードの曲を聴きながら、ママも一緒に口ずさめるようになりたいと思います^^

あー、ますますORT熱が高まっていく今日この頃・・・(ふぅ。)。

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 ORT | コメント(0) | トラックバック(0)
愉快な二人組み^^

The Haircut

Stage 1 Kipper Stories [Wordless Stories]
LLY: 0.5 to 0.5 | LL: 0.5 | YL: 0.0 to 0.0
総語数:2
Decodable Words: -
Tricky Words: [the] [haircut]
NC level: Towards 1
Bookband level: Pink

髪が伸びてきたKipper。今日はお父さんといっしょに床屋さんへ。(多読多聴ステーションより)

Yuzyママのやり直し注目表現

Your hair, too. 
⇒ 前に言ったことを省略して、too(~もまた)を使う表現は、特にイギリス英語では顕著に見られる気がします。これがさっと出ると、またまたネイティブに一歩近づける?

ex) Please cut Kipper's hair very short. - And your hair, too Dad.


Yuzyママのやり直し英単語

□ hairdresser:美容室
□ hair salon:美容室
□ barber shop:理髪店
□ trim:きれいに整える
□ snip-snip:チョキンチョキン
□ wail:うめき声をあげる
□ wriggle:(体を)くねらせる
□ squirm away:身をよじって逃げる
□ basin:洗面器
□ lawnmower:芝刈り機


Yuzyママのやり直し英語表現

□ have a haircut:髪の毛を切る
□ one's hair being combed:髪をとかされる
□ one's hair being shampooed:シャンプーをされる
□ have one's hair washed:髪を洗ってもらう
□ have one's hair cut:髪を切ってもらう
□ have one's hair combed:髪をとかしてもらう
□ sit with one's back to:~に背を向けて座る
□ look sideways at:~を横を向いて見る
□ make a fuss :文句を言う、騒ぎ立てる
□ So do you:あなたもね
□ being run over by a lawnmower:芝刈り機にひかれる


Yuzyママの取り入れたいActivity
それぞれの解説書にはActivityのヒントがいっぱい!ママがYuzyがもう少し大きくなったら、一緒にやってみたいActivityを取り上げてみました。

ぬいぐるみのシャンプー!
→ Floppyの人形のような洗ってもOKなお人形を使って、子どもと共にシャンプー、そしてドライもしてみよう!もちろんその間は、今回でてきた表現をたくさん使ってみたいと思います^^
rah_puppy_060821174022_070619162615.gif


Yuzyママの一言メモ
ORTの面白さの一つが、挿絵の中の文字を読むというもの。大学院で「絵本ほんやく」という授業を取った際に、この挿絵の中の文字には特に気をつける!ということを習いました。

特に今回の"Snips hair salon"も、一見普通の美容室の名前かと思って通り過ぎてしまいそうですが、「Snip=チョキンとはさみで切る」というところから来ているんですよね^^これが「チョキチョキ美容室」なんて名前だったら、確かにスルーできません(笑)。

そして今回のママのやり直し英語のポイントは、「使役のHave」<have+物+動詞の過去分詞形>の表現が何度も出てきていますね。ついつい、make, getなどと混乱してしまいますが、こういったポイントも、Yuzyに読み聞かせ・語りかけをする中で、ママももう一度おさらいしたいと思います。

ロン毛のKipper・・・結構好きなんだけどなぁ・・・(笑)。

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 ORTで始めるママのやり直し英語 | コメント(0) | トラックバック(0)
遊び場としてのプリスクール

Yuzyのお誕生日だったこの日も、朝は「こうえん、いく」」「ビーカー(ベビーカー)のる」の一点張り。少しはお友達と打ち解けてきたと聞き、安心していたママでしたが、やっぱりまだ登園はぐずぐず。

自分の誕生日の日までかわいそう・・・なんて一瞬思いながらも、まだ誕生日自体を理解していないし・・・と、結局は楽観視する母(笑)。

Yuzyがプリスクールに行っている間は、Yuzyばぁばとささやかなお誕生日会の買出しを済ませ、迎えに行ったのでした。

今日の先生からの報告は・・・。

◎もっとランチが食べたそうだったけれど、時間切れで食べられず。

とまぁ、またしても、あまり中の情報は得られませんでした(笑)。

でも、それもそのはず。
実際に、Yuzyが現在在籍している2歳児のクラスは、お勉強的な要素は全くなく、ただの英語保育。これが3歳児にクラスになると、フォニックスが入ってきたりと、色々とお勉強も行っていくようです。よくよく考えると、2歳の子に何ができるのか?と思うのですが、でもプリスクール=習い事という感覚が定着してしまっているママは、ついつい求めてしまいます。でも、2歳児の今必要なのは学び場ではなく、遊び場。とにかく、Yuzyが楽しいと感じてくれる場所があることが、一番です。

帰りは、嫌がっていた男の先生とも、自分から"たっち"なんて言いながらハイタッチをしていたり、若干慣れてきてはいるようなYuzy。まだまだ始まったばかり。ゆっくりと見守りたいと思います^^

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 プリスクール(2歳0ヶ月~) | コメント(0) | トラックバック(0)
大好きなお友達と一緒に・・・。

週末出勤だったために、ママがまたまた代休だったこの日。他の子のアンパンマンを欲しがるということで、ばぁばがかって来てくれたアンパンマンのキーホルダーをリュックにつけてあげると、ルンルンのYuzy。「じゃぁ、アンパンマンといっしょに、せんせいのとこ、いこうね。」なんて言うと、まだ1歳だったこの時は、若干騙されたのかそれほど機嫌も悪くない様子(笑)。 いや~、こちら↓の正義の味方にどれほど助けられていることか・・・^^



でも、車に乗ると、またもや無口になり、プリスクールに到着し、降りるときにはいつもの半べそ状態。いつ、この状態から逃れられるんでしょうねー^^;

しかし、迎えに行くと、この日のYuzyは、3歳児クラスのお友達3人の女の子と一緒に出てきました。先生の報告によると・・・。

◎先生が読み聞かせてくれた絵本のTigerが面白かったらしく、自分も真似をしながら、お友達とふざけあっていた。
◎公園のお散歩でもお友達と仲良くできた。


まだこの月齢だと、あまり「友達」という感覚がないようですが、それでも徐々に打ち解けてきている様子。最初は、「せんせい、せんせい」と日本人保育士A先生の後ばかりを追っていたYuzyですが、こうしてお友達ができてくると、次第に先生には見向きもしなくなるということでした。先生はそれがちょっと淋しいだとか・・・^^でも、これも成長の過程ですよね。

これからたくさんお友達と触れ合いながら、プリスクールが楽しい場所であるということをYuzyが感じてくれれば、母としては言うことなしです^^

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村



 プリスクール(2歳0ヶ月~) | コメント(0) | トラックバック(0)
ママの大のお気に入りの1冊!!

library.jpg

Stage 1 Kipper Stories [Wordless Stories]
LLY: 0.5 to 0.5 | LL: 0.5 | YL: 0.0 to 0.0
総語数:2
Decodable Words: -
Tricky Words: [the] [library]
NC level: Towards 1
Bookband level: Pink

お父さんと図書館へやってきたKipper。たくさんの本を目にして……。 (多読多聴ステーションより)

Yuzyママのやり直し注目表現

That makes six.
⇒ 借りたい本がたくさんあるKipper。Dadが2冊、Kipperが4冊、合計6冊という時のこの"That makes ~."。英語ならではの表現!こういう表現がさっと出るとネイティブにちょっと近づける?

ex) Two books for me. Four books for you. That makes six.


Yuzyママのやり直し英単語

□ fine:罰金
□ loads:〈話〉たくさん、いっぱい 


Yuzyママのやり直し英語表現

□ off you go:行ってらっしゃい
□ take back:返却する
□ hand his books in:本を手渡す
□ take out one for you on my ticket:自分の分で1冊借りてあげる

+++"Library"に出てきた本の数え方表現のいろいろ+++
□ four books:4冊
□ some new books:新しい本数冊
□ some of these books:これらの本数冊
□ so many books:とてもたくさんの本
□ every single book:一冊ずつ
□ loads and loads of books:数え切れないくらいの本
□ a whole pile:(本の)山


Yuzyママの取り入れたいActivity
それぞれの解説書にはActivityのヒントがいっぱい!ママがYuzyがもう少し大きくなったら、一緒にやってみたいActivityを取り上げてみました。

図書館に行ってみる!
→ まずは絵本と同じ体験をさせてあげることが一番!職場の近くの図書館には通い詰めのママですが、Yuzyとはなかなか行ったことがないので、まずは一緒に行ってみたいと思います。

自分の名前のアルファベット探し!
→ 自分の名前のアルファベットが、絵本の中の本のタイトル、ポスターなどに含まれているか、一緒に確認してみよう。


Yuzyママの一言メモ
Yuzyママが、三度の飯よりも好きなのが本!とにかく本に囲まれていれば幸せなママにとって、この1冊は大のお気に入りとなりました。

アメリカに居た頃は、図書館へ行くことはあっても"Children's Corner"なんて覗いたこともなく・・・。でも、親子英語を始めた今考えると、この"Children's Corner"なんて夢の空間!洋書が無料で借りられるだなんて、魅力的すぎます^^

今回のストーリーに出てきた表現、"off you go"。あまりアメリカでも聞いたことがありませんでした。辞書を見ると、「Get out of here(出て行け)」の意味で否定的な意味合いなようですが、イギリスでは「行ってらっしゃい」と普通の意味で使うようですね。単語一つ一つ見ると、とても簡単なのに、こういったPhrasal Verb・・・。あなどれないです(汗)。

そうそう、ORTを初めて読んだのも、実はこの"Library"が最初でした。しかも、まだ手元に絵本がなかったため、"Oxford Owl"のFree eBookを夜な夜なPCの前で見たのが最初。絵本なのに、そこには本物と同じくらい素敵な空間があって、絵本の力って凄いなと感じた瞬間でした。

イギリスの図書館の様子は、最近リンクを貼らせていただいたhaykichiさんのブログ「イギリスの学校」にて詳細をご紹介してくださっています。こう見ると、本当に素敵な空間!なんだかおとぎの国のような気がします^^

これからのYuzyの人生でそばにあって欲しいのがLibrary。本を読む楽しさを親子で一緒に味わえたらいいなと思っています。

それにしても借りる本が決められないKipperの気持ち。よく分かるなぁ・・・^^;

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 ORTで始めるママのやり直し英語 | コメント(2) | トラックバック(0)
独創的な作品ができました!(笑)

週末出勤の代休があったこの日。久しぶりにYuzyと一緒にプリスクールへ向かいました。

そうそう、ママはすっかり忘れていたのですが、今この時期は通常授業ではなく、Yuzyの通うプリスクールでも、サマースクール開催中でした(笑)。ということで、登園時間もいつもより30分早く、迎えの時間も30分遅い、計5時間の授業となります。それを聞かされていないばぁばは、いつもの時間で送り迎えをし、プリスクールの他のママさんから教えてもらったという・・・(汗)まったく、放置プレーもいいとこのYuzyママです。

5時間も自由時間ができたということで、この日は思いっきり掃除を行い・・・。といっても、家の掃除ではなく、あくまでも自分のエリアの掃除。本に囲まれて過ごすことに何よりも幸せを感じるYuzyママですが、定期的に本の片付けをしないととんでもないことになり^^;この日は韓国の絵本を中心にお片付けしました。本当は全部手に取れる所に置いておきたいんですが(ふぅ)。

5時間の掃除を終え(どんだけ時間かかるんでしょう?)、プリスクールに向かうと、案外機嫌が良かったYuzy。先生からの報告によると・・・。

◎ランチの後に一人お昼寝。

と、どうやらしっかり睡眠を取ったために、ちょっとすっきりしていたようです(笑)。

そして、この日は、こんなクラフトが戻ってきました↓
craft.jpg

どうでしょう?この色使い?
アメリカならではって感じがしますよね!?(笑)

って、今はまだ笑い話ですが、実際にキンダーのお友達の作品を見ると、なかなか日本の幼稚園では見られないような色使いで絵を描くそうです。園長先生が美術の教員免許をお持ちということもあり、体験レッスンに伺った際、そんなお話をしてくださいました。「太陽は赤、海は青」と決められている日本と違い、自由奔放に描くのがインター系に通う子たちの特徴。これを良いとするか悪いとするかは、その文化によって違うのかもしれませんが、でもこの独創性を大事にしてあげたいというのが先生のお話でした。Yuzyのこの作品。独創的すぎますが・・・(笑)。

こうして一つ一つ何かを持ち帰ってくると、なんだか宝物が増える気がして、嬉しくなります(なんて書きながら、実は管理がずさんなYuzy母です。)

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


 プリスクール(2歳0ヶ月~) | コメント(0) | トラックバック(0)
ORT DVDに、親子ではまり中^^

ORT Koreaで大量購入してから、Yuzyのお気に入りは、絵本のORTではなくこちら^^;↓



VIP会員登録をした際に、おまけで送られてきたのが、このDVDです。

UK版と中身は同じようですが、韓国では、Disc1-5まで、別々もしくはまとめて購入が可能です。おまけはDisc1のみですが、5話収録されており、興味津々のYuzy。"Floppy! Floppy"と連発しています^^(絵本は、まったく反応なしですが・・・。)

ちなみにUK版と違うところと言ったら、「イギリス英語」「アメリカ英語」に加えて「韓国語」の吹き替えが入っているところでしょうか^^韓国語だと、Kipperがまったく別人になります(笑)。

100ページのミニサイズの英語/韓国語の台本が付属のこのDVD。ミニサイズがいいのか、これまたYuzyのお気に入り。絵本には喰いつかない彼女は、なぜか字で埋め尽くされたこの台本は持ち歩いています^^;(しかも、それを広げて読むふりをしているという・・・。)

このDVD、毎回テーマがあって、それを登場人物たちがレクチャーしてくれるんですね!時間配分まで決められており、きちんとした構成が魅力です。どんな構成になっているのか、INBOOKSのページを参照させていただくと。



1.Opening
テーマソング(45秒)

2.Introduction
主人公が登場し、エピソード内容について説明。本編で扱う単語や文章などを公開。(2分)

3.Floppy Moment
学習する課題について説明。Floppyが自分の考えを述べると共に、魚を咥えたまま逃げたり、甘い匂いにつられて行くなど典型的な犬の行動を見せる。文法構造や新出単語の同義語や反対語などを説明。(1分)

4.Magic Key Adventure
ワクワクする冒険ストーリーを中心に、個性溢れるキャラクターたちを通じ、エピソードのテーマを表現。(7分30秒)

5.Point Review
画面の字幕と共に、前出のものを復習。(1分45秒)

6.Closing
再度、キャラクターたちが登場。字幕と共に、テーマを説明、キーワードや文章を復習。(30秒)

7.Ending
テーマソング(30秒)


さすがBBCだけあって、楽しくかつお勉強要素もしっかり含まれているという、申し分ない作り^^

DISC1をもらっていたにも関わらず、結局全ディスクが欲しくなってしまい、またもやポチッ(汗)。届いた時には(そう、またもや船便^^;)、親子英語を実践されている多くの方が行っている、「音声だけ抽出」という方やってみたいと思います^^

さぁ、これでいつか、YuzyもBritish Englishが話せるようになるでしょうか?(その前に韓国語だったりして・・・^^;)

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 ORT | コメント(0) | トラックバック(0)

2歳0ヶ月の成長記録

2012/08/01 Wed 00:42

今日で2歳になりました^^

今日8月1日はYuzyの2回目のお誕生日です。あの暑い暑い夏の日からもう2年も経ってしまったのだと思うと、なんだかちょっぴり寂しいような・・・。

1歳の最後の月は、プリスクールが始まったということで、Yuzyもママもとてつもなく大きなものを超えた気がしました(笑)。初めての母子分離・・・。未だに朝は若干半べそ状態ですが、でも最近はお友達とじゃれあったりしているようで、少し様子が変わってきたようです。

肝心の英語はというと・・・。

◎"Come here""Open"など、単語単位だけれど、少しずつ発話が出てきた。
◎プリスクールの先生によると、先生の言うことは分かっているよう。
◎You Tubeで、英語物は特に真剣。
◎"1〜10""Yes"の発音など、以前と比べるとかなり明瞭に。
◎最近のお気に入りの単語は"Ouch!"


ちなみに日本語は・・・。

◎「ママ、アンパンマン、中に入ってるよ」(DVDのお話)など、3語文を連発。
◎マヨラー(死語!?)Yuzy・・・。マヨネーズをかけるときは「たっぷり」などと注文^^
◎しょっぱい、からい等区別がついているよう!?
◎2つ以上のものは「いっぱい」。
◎自分の名前が言えて、ひらがななら読めるように。
◎ばぁばとは、ほぼ会話が可能(ママ、パパは親でありながら、不可の場合も多々あり。)


さぁ、今日はプリスクール。そして夜は下のばぁば宅にて誕生日パーティー。
しっかりまたもや有給をいただいているママです^^;

もう1歳でなくなってしまったことが妙に寂しいけれど、やっぱり子どもの成長は嬉しい。
周りの人に感謝の心を忘れずに、すくすくと育って欲しいと思います^^

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ Yuzyの成長記録 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。