スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
淋しい淋しい最後の授業

たった3ヶ月弱でしたが、この日はMLSの最後の授業でした。Yuzyは前日から「せんせい、いく」とおおはしゃぎ。まさか、これが最後の授業だなんて、全く思ってもみない様子でした。

とっても感傷的になるかと思いきや、この日のママは体調がイマイチ。でも、そのお陰で余計なことを考えずに、最後のレッスンに向かうことができました(笑)。

教室に着くと、いつもの通りYuzyはおもちゃ遊び。でも、段取りを知っているのか、もう少し遊ぶと自分から"clean up"タイムです^^;授業開始時間になっても、今日もまたお友達は来ず・・・。最終授業もプライベートレッスンとなりました。

もうC先生にあまりにも慣れきっているのか、分かっていてもわざと答えなかったりとか、先生の質問に"No~~~!"と体全身で答えてみたりとか(汗)やっぱり、プライベートは好きにやりたい放題で、もしかしたら、この月齢にはあまり意味がないのかも・・・などと、わざとそんなことを思ったりして、少しでも淋しい気持ちを紛らわそうとするママでした。

今日のクラフトタイムは、Bee作り!YuzyはピンクのBeeを作りました。(というか、ピンク以外の色を選んだことが見たことない。)


そして読み聞かせの時間は、普段は逃げ回っているYuzyですが、この日はじっくりと聞いていました。この日は、動物がテーマで、WKEにも付属していた"Dear Zoo"という絵本だったため、Yuzyはすべて答えられるはず。と、思いきや、先生に聞かれてもひとつも答えずに淡々と過ごす1歳児(汗)。


P6301047.jpg

でも、後半のお歌の授業では、またもやテンションアップ。やっぱり、この子は歌と踊りがないとダメなようです。男の子だったら、将来ジャニーズ目指したかったな・・・(無理)。

もう最後の授業なんだよー!といくらママが心の中で叫んでもYuzyには伝わるはずもなく。いつもの通り、レッスンを終え、記念写真を撮り、レッスンを終えました。先生にはアドレスを教えていただいたので、いつかまた再会できるといいな。そして、その時には、プリスクールでちょっぴり鍛えられたYuzyを見てほしいな・・・などと、思っています。

あっという間だったMLSの10回の授業でしたが、本当に素敵なスクールでした。先生がとにかく良かったこと、カリキュラムがとにかく充実していて、1歳児でも飽きないようとても工夫してあり、ママの方が毎回毎回出席するのが楽しみなスクールでした。

いよいよ、7月からはプリスクールが開始!
新たな冒険の始まりに、今からワクワクです^^

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 親子英語クラス(1歳8ヵ月~) | コメント(0) | トラックバック(0)
ママの夜中のクラフトタイム!?

日に日にOxford Reading Treeへの熱(愛?)が増していくYuzyママですが。結局まだ書籍の購入には至っておりません^^;

初めは、勤務先の大学のブックストアーで購入予定でしたが、ORTって相当お高いことに気付きました(汗)。20%引きで購入できるELT BOOKSでさえ、いざまとめて購入しようかと思うと、結構なお値段。こりゃ日本じゃ無理だ!と、只今リサーチを世界に広げております(笑)。

実際手元に絵本がなくても、日々楽しく過ごせるのがORT。ビックリするくらいリソースが多く、無料でダウンロードできるTeaching Notes的なものはすべてプリントアウトして、とりあえず購入するまでにファイリングを終わらせよう!などと、本来の目的とはまた別の方向に走り出してしまったYuzyママです^^;

まずは手始めに、それぞれの絵本の表紙でステッカーを作ってみました。
ORT1.jpg

実際に商品として何種類かステッカーはあるようですが、自分で作れそうなものは、作ってしまおう!と、アイディアだけいただくママです(笑)。

それぞれのエピソード毎にダウンロードした解説をファイリングする際に、インデックスとして、ステッカーを使ってみました。

うん、これなら、結構ちゃんと解説を見ながら、お勉強しよう!って気になります(ホントか?)
大学院の資料でもそうなのですが、とりあえずすべてプリントアウトしてファイリングを行い、きちんと1冊できてからでないと何も手をつけられないというこの性分。本当に取りかかるまでに時間がかかりすぎて、肝心のお勉強は手を抜く傾向にあります(笑)。

それにしても、こうして教材の活用の仕方をきちんとガイドしてくれるこの教材。本当に、コツコツStage1から積み上げていけば、相当力が付くんだろうなあ、などと、Yuzyよりも前に自分がやり直そうかと検討中。図書館で借りたCDから流れるあのBritish Englishがとても心地よく、虜もいいとこです。

今まで何とも思わなかったイギリス人の教授たちが、ORTに出会ってから妙に素敵に見えるのはなぜでしょう!?(笑)メイシーちゃんもBritish Englishだし、ママは潜在的に米語ではなく、英語を選んでいるのかもしれません。でも、自分はばりばりアメリカ英語(ってか、日本人英語。でも、たまに"Are you from New Jersey?"なんて聞かれ、若干嬉しくなったりします。相手はこれ絶対褒めてないんでしょうけど^^;)

さあ、これから(っていつ購入するか分からないけど)、どうやってこの教材と向き合っていくか。色々と先輩ママさん方のブログを参考にしながら、考えていきたいと思います。(なんて言いながら、クラフトタイムばかりを謳歌してしまいそう^^;)

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 ORT | コメント(2) | トラックバック(0)

Sweet Sorrow

2012/06/30 Sat 01:58

待ちに待ったプリスクール開始まで、あと2日。
Yuzyが社会へ踏み出す一歩だと思うと、ちょっとドキドキ。
待っている時は長かったのに、後半はあっという間だった。
あれだけ張り切っていたはずなのに、いざ始まるとなると、
なんだか当時のエキサイティングな感じはまったくなし(笑)。

ってわけで、持ち物への名前書き、まだ始めていません(汗)。

でも、プリスクールが始まる=MLSの大好きだったC先生とのお別れ。
今でもMLSの近くのスーパーに行く度に、「せんせい、いく」と大騒ぎのYuzy。
それほどC先生が大好きだったんだね。

新たな出発があるからこその、別れなのに。
ほんと、"Sweet Sorrow"ってこういうこと言うのだろうか!?(違)

明日は、最後のMLS。
パパ持参で写真たくさん撮ってくるよー!(笑)

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0)
危険な道のり開始!?

日に日に欲しい気持ちばかりが膨らむOxford Reading Tree。勤務先の大学のブックストアーにて購入が可能なため、1度は注文を試みたものの・・・(といっても、お財布と相談するとなかなか踏み切れず^^;)。なんと、これまた職場の近くの図書館に、Stage1-9まで揃っていることを発見!しかも、日本語解説、CDまで付いているというではありませんか!?

早速、お昼休みに足を運びました。すると、1回に10冊まで貸し出し可能とのことで、ORTはパックでの計算となるらしく、なんとこの日に借りたのは60冊!!まずは、とにかく読んでみたい!という一心で、帰り道は腕がちぎれそうになりながら、オフィスへと戻りました。

Yuzyが寝静まった後、待ちに待ったORTとのご対面タイム。残念ながらStage1、1+はすべて貸出中だったため、Stage2からとなりましたが、まずは絵だけじっくりと見て、そして、もう一度センテンスと共に読み直し。最後に、CDをかけ流しながら、読みました。次の本に行ってしまうのが、とってももったいなく、結局この日は6冊ほど読んで終了。

翌日。あまりにもさっさと読んでしまうのはもったいないと思いながらも、やっぱり読み進めたく、この日はかなりの冊数を読んでしまいました。この日は、Yuzyが起きている時間にも読んでいたので、最初は全く興味なさそうにしていたものの、やっぱりママの読んでいるものが気になるらしく、最終的には「Floppy!Floppy!」と彼女もちょっぴりORTに引き込まれてきたような様子(よしよし!)

それからは、夜のリーディングタイムがママのお気に入りの時間に。溜まった大学院の課題をよそに、毎晩読み続けています(汗)。しかし、ここで問題が。

もちろん図書館から借りているものなので、返却しなければならないということ!(当たり前ですが^^;)
手元にあることによって、ますますYuzyママの欲しい熱は上がるばかり!!


ということで、結局はまた購入への道へと逆戻りしてしまうのでした。
ふぅぅぅ・・・。危険な道のりとなりそうな予感(汗)。

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 ORT | コメント(0) | トラックバック(0)
欲しい、欲しい、欲し過ぎる・・・(笑)

以前から何度か書いているように、実はYuzyママには欲しくて欲しくて仕方がないリーディング教材がありました。今さらながらですが、それは・・・

「Oxford Reading Tree(オックスフォード・リーディング・ツリー)」。

きっと英語育児をされている方なら、知らない人はいないのではないのかと思うほど、メジャーな教材です。とは言え、実はまだママにはその素晴らしさは分かりません。なぜなら、まだ実践していないからです。

でも、ならなぜそれほどまでに欲しいのでしょう!?実は、Yuzyを出産直後、同じような理由からはまってしまった絵本がありました。その理由とは・・・!?

「絵がとってもとっても好み!」

その一言です(笑)。
以前はまった絵本とは、これも大人気キャラクター「メイシーちゃん」


このメイシーちゃんシリーズも、きっとORTと数を競うくらいの冊数ですが、惚れ込んでしまったママは、当時かなりの冊数を揃えてしまいました。でも、肝心のYuzyの反応は?というと・・・。最近までほとんど触ることすらなしに、完全スルー状態(汗)。でも、ここ数ヶ月で「メイシー(英語だとメイジー)」という名前をやっと覚え、ちょっとずつですが、日の目を見始めました(笑)。

で、今回はなぜにORT?

色々な英語育児ブログを拝見していると必ず出てくるのがこのORT。最初は、どんなものだかも全く分からなかったのですが、色々と読み進めるうちに、あのKipperに完全に心奪われ・・・!内容以前に完全に彼の愛らしさにとり付かれてしまったママです。

で、手始めにと購入してみたのが、皆さん勧められているこの本。



ORT初心者には最適のこの1冊。Yuzyに途中何度も邪魔をされながらも、ほぼ1日で読みきってしまいました。でも、日に日にORTについて知識が増えてくると、さらっと読んでしまうような1冊ではないということに気がつかされ。この絵本の醍醐味は、何といっても、あの絵の奥深さ!

早く実物とご対面できる日が来ればいいなと思います!
あー、それにしても、ORT!欲しすぎるーーー!!

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 ORT | コメント(0) | トラックバック(0)

MLS親子クラス9回目

2012/06/25 Mon 06:39

頼れなさすぎるYuzyママ(汗)

この日は午前中から、7月からスタートするプリスクールへ持っていくリュックを探しに、Yuzyばぁば、ママ、Yuzyの3人でお出かけ。あまり遅く帰ってくると、英語の時間に眠くなるからと気をつけて行ったはずなのに・・・。出かけて帰ってくるとYuzyは全くお昼寝する気配も無く。事態は一番避けたかった方向に・・・。もう英語に出かけなければならないという時間なのに、全く起きる気配がなく・・・。わざわざ、1歳児を起こしてまで行くほど、英語が大事なのかと言われると・・・。

結構、大事(笑)。

ってわけで、非常に申し訳ないけれども、無理やり起こし連れて行きました!行く途中に、同じマンションに住むママのかつての韓国語の先生親子に会ったりして、Yuzyもすっかりお目覚めの様子。(そうそう、韓国語と言えば、最近Yuzyが韓国語で返事をするようになったり。完全に3ヶ国語ミックス状態です^^;)

MLSに着くと、今日はなんとプライベートレッスンではなく、以前2回ほど一緒に授業を受けたことのあるお友達が来ていました!最近はプライベート状態が続き、完全にやりたい放題だったので、なぜだかとてつもなく安心したママ。案の定、お友達がいると、普段だったら徘徊する読み聞かせの時間も、しっかりママの膝の上に座って聞いていたりと、珍しく(というか、初めて!?)お利口さんのYuzyでした。

この日のハイライトと言えば、やはりクラフトタイム。風船を使って、ミツバチを作るとのこと!そこで、Yuzyはピンクの風船を選択。実は、ママは昔からピンク、赤といった類の色が苦手で、何かにつけて地味な色ばかり選んできたのですが、Yuzyはピンクが大のお気に入りです(汗)。で、ハイライトはここから。

ママが風船を膨らませてあげなければいけなかったのですが、普段空気入れを使っていたため、こんな風船を自力で膨らませたことがなく・・・。肺活量がなさすぎて、全然思った通り膨らまず(笑)。先生に、"Is this too small?"などと言いながら、結局は先生が膨らませてくれたという結末。あー、子どもの風船一つ膨らましてあげることのできないママ。ダメダメです。今後、ますますYuzyの前で失態をさらす場面で増えるんだろうなー(先が思いやられる・・・)

先生がとっても大きく膨らましてくれた風船にYuzyは大喜び!とっても、機嫌もよく、今日はColorの練習の時も、大きな声で「Blue」「Yellow」「Green」「あか」と言えました(笑)。やはり、赤だけは英語を覚える前に覚えてしまったので、いつまで経っても"Red"が言えません。"Which one is red?"と聞くと、分かるのですが、なかなか自分からは出てこないようで・・・。

以前、一つの単語に英語と日本語両方で教えると、2つ名前があるように意識し、子どもは混乱する。と、教育学の教授から聞いたことがあるのですが、最近のYuzyはどうやら、そのときの気分で英語だったり日本語だったりしています。「りんご」という時もあれば、「Apple」という時もあり、「みかん」という時もあれば、「Orange」という時もあったり。時には、「みかん、Orange」と続けていう時もあります・・・^^;

そんなこんなで無理やり起こして行った授業も無事終了。来週は、ついに最後の授業です。まだ通い始めて2ヶ月のところだし、案外あっさり辞められるかと思いきや、Yuzyもママも先生がとっても好きなので、すでに淋しい気持ちでいっぱい。そんな気持ちを察してか、先生も"I will really miss you two..."などと言ってくださり、来週は写真を撮ろう!ということになりました。ということで、最後の授業はカメラマンとしてパパも同行予定です^^;

あー、でも淋しい・・・。

P.S. この日のクラフトタイムに作ったミツバチ風船!あんなに喜んでいたにも関わらず、家に帰ってきたらYuzyが破壊し始め、結局割ってしまいました><じぃじに”Destroyer"と呼ばれている彼女です(笑)。

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 親子英語クラス(1歳8ヵ月~) | コメント(0) | トラックバック(0)
「頼れる存在」となったらこっちのもの!

前回の「バイリンガル育児の心得①子どもが興味を持つまで待つこと」の続きです。

英語育児で迷ったときに、Yuzyママが必ず訪れるのが、勤務先の大学院教授マー先生です。バイリンガル教育を専門とし、書籍、英字新聞等執筆活動でお忙しい先生ですが、いつもオフィスを訪れると、"Have a seat."とにこやかに、悩みを真剣に聞いてくれます。

前回、Yuzyが読み聞かせをしても、全然聞いてくれないと打ち明けた際、「興味を持つまで待つこと」とアドバイスをくれた先生。そして、こう続けます。

「もし、絵本の中の一つでも興味を示すものがあったら、それについてとことん説明してあげること。そして、その時初めて教えてあげること。」

興味がないものを、無理やり教えても意味がないと前回おっしゃっていた先生。でも、興味を持ち出したのであれば、その時は、丁寧に教えてあげることが必要ということです。

そして、これを繰り返していると、子どもの中で、「ママに聞けば分かる!」という意識が芽生え、「頼れる存在」となるといいます。この「頼れる存在」となったら、もうこっちのもの!子どもが聞いてくることに、とことん答えてあげ、どんどん興味を広げていってあげる。それこそが、「教える」という行為であるとマー先生のレクチャーは続きます。

そして先生は、こんなお話をしてくださいました。お知り合いのお子さんが、まだ2歳にもならなかったときのお話。その時はもちろん、アルファベットも数字も分かりませんでしたが、「M」と「25」だけは認識していたそうです。なぜかというと、大好きなマクドナルドで「M」を覚え、そして25階に住んでいたため、エレベーターの中でいつも押す「25」という数字は、すぐに読めるようになったとのこと。このお子さんにとっての、アルファベット、そして数字の入り口はこの「M」と「25」。自分から興味を示し、すぐに覚え、そして後々ご両親が、他のアルファベットと数字を教えていかれたといいます。まさに、頼れる存在であったご両親が、更なるアルファベットと数字の世界にいざなってくれたと言っても過言ではないでしょう。

そう考えると、無理やり何かを教えようと意気込まなくても、案外子どもの興味の入り口はゴロゴロと転がっているのではないかと思いました。色々なことに興味津々のこの時期。

気負いすぎて、その糸口を見逃さないようにしなければ・・・!
次回、マー先生のバイリンガル育児の心得第3弾をお届けします^^

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)

MLS親子クラス8回目

2012/06/18 Mon 06:14

日本語も英語も同じです(笑)。

またまた雨のレッスン日。パパの車で送ってもらい、この日はスーパーでお買い物をしてから、レッスンに到着。今週も何かにつけて「えいご、いく」を連発していたので、きっとYuzyにとっても心待ちにしていた1週間だったようです。

いつもの通り、レッスンが始まる前はおもちゃで遊び、この日は先生が"Clean Up Song"を歌いだす前から、自分から"Clean Up"と言って、片付け始めました。いつの間にか、「おかたづけ~♪おかたづけ~♪」の歌よりも、"Clean Up Song"の方が定着し始めているようです。

そして、サークルタイムでは、自分から先生の手を握り、歌う気満々!やっぱり、この月齢の子には、歌と踊りが良いのでしょうか?この日も、プライベートレッスンだったため、完全にYuzy主導で進んだレッスンでした^^;

苦手な読み聞かせタイムになると、またまたふらふらと歩き出します。今日は、どこからか掃除のスポンジを発見し、ひたすらそれで遊ぶ1歳児><いつになったら、きちんと座って読み聞かせが可能になる日がくるのでしょうか。

でも、クラフトタイムになると別人に変身!(笑)この日は、父の日ということで、お父さんを作りました!毛糸にノリをくっつけて、髪の毛を貼るのですが、それが何度も取れてしまい・・・。実物大のお父さんに近くて、思わず苦笑のママ(汗)でも、Yuzyパパに手渡すときは、微妙に髪の毛が浮いていたものの、一応取れてなかったので、一安心。

そして、クラフトが終わると、どうやらもうレッスンは要らないらしく、先生に自分から「バイバイ」と。本当に、困ったものです。先生も、なんとかYuzyの気を引こうと、新たに椅子を使うゲームを取り入れてくれたりと、明らかに予期していたレッスンとは違う方向に進んでいきました(汗)。

でも、レッスンの最後には、"Yuzy is so smart!"などと、優しさとしか思えない言葉をかけてくれたり・・・。「あー、先生という職業は大変だ・・・」と身をもって知った母でした(笑)。そんなレッスンの中でも、シールをもらう際、"blue, please"と自分から言って見たり。今まで自分から言うことはなかったので、これも成長かな。家に帰ってきて、お茶がもっと欲しくて、「もっと、please」と言われたときには笑いましたが。やっぱり1歳児の中では、まだ英語も日本語もないんでしょうね。

英語の後は、いつもやっぱり疲れるのか、すごい勢いで寝るYuzy。でもこの日はあまりに早く寝てしまったがために、夜中喉が渇いたようで・・・。ストロー付のコップを渡すと、寝の体勢のまま飲もうとしたら「でない」と(笑)。こんな寝ぼけ眼のところに"You can sit and drink."とママが言ってみると、体勢を替え、座って飲み始めました。すると、「でた」と(笑)。なんだか、「でない」「でた」という発話も初めてだったため、思わず笑ってしまいました。

さぁ、残されたMLSのレッスンもあと2回。
ママがちょっと淋しい気分になっています。



こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 親子英語クラス(1歳8ヵ月~) | コメント(0) | トラックバック(0)
失敗続きの読み聞かせ・・・。

今日は、バイリンガル教育の専門家、マー先生にこんな悩みを打ち明けてみました。

「Yuzyに読み聞かせをしても、集中して聞いてくれない。」

こう話すと、今までママの周りの人は、大概「まだ小さすぎるから」と話はそこまででしたが、マー先生はこんなお話をしてくれました。

「決して、無理やり教えようとはしないこと。」

英語育児をしようと決めたときに、「子どもが楽しくなければ、意味がない」とアドバイスをくださったマー先生。これと同じで、「親が教えようとするのではなく、子どもが自然と寄ってくるのを待つこと。指で指したり、興味を持ったことから教えていく。」これが、先生の考えるバイリンガル育児だそうです。(決して、バイリンガルだけに限らないのでしょうが。)

そう思うと、最近のママはと言えば、とにかくYuzyに読み聞かせようとするばかりに、無理に気を引こうと一生懸命でした。でも、不思議なことに、読み聞かせをすると聞いていないものの、ママが自分ひとりで本を読もうとすると、寄ってきて、べったり一緒に本を眺めていたり(しかも、それは全然Yuzyにとって楽しくない本なのに^^;)

なんだか、育児って不思議ですね。
やろうと思ったことができなくて、全く意図してなかったことから思わぬ発見があったり。

思い通りにならないからこそ、楽しいのかな。

「楽しくなければ、意味がない」
これは、子どもだけでなく、親側にも当てはまることですね。

つくづくそんなことを感じた瞬間でした。

次回、まだまだマー先生とのバイリンガル育児についてのディスカッションは続きます。

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)

日本語と英語は5:1?

2012/06/15 Fri 06:29

日本語優位は仕方なし・・・!?

最近Yuzyの発話がどんどん増えています。今朝も、ばぁばの家に彼女を置き、これから仕事に出かけようというとき。

「おうちかえる」

いやいやいや、あなた、今、おうちから来たばかりですから(;^ω^A

昨日は、ママが新しい洋服を着ていると、「ママ、かわいい」と(笑)。で、「パパとママ、どっちがかわいい?」と聞くと、「パパ」だそうです。その後、「じゃあ、ばぁばとパパどっちがかわいい?」と聞くと、「ばぁば」と。これを繰り返し、最終的に一番かわいいのは「Yuzyちゃん」らしいです(笑)。

ってなわけで、日本語ではかなり会話が成り立ち始めているYuzyですが、肝心の英語はというと。新たな日本語を5つ覚えるうちに覚える英語は1つという割合でしょうか・・・><日ごろ、ばぁばとAll日本語の環境にいるので当たり前といえば当たり前なのですが、Yuzyママとしては日本語が先立つに連れ、不安も増すわけで・・・。って今から焦っても仕方がないのですが。

そんなYuzyですが、最近英語は英語と理解しているようです。「それ、ちょうだい」と日本語で聞くと、「ダメ」と言うところを、"Can I have it?"と聞くと、"No~!"なんて言い返すようになっているので、これだけでも大きな進歩かな?と思います。

あとやはり、単独としての言葉よりは、歌の中で覚えたほうが覚えやすいのかな?などとも、見ていて思います。ワールドワイドキッズ(WKE)のCD-ROMの中に、ABC SongをMimiちゃんとManiちゃんと共に歌うことの出来るコーナーがあるのですが、最近は彼らの歌を聴くことではなく、ひたすら「カラオケ」を選択して、自分で歌っています。「A~K」までは普通の速さなので良いのですが、「L,M,N,O,P」の部分が速いため、まったく口は回っていませんが^^;

でも、ついにあの英語教材もやってくるし・・・(笑)
がんばります♪

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
幸せのお裾分けいただきました。

この数ヶ月くらい英語育児というものを意識するようになってから、日課になったことは、英語育児を実践されている方の英語育児ブログを読ませていただく!ということです。

Yuzyママも恐れ多くも参加させていただいている親子英語ランキングのページを拝見すると、本当に参考になる英語育児ブログが満載です。その中でも、お気に入りなのが、今回リンクを貼らせていただいた普通のママさんの『普通のママのバイリンガル育児』です。

二人のお子さんのプリスクール、日本の幼稚園、小学校、アフタースクール等、英語育児に関する記事がとっても詳しく丁寧に書かれています。そしてお子さんがお使いになっていた英語教材も取扱うお店の店長さんでもあります。教材に関する情報も事細かに書かれていて、英語育児をされている方なら、誰しも参考になる情報ばかりです。

最初は、YuzyママもこれからYuzyが辿るべき道と似ている部分があるのではないかと思い、参考にさせて頂いたのですが、どんどん読み進めるうちに、普通のママさんの二人のお嬢さんへの愛情がひしひしと行間から感じられ、その温かいお人柄に魅せられ、気がついたら最初の日記から現在まで数日で読了してしまいました!!

こんなに自分までもがこれほど温かい気持ちになれるって・・・。なんだか、とても大きな励ましを頂いた気分になりました。(と、ここでママが拙い読書感想文を披露しなくても、英語育児を実践されている方なら、すでにご存知かもしれませんが・・・^^;)

これからも、色々と参考にさせていただきながら、YuzyママもYuzyと共に英語に触れる時間を楽しみたいと思います。

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ つぶやき | コメント(2) | トラックバック(0)
最近の悩み・・・。

英語育児(らしきもの)を実践しているママにとって、目下の悩みは「Yuzyの読み聞かせ」です。0歳児の時は、オモチャに興味はなくても、本に対する執着がすごかったYuzy。

それが、月齢が上がるにつれ、じいじのiPadを操作し出し、パパのMacを操作し出し、ママのiPhoneを操作し出してからというもの(すべてアップル社^^;)、世界が広がったのか、本に対する興味は全くといっていいほど、なくなってしまいました。

英語教室でも苦労しているのが、この読み聞かせの時間。とにかくじっとしていることができません。周りは単なる月齢的なものだと言ってくれるのですが、果たして本当にそうなのか。実は、今とっても欲しいリーディング教材があるのですが、とにかくこれほど絵本に食い付きが悪いと、ママとしては無駄な出費となりそうで、怖くて購入できないでいます(汗)

それでも、今日は帰宅してから、夕飯を食べる前に、Yuzyを読み聞かせの空間に招いてみました(笑)。まず最初にママが手に取ったのは、ワールドワイドキッズ(WKE)のStage4で送られてくる「Let's Make a Sandwich」という絵本(Amazonでは見つかりませんでした)。

まずは、パンにバターを塗り、
チーズを挟み、トマト、レタスも挟み、
魚も・・・(おっと!これは違った)


なんて調子でお話が進んでいきます。
最初の"bread"という単語も、日本語のパンを先に覚えてしまっているため、なかなかYuzyからは出てきませんが、ママはしつこく、"Oh, you mean bread?"などと、リピートしていました。

途中、牛乳とジュースが出てくるページがあるのですが、この2つが大好きなYuzy(正確には牛乳ではなく、ミルクが好きなのですが)。もうここのページが待ちきれなくて、ひたすらページをめくろうと攻めまくっていました。不思議なことに、そのページに辿り着くまでは"Milk"と連発していたのですが、"Milk"と書かれた挿絵を見るや否や、「牛乳」と・・・(笑)。彼女の頭の中は、一体「Milk = 牛乳」という図式は成立しているのでしょうか。

以前、勤務先の大学院教授(言語学者)に、一つのものに対して2つの言葉を教えると、混乱する場合があると言われたことがあります。しかし、以前から何度かご紹介しているバイリンガル教育専門のマー先生の意見では、英語と日本語を混ぜるのではなく、それぞれ使い分けて話していれば大丈夫と言うことでした。どうやら、専門家の間でも意見が分かれるようです。

そんなこんなで、今日はこの本以外にも、同じくWKEのStage4から「Mimi Goes Shopping」も読み聞かせました。これは、メインキャラクターのMimiちゃんが出てくること、そしてYuzyの大好きな(といっても、実際にはほとんど食べたことがない)「Ice Cream」が出てくるので、そのページだけ食らいついていました(笑)。

自宅に戻ってからは、WKE、Stage2で届いた「Baby Yoga」を実践^^(って、これは読み聞かせではないですねー^^;)



と、まあ、なんとか3冊チャレンジしました。
普段は仕事から帰宅するとぐったりのYuzyママですが、明日は有給休暇を頂いているので、今宵はちょっぴり頑張ってみました。

あー、それにしても、欲しいなあ・・・。
あのリーディング教材(笑)。

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 リーディング | コメント(0) | トラックバック(0)

MLS親子クラス7回目

2012/06/11 Mon 06:21

聞いてないようで、聞いているんです(笑)

朝からママは美容院へ。ちょっと前までは、パパに預けられると「ママ~、ママ~」と大騒ぎだったYuzyも、最近では普通に「またね。See you」とか余裕すぎて、ちょっと淋しい気分に><と言っても、泣かれるよりもいいけれど。

美容院は予想以上に時間がかかり、その後のん気にお昼ご飯なんて食べてたら、Yuzyの英語の始まる時間。慌てて帰ってきて、雨が降っていたので、パパに送ってもらい教室に飛び込みました。予想通り、本日もプライベートレッスンのはじまり、はじまり。ってか、皆さん、月謝支払っているはずなのに、どうしちゃったんでしょう。やっぱり土曜日の夕方って時間帯が良くないのかな?

今日は、授業が始まる前に、「Hello~」と挨拶の練習を何回もしたはずなのに、先生を目の前にすると何も言わないYuzy。そして、「Hello」は「へお~」になっています(笑)。英語の「L」の発音が出来ないというより、日本語の「ラ行」が言えてない^^;

サークルタイムでは、歌の時間になると、曲に関係なく、自分から先生の手を握り、まさしく「サークル」を作ろうとするYuzy。お歌=手をつなぐという図式が彼女の中では成立しているようです。

今日もいつもと同様、歌の時間、工作の時間はノリノリだけれど、読み聞かせの時間は教室を徘徊><まだ、他に生徒がいれば良いけれど、Yuzy一人のために読み聞かせをしてくると申し訳なくて、先生にひたすら謝ってしまうママ。すると優しい先生からは"That's okay. She's listening anyway..."と言われると、それを聞いているかのように、先生が読んでくれた"flamingo"の単語に反応して、教室の隅からYuzyの「フラミンゴー」の声が・・・(笑)。すると、先生"See! She's listening!"と、ちょっぴり救われた瞬間でした。

工作の時間は鳥を作りました。この鳥、自分の手を描いて、それを切って作るというもの。そこに羽をつけて、なんともアメリカらしいクラフト^^; 最初はどこがBirdなの?と思いましたが、こうしてみると、見えますね。今回はママも作りました。



そして今日も最後は飽きてきたのか、Good bye songを歌う前に一人教室を出ようとするYuzy。でも、家に帰ると、「えいご、いく」を連発(笑)。一体どっちなんだーと未だによくわからない母です。

楽しかった英語もあと3回で終わり。最後に先生と記念写真撮りたいな。なんといっても、Yuzyママが大ファンの先生ですから!

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 親子英語クラス(1歳8ヵ月~) | コメント(0) | トラックバック(0)

MLS親子クラス6回目

2012/06/08 Fri 06:03

充実した50分!

2週間ぶりとなったYuzyママとの親子クラス。前回は、レッスン中終始眠そうだったというパパの報告を受け、今回はYuzyを昼寝させてから授業に向かいました。

今思うと、1ヵ月半前、初めてこの教室の門を叩いたときには、ママから離れなかったのに。今では、ママが上履きに履き替えている間、自分一人でお教室に向かい、先生と楽しく遊び始めています。本当に子どもの成長とはあっという間なのだと、またまた感じさせられました。

この日は先生に残念な報告をしました。本部には伝えてあったのですが、6月いっぱいでレッスンを退会しなければならないということです。先生には、プリスクール探しをしていると伝えてあったので、もしかすると分かっていたかもしれませんが、やはりとても良い先生なだけに、お別れは辛いです。そして、何より普段あまり外の人とと接したことのないYuzyが、これほどまでに心を開いてなついていたということ。そして、ママも、あまりにも可愛すぎる先生に惚れていたということ(笑)。MLSは長年の実績があり、カリキュラムも徹底しているので、きっと「習い事」としてなら、最高の環境だと思うのですが、保育園としての機能は持たないため、残念ながら「英語保育」を希望する我が家は、別の選択をしなければなりませんでした。

肝心の今日の授業は・・・。4組いるはずの親子クラスですが、今日もまたまたプライベートレッスン^^; この日のYuzyはお昼寝が功を奏してか、終始期限もよく、先生の発する単語をひたすら真似ていました。やぱりネイティブの後に続いて発音すると、Yuzyの発した単語も英語のように聞こえ、あら不思議(笑)。本当にこの月齢の子どもの吸収力とはすごいものです。

紙芝居の場面では、今回もやっぱり座ってお話を聞いていることができませんでした><折角先生が素敵なお話を読んでくれているのに、全くお構いなしで、教室を探検中のYuzy。ましてプライベートレッスンだというのに・・・。こういうときは、どうすればいいのかと、ママがおたおたです。でも、授業後、先生はこれくらいの月齢の子は、それが普通だと言ってくださり、ちょっと気持ちが軽くなりました。

しかし、工作の時間は本領発揮!色紙を見ると、目が輝いています。今日は、ゼリーの鯉のぼり!?らしきものを作りました。カラフルなゼリーが泳いでいるというもの(笑)。でも、セロテープでぐるぐる巻くのですが、ママが不器用すぎて、ちょっと汚くなってしまいました(汗)でも、出来上がったゼリーをひたすら振って楽しそうなYuzy。家に帰ってからも、ずっと遊んでいました。

週1、50分というとても短い時間の英会話教室ですが、やはり外で受ける刺激は、家の中にいる50分とは全く違ったもののようです。ママやばぁば以外の人と接し、先生主導のもと新たな体験をしていく・・・。家で同じ環境はなかなか作り出せないので、こうして早いうちから外に出て、色々と接することは大事だとつくづく感じた日でした。



こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 親子英語クラス(1歳8ヵ月~) | コメント(0) | トラックバック(0)
素晴らしいというより凄いWKE!?

本当は「ワールドワイドキッズ(WKE)の素晴らしさ!」とタイトルを付けようかと思ったのですが、素晴らしさ・・・では、どことなくお上品で、凄みが伝わらないので「凄さ」にしてみました。(って、どうでもいい話ですが^^;)

以前、書いたことがあるように、我が家でのワールドワイドキッズ(WKE)の取り組み方と言えば、DVDを見せるだけで、Parents Guideに載っているであろう(?)親子での取り組みは全くゼロです。と言うのも、一番の理由は、Yuzyママが英語育児を始めた時には、「英語育児」などという考えは全くなく、単純にママが居なくても、勝手に楽しんでもらえる教材が欲しい。などという、育児放棄もいい考えの下、買い与えたものでした。(なので、よく英語育児を実践されているご家庭で悩まれるDWEにしようか、WKEにしようかなどという考えは一度もありませんでした^^;その前に、DWEという存在すら当時は知らず^^;)

ちょうどWKEを始めてそろそろ1年となりますが、今でもスタンスはDVDを見せるというものです。でも、やっぱり子どもの吸収力は素晴らしい!というか、きっと作りが「凄い」からそうなるのかもしれません。とにかく飽きることがないよう、Mimiちゃんのアニメーションあり、歌あり、ダンスあり、フォニックスあり、そして向こうのプリスクール、家庭の模様、工場見学まで・・・。しかも、プリスクールの子どもたちの英語は米語も英語も混ざってます。そんな様々な場面が、数分ごとに切り替わっていくので、30分惹きつけられっぱなしです。しかも、DVDのリモコンなんかを傍に置いておいたときには、何度でも自分で再生しています(きっと、1巻が30分で終わるのは、それ以上見せないためだと思うのですが^^;)

実際、DVDに出てくる単語はかなり覚えているようです。そして、最近始めた付属のCD-ROM。こちらも歌があったり、単語ゲームがあったり、会話が聞けたりとかなり盛り沢山な内容なのですが・・・。今までYuzyにはまだ早いと思ってスルーをしていた、「お絵描き」の機能。勝手に、触らせていたら、こんな絵が出来上がっていました(笑)。
WKE

このMimiちゃんのCD-ROMをやりたさ(+YouTube見たさ!?)に、いつの間にかパソコンの操作も覚えていたYuzy。なんだか、WKEを通じて、色々とできることが増えてきたようにも感じます。

とは言え、ネイティブのキッズが見るようなDVDと比べると、語彙数も限られていたり、速度もゆっくりだったりと、多少日本仕様となっていることは否めません。しかし、我が家では英語を始め、英語を楽しいと思えるようになってくれた(と信じたい^^)入り口がこのWKEだったので、大満足です。

きっと、WKEの存在が無ければ、英語のプリスクールへ行かせようなどと考えもしなかったかもしれないし・・・。そう考えると、まさしく英語育児の柱を作ってくれたWKE。ますますMimiちゃんが愛おしく感じます(笑)。

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 WKE | コメント(0) | トラックバック(0)

MLS親子クラス5回目

2012/06/04 Mon 22:30

Yuzyパパと参加の親子クラス!

MLS親子クラス5回目のこの日は、親子クラスといいながら、Yuzyママは欠席。というのも、この日は全日本女子バレーボールの観戦に行っていたからです。

ピンチヒッターは、英語がまったく出来ないYuzyパパ。実はこの日のために、第2回目のクラスに一緒に出席していました。先生と初対面でいきなり授業は気まずいからだそうです(よく分からぬ理由・・・^^;)

前日から、「よろしくお願いします」って英語では何と言うの?と聞かれ、普通に「잘 부탁합니다(チャルプッタッカムニダ)」と答えてから、それは韓国語だったと気付くYuzyママ(笑)。韓国語は日本語と文法もほぼ同じ、単語も非常に似ているため、かなりの確率で同じように言えることが多いのですが、そうやって考えると、英語という言語は、置き換えられない言葉がたくさんあるなーと改めて感じました。「よろしくお願いします」なんてまさに英語の表現にはないアジア独特の概念なのかもしれません。

で、肝心のレッスンはというと・・・。
先生からの後日報告では、歌も積極的に一緒に歌ったり、単語もリピートしたりと"Yuzy was doing great!"だったそうですが、Yuzyパパについて聞くと、"He was doing all right"というものでした(笑)。ってか、まさか夫まで評価しなければならなかったとは先生も思っていなかったでしょうが^^;

でも、パパによると、この日のYuzyは相当眠かったらしく、後半はずっとパパの膝に伏せたまま。かなり眠気と戦っていたそうです。そうそう、でも、学校のFAQによると「子どもがレッスン中寝てしまうのですが」という問いかけに、「寝ていても案外子どもは聞いているものです」といったような答えが書いてあり、笑ったことがありました(余談ですが・・・。)

でも、工作の時間は張り切っていた模様。たんぽぽの種(綿毛)が完成したようです^^
さて、次回はまたまたママとの参加。
眠くならないよう、しっかりお昼寝を済ませてから参戦しましょう(^J^)

写真 (1)

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


 親子英語クラス(1歳8ヵ月~) | コメント(0) | トラックバック(0)

ゆとりバイリンガル育児

2012/06/02 Sat 09:23

周りのバイリンガルに共通していること

英語育児などというものを意識し出してから、Yuzyママが取り入れていること!「まわりのバイリンガルに話を聞く」これに力を注いでいます(まさに他力本願というところです><)

残念なことに、ママは英語を使って仕事はしているものの、バイリンガルと呼ぶにはおこがましいレベル。いやっ、アメリカから帰国し、まだ社会人経験がなかった頃には、「バイリンガル」と思っていたかもしれません。それが大きな勘違いだったの気付いたのは、10年前に今の職場で働きだしてから。なぜなら、2カ国語(中にはそれ以上)を同等に扱える真のバイリンガルがたくさん周りにいたからです。

もちろん中には両親の仕事の関係で、幼少から海外で過ごした、あるいは向こうで生まれたという人たちもいます。でも、圧倒的に多いのは、「高校から、単身アメリカへ渡った」というケース。なので、中学卒業の時までは、まったく普通の日本人。英語なんて、それこそ教科書英語しか学んだことがないというレベルです。

それが、高校時代、海外へ一人渡り、ホームステイをしながら現地の高校へと通い、そのまま大学も向こうで卒業。この16歳から英語をスタートすることで、いわゆるバイリンガルというレベルに達している人たちがかなり多いのです。その中でみんなに共通していることは、やはり義務教育をしっかり日本で終え、母国語である日本語がしっかりしていたということ。当然、日本の高校に進学していたら、更に日本語としての知識も増えたのでしょうが、ただ日本人として生きていく基礎は中学卒業まででしっかりと出来上がっており、後は自分で読書をしたり、新聞を読んだりすることで、日本語は十分に養えたといういこと。これが、共通しているような気がします。

そうして考えると、今1歳のYuzyに行っている英語育児。実は、もっと肩を抜いてもいいんじゃないかという気がしてきました。そして、母国語である日本語をしっかりと植えてあげる。これも、とても大切なことだと気がつかされました。

ちょっぴり、肩の力を抜いて、「ゆとりバイリンガル育児」
楽しみたいと思います^^

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)

1歳10ヶ月の成長記録

2012/06/01 Fri 06:06

1歳10ヶ月のYuzyと英語

今日で、Yuzyは1歳10ヶ月となりました。8月1日生まれなので、月が替わると同時に月齢が変化するので、案外覚えやすいです。(といいながらも、過去忘れることもしばしば^^;)

この1ヶ月のYuzyの発話と言ったら、本当に驚かされるものがありました。Yuzyというより、これくらいの月齢が一番発達が顕著なのかもしれませんが・・・。最近一番ビックリしたのが、朝出勤をしようとした私に、「ママ、けいたいもった?」2歳に近い1歳児と言えども、こんなこと言うんですねー。それは、ママがしょっちゅう忘れて、Yuzyばぁばによく小言を言われることを聞いての発言のようです(汗)

発話が増えたのは嬉しいのですが、逆に日本語が確立されつつあり、ちょっと焦ったりもします。以前プリスクールに見学に行ったとき、2歳からのクラスは、まだ日本語・英語が確立される前からスタートすることが効果的とのお話だったので、彼女の場合、饒舌なばぁばに育てられているせいか、おしゃべり(といっても宇宙語)が著しく、この図式は当てはまらないような気がしてなりません。

そんな中、肝心な英語はというと・・・。最近、Yuzyママが家探しに気を取られていて、全く語りかけもしていなかったせいか、これといって収穫はない気がします。ただ、今朝ちょっぴり嬉しかったことが一つ。

まだ朝晩ミルクを飲むYuzyですが、今朝も「みぅく、みぅく」という一言で起こされました。寝ぼけ眼のYuzyママが「ミルク飲むの?」と聞くと、「はいっ」とお返事。あれ、これじゃいかんー!と慌てて、「Do you want some milk?」と聞き返すと、「いぇしゅ」と言うではありませんか!?英語で言われていることが分かっていても、家族(じぃじ、ばぁばも含めて)で英語を話すのはママしかいないため、受け答えが全くといって出来なかったYuzy。でも、ママが何度も"Can you say yes?"いや、時には"Say yes!"としつこさ&迫力満点で迫っていたため、ついに諦めたようです(笑)。

あー、でも確実に日本語が蓄積されていく彼女を見ていて思うこと。やっぱりそれだけ日本語というシャワーを浴びている分、どんどんアウトプットにもつながっていっているんだなぁと。当たり前のことですが、家で英語の語りかけをちょっとしたからと言って、日本語と同じように言葉が出てくることはないのだと身をもって実感した1ヶ月でした。

英語というシャワーも、もう少し意識的に取り入れて、6月は楽しみたいと思います!

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

◆ Yuzyの成長記録 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。