スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

親子英語観が一変した日

2015/12/08 Tue 14:41

衝撃的だった保持教室の個人面談!?

先日、娘の通う帰国子女保持教室の個人面談へと行ってきました。こちらの教室では毎年10月と3月に、来年度のクラスの進級テストを行います。実際には、10月のテストでほぼ次のクラスが決定し、3月のテストでレベルダウンが見られなければ、そのまま進級という形になるようです。

今回の面談での評価項目は「理解力、読解力、文法&ライティング、スペリング、ハンドライティング、授業態度、宿題」の7項目。これに、進級テストの結果が加わり、「読解の正確性」「読解の理解力」においてはスクール全体の平均点と個人の得点が示されます。

現在娘が在籍する年長クラスのテストは、Grade1のリーディング教材より。ここから1つストーリーが選ばれ、音読を行い、質疑応答と続いたようです。読み間違えた単語にはマークがしてあり、また質問された答えの回答も、先生がすべて記述されています。(それを読みながら、娘の珍回答に大爆笑してしまったママですが^^;)

今回の面談では、現在の娘の英語力というよりも、今後どこに向かって進むべきか。そして、その力が将来的にどのように繋がってくるのか。そんな部分に焦点を当てながら、スクール長の先生がご説明くださいました。

以前から何度も綴っている通り、こちらのスクールが最も力を入れているのは「リーディング」。授業は英語で行われることから、もちろんその他のスキルアップは望めるものの、英会話教室のようなスピーキングを引き出すような取り組みを行ったりすることは一切ありません。英語の発話は、後から十分に付いてくると考えられているこちらのスクールが、とにかく重視しているのが「読む力」というよりは「読み取る力」。

今回のテスト問題であったGrade1のLanguage Artsのテキストを見ながら、先生と一文一文確認していくと、小学校1年生ながらも、文章中には答えがなく、行間を問うような問題が出されていることに驚きました。今まで"Reading Comprehension"という言葉は幾度となく聞いたことがあっても、こういった「読み取る力」の育成が、海外では非常に早いうちから行われているということを、目の当たりにした瞬間でした。

まさにこの手の問題は、大学や大学院レベルのTOEFLやGMATの試験でも見られます。こんな幼児期〜学童期の早いうちから、ただ音読ができたり、単語の意味が分かったりというだけのレベルではなく、コンテクストを読み取ることにより、思考回路を育てていく。学びの本質を追求していくといったもっと大きな課題がこの"Language Arts"には込められているのだと初めて気づかされました。

そして今回の面談で印象的だったのが、「母語を育てる」ことを、先生が何度も強調されていた点。豊かな言語環境とは、豊かな母語環境から始まるといっても過言ではないほど、ここに注力していかない限り、英語の伸張は望めないのだということを痛感しました。

語りかけ、かけ流し、自力読み、読み聞かせ、DVD視聴などなど、とにかく欲張って色々なことを手当たり次第やりたくなってしまいますが、親子の日頃の会話だったり、読み聞かせの後の対話だったり、もっともっと大事にしていなければならないことがたくさんあることに気づかされた瞬間でした。

ちょうど週末に届いたモンテッソーリ教師養成講座のエレメンタリー過程(6歳〜9歳)のテキスト。これ1冊で300ページ以上あります^^;国語という教科の枠を超えた"Language Arts"そのものを探りながら、これから娘が辿っていくべき方向を、もう一度しっかりと見直したいと思います。
Language Arts

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 帰国子女保持教室 | コメント(4) | トラックバック(0)

英語が消えていく瞬間!?

2015/11/28 Sat 18:14

我が家が犯した最大の親子英語の失敗

この1週間は、親子英語のリズムが非常に崩れた週でした(笑)。その理由は、週2回の保持教室が教師研修のため、お休みだったから。たとえ1回50分とは言え、週2回のレッスンがないと、それだけでかなり英語のロスを感じます。そしてレッスンがお休みだったことで、宿題もやらなくて良いということで、家庭での英語時間のリズムも崩れまくり^^;

英語がなければないで、全くと言っていいほど普通の日常。これを普通だと感じてしまった瞬間が、まさに英語が消えていく瞬間なのだと感じました。

1日英語に触れないと、2日触れなくても大丈夫になってしまう。
2日英語に触れないと、3日触れなくても大丈夫に。
3日英語に触れないと、4日触れなくても・・・。

こうして英語はどんどん消えていき、最終的には消えたことも違和感すら抱かなくなってしまう。

まさに、これが我が家が以前犯した大きな失敗です。

親子英語の挽回を目指していても、週2回の保持教室の存在の大きさをひしひしと感じた1週間でした^^;
いつかスクールに頼らなくても、親子英語だけで実りある英語時間が過ごせたらなどと感じていたものの、全く実現しそうにないことを悟った今。

さらなる充実を目指して、もう一度何が必要か考えてみたいと思います。
語りかけ、テーマ学習、コースブック、読み聞かせ、自力読み・・・メニューは色々あるけれど、どれも1つだけでは万全ではない。娘の興味に合わせながら、組み合わせてみたり、バランスを意識してみたりといった母のさじ加減が、とても大事であると感じています。

ちょっぴり英語の後退を感じた1週間でしたが、たまには立ち止まって考えてみる時間も必要。そんな風に楽観的に捉えて、来週からは平常運転をしっかりとこなしていきたいと思います^^;

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 帰国子女保持教室 | コメント(0) | トラックバック(0)
収穫の多かった初めてのスピーチコンテスト

先日、4月より通っている帰国子女保持教室主催の英語スピーチコンテストがありました。初めてのことで勝手が分からず、とりあえず言いたいことを数行で用意し、暗記。本来のスピーチに求められるアイコンタクトや表情、声の大きさ、スピードなど、気にすることなしに臨んだ本番でした。

大きな会場に入ると、5歳児の第一声は「ワクワクする~」(笑)。「ドキドキ」と「ワクワク」の言葉の使い方がごっちゃになっている様子^^;

けれども、舞台へと上がったYuzyは超がつくほど満面の笑み。マイクを通して響き渡る声に、観客の皆さんが耳を傾けてくれる様子が嬉しくて仕方がない様子でした。これが小学生になれば、きっと周りを意識し始めることで、緊張感も感じるようになるのでしょう。けれども、鈍感な我が家の5歳児には、まだそんな感情が芽生えていないようです^^;

ママ自身も準備を始めた当初は、まだ簡単な英語ですら自分の口から出てこない娘に、暗記をさせることにそれほど大きな意味を見出していなかったのですが、実際行ってみると、この数ヶ月間でかなりの収穫がありました。

まず一番は、最初に原稿を用意した当初は、意味すら分かって話しているのか分からなかったものが、途中から確実に自分の言葉となったこと。ブレイクスルーを迎えてから、特にこのスピーチの文章を応用するような場面も出てきました。

そして、英語の抑揚を意識することを体得したこと。ネイティブの友人が吹き込んでくれた動画を見ながら練習したことで、英語の自然な抑揚が少しずつ身についてきたようです。敢えて「日本語とはここが違うんだよ。」と言った説明をしなくとも、身体で覚えたことは、とても意味があった気がします。

最後は、大勢の観客の前で発表することで、自分の英語が通じたことを体験できたこと。これが一番大きかったことでしょうか。英語を話すことよりも伝えることの大切さが少しは分かってくれたらいいなぁと感じています。

また一つイベントが終わってちょっぴり寂しい気持ちを感じていた母。

「ママ、来年のスピーチコンテストはねぇ・・・」なんて終わったそばから、もう次のことを考えている5歳児(笑)。来年は、もっと成長した姿が見られるかなぁ(*’U`*)

***

ティアラを付けて臨んだ当日。
5歳児よりもこのティアラが可愛すぎました~(笑)。


カチューシャ ティアラ ディズニープリンセス ティアラ Disney Princess Sofia the First Tiara 子供 キッズ【ROZZERMANブランド】
カチューシャ ティアラ ディズニープリンセス ティアラ Disney Princess Sofia the First Tiara 子供 キッズ【ROZZERMANブランド】


姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 帰国子女保持教室 | コメント(0) | トラックバック(0)
親子英語の課題は家庭における楽しさの再現!?

毎日何かしら英語と触れる時間を作るよう試みてはいるものの、やはり母語の取り組みが優先となってしまい、どうしても英語にかける時間は限られてしまいます。本気で見直すならば、やはり絶対的に家庭での取り組みをもう少し充実させなければならないのですが、まだまだ模索中の我が家。

そんな中の救世主的存在は、今年4月より通い始めた保持教室です。・・・と言っても、実際レッスンの様子を見てみると、しっかりと勉強させるような時もあれば、「えっ?これって遊んでるの?」と思われるような場面も目にし、果たしてこれで英語力に繋がっていくのだろうか・・・と不安になった時もありました。けれども、この「飴と鞭」のような手法は、まだまだ勉強一筋とは行かない幼児期の子どもには、必要なことなのだと最近実感し始めています。

新学期に合わせ帰国するお子さんが多いことから、スクールの生徒数もどんどん増えている様子。4月には固定メンバーも4,5人だったのが、今では8人、いやもっとそれ以上いるかもしれません^^;一昔前のママだったら、「語学を学ぶには少人数が一番」と信じていたこともあり、8人という人数は多すぎると短絡的な考えに陥っていたでしょう。

けれども、Yuzyがこれほどまでにレッスンを楽しんでいるのは、この「たくさんのお友達」のお陰。一人ではなかなか発話に繋がらなくても、お友達が皆英語を話していると、それだけで英語を話すことが当たり前になってくる。そして何よりも素晴らしいのは、帰国子女のお友達の発話の多さ!!これは決して帰国子女のお友達だけに限らないのでしょうが、みんなの素晴らしい英語に触れると、自然と憧れの気持ちが育ち、少なくともあの空間にいる間は、娘にとって英語がとっても身近な存在となっているようなのです。

まさに、"Let's Go"の著者Karen Frazier先生の仰る、この言葉が脳裏をよぎります。

"Children's memory is not just for the language but also for the environment they are in."
子どもが記憶しているのは言葉だけではなく、自分がいたその環境までも覚えている。


娘が大きくなったとき、思い出すのは、習った英語の内容よりも、楽しかったこの教室のことでしょう。内容そのものは忘れてしまっても、英語って楽しい!と言う気持ちだけが残ってくれたら、ママは万々歳!(笑)。

何かを楽しいと心から感じることほど、パワフルなことはないのだと思います。語りかけ、読み聞かせ、視聴・・・などなど、英語そのものの取り組みは無限に広がりますが、何かをきっちりとやることよりも、楽しいと思える時間を作り出すことに注力したい。心からそう感じます。

出勤前、ママが髪の毛をとかす姿をじっと見ていたYuzy。

"I'm combing my hair. Do I look pretty?"

きっと髪の毛をとかしているだけだったら無反応だったところを、「どう可愛い?」と一言付け加えたところで、自分もとかし始めたYuzy。

"I'm combing my hair, too. Do I look pretty?"

「美」に関する話題が挙がると、絶対に負けたくないお年頃(笑)。"Repeat after me."などと言わなくても、お姫様気取りで、酔い痴れる娘を見て、ちょっぴり発話へ繋げるヒントを見出した気がしました^^

楽しくなるシチュエーション探しが、今後ママに課せられた課題・・・。なかなか、お教室の楽しさをそのまま家で再現することは出来ませんが、娘とママだから出来る、楽しいこと。見つけていきたいと思います(*´v`)

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 帰国子女保持教室 | コメント(2) | トラックバック(0)
たくさんの点が線になるとき!?

先日、帰国子女保持教室にて来年度の進級テストがありました。実際には、3月の2度目のテストでクラスが確定となるようですが、まずは前期終了の時点でどれほどの力が付いているのかを確認。この後、面談にて詳細は分かるようです。

テストは先生の前で本を読み、その後口頭試問。本は読めたけれど、答えられない質問もあったのだとか・・・。リーディングとスピーキングのバランスの悪さは、ここでも発揮されます(笑)。

最近スピーキング強化を始めた我が家ですが、長期的な視点で見たときに軸となるのは、やはりリーディングであると感じます。今の娘は、読んだり聞いたりして分かる受容語彙と実際使うことのできる発信語彙に大きく開きがあるため、ある程度自分の思いを伝えることが出来るよう、スピーキングの強化を試みています。しかし、今後の長い英語との付き合いを考えると、幅広いジャンルの受容語彙の構築は必須であると痛感。まさに専門分野以外は、幼児と変わらない自分を見ると、ますますその必要性を感じるのです。

娘の保持教室のクラスでも、2学期を前に海外から帰国される方たちが多く、新たなお友達たちが増えました。年齢は皆5歳、6歳の同じ帰国子女でもバックグラウンドはそれぞれ。非英語圏でもバランスよく英語力を身に付けてきたお子さんもいれば、英語圏でもスピーキングはネイティブレベルだけれど、読み書きはまだ学習前というお子さんもいます。

そんな多様なバックグラウンドを持つ児童を相手に、スクール側も大変なのではないかと思うのですが、実際には目指す方向が確率しているため、全くそうではないようです。この時期は、まずリスニングとリーディングを通したインプット。大量の良質な英語のインプットがあってこその、アウトプット。まさに、英語の点をたくさん与えることで線にしていく。そんな活動が、日々繰り返されています。

娘の英語をやり直しを始めてつくづく感じるのは、彼女の総合英語力を見ても、穴だらけということ。幼児期はある程度仕方がないのかもしれませんが、案外まだまだ知らない身の回りの語彙があったり、リスニングはほぼ出来ているのかと思いきや、実は全然意味が分かっていなかったりと・・・思い込みって恐ろしいと感じています(笑)。

やり直しを始めたら始めたで、ついつい色々なことを望んでしまうのですが、親子英語は長期戦。
一時の発話量よりも、英語ということばを楽しめる環境が、いつもあるかどうか・・・。
そんなことを意識しながら、ゆっくりと進めていきたいと思います^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 帰国子女保持教室 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。