スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
知性と感性を刺激する出会い!?

親子英語ブログを拝見していていつも羨ましく思うのは、本好きなお子さんたちが多いこと!我が家の3歳の娘、決して読み聞かせを楽しめるタイプの子ではありません。これは、怠惰な母の招いた結果だと自覚しています^^;寝る前の読み聞かせも、本来であれば娘の心行く迄しっかりと読み聞かせてあげれば、案外彼女も本好きな子になっていたのかもしれませんが・・・。寝かせることが先行し、満足な読み聞かせをしてこなかったママ。結果、読み聞かせても、集中して聞いてられない子に・・・><

そんな娘ですが、最近は年齢的なことも関係しているのか、寝る前以外でも、リクエストがかかるようになりました。そしてこのリクエストとはやっぱりORT(笑)。言われるがままに読み聞かせるママですが、残念なことが・・・。

「母の感情移入が出来ない。」

ちなみに昨晩のリクエストはこちら。

Journey. Roderick Hunt, Gill Howell (Ort More Patterned Stories)Journey. Roderick Hunt, Gill Howell (Ort More Patterned Stories)
(2011/01)
Roderick Hunt

商品詳細を見る


Stage1+、語彙数は数えるほどしかありません。リーディング教材のORT。読み方を学ぶことに焦点が置かれていることも事実ですが、それ以前に母が感情移入が出来ない理由として『イギリス文化を知らなさすぎる』のではないかと感じています。ただ、逆を言うと知らないからこそこの絵本に魅せられ、この絵本を通じてイギリス文化と出会いたいと思ったことも事実。

o0480022012721755158.jpg

ORTに何度も登場する"cross"という単語。怒った状態を表すイギリス英語だと知ったのは、ORT初心者のマストアイテムと言われるこの1冊を通じてでした。

イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶイギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ
(2007/03/22)
古川 昭夫、宮下 いづみ 他

商品詳細を見る

「そっか、米語で言う"angry"ね。」と納得はしたものの、実際馴染みがない表現だけにどんな調子で読み聞かせれば良いのか全く分からない。その前にイギリスでは本当にそんな風に使うのかすらも懐疑的(笑)。

思わずイギリス在住の山下かよ子先生のスカイプレッスンの際尋ねると、「よく使う」とのお答え。そして、「自分の感情の前に何かが横切る(crossする)イメージ。だから、angryよりも、ちょっとしたことに腹を立てるといった意味」という解説までいただき、初めてこの"I'm cross."がしっくり来た気がします。

けど、何に腹を立てているのか?よーく見ると、4人を乗せた車の前には"DIVERSION"の文字。道路工事などで迂回することをイギリスでは"diversion"と言うそうです(アメリカで言うとこの"detour"?)。
images.jpeg41_15_13_web.jpg
*画像お借りしています。

この"diversion"のため、バスですら予定通りのルートではなく、隣のストリートで停車などということがあるとのこと。どうやらこの日常茶飯事とも言われる"diversion"だからこそ、Dadが"cross"なのでしょうね。

ORTは、これらのイギリスの日常を知って初めてこの絵本の醍醐味を味わえる部分が多く、ステージとか単語数といった「段階的」なもの以前の課題がママには山積です( ̄ー ̄;

けれども、絵本には世界の入り口となる要素がいっぱい。ぜひ、娘にはこれらを味わってもらいたいと考えています。子どもの頃は決して知識としての英語ではなく、「もっと知りたい」と好奇心を駆り立てられるような世界を感じて欲しいと思います。知性と感性を刺激するような、そんな出会いが絵本には詰まっていると感じるからです。

いやぁ、イギリス文化がさらに気になってきた・・・。
どうやら、母が一番刺激されているようです(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 ORT | コメント(0) | トラックバック(0)
初めて本気で意識しだしたフォニックス

我が家のフォニックスの歴史は1年ほど前から。
ママがフォニックスというものを初めて知り、家庭でJolly Phonicsを導入したのが始まりでした。

けれども、Yuzyは当時2歳を迎えたばかり。
なんとなくアルファベットに親しんだり、Jolly Songを口ずさんだりと、取り組みと呼べるような取り組みもせず、だらだらと。

けれども、彼女も3歳になり、通い出した英会話教室でもフォニックスを重視している模様なので、家庭でも少しずつ取り組みをしていこうかと考えています。

そんな時ちょうど届いたOxford University Pressからのダイレクトメール。フォニックス教材としてこちらが紹介されていました。
Phonics1.jpg

Oxford Phonics Spelling Dictionary (Oxford Reading Tree)Oxford Phonics Spelling Dictionary (Oxford Reading Tree)
(2013/01/03)
Roderick Hunt、Debbie Hepplewhite 他

商品詳細を見る


最近家でフォニックスの取り組みをしていて、"a,a, apple"のような決まり文句を口にすると、「ママ、a,a, antもあるでしょ?」とツッコミが入ります(笑)。音を馴染ませることが目的であって語彙を増やすことが目的ではないという位置づけだったのですが、本人は"apple"から発展しないのはご不満な様子^^;

案外、この1冊はすぐに使える日がやって来るのではないかと、気になっています。

Phonics2.jpg

いつまでも「まだ小さいから・・・」という理由で出し惜しみしていてはいけませんね^^;「英語=難しいもの」にしているのは、案外親の方かもしれません。その月齢の知的レベルにあったものを、与えていかなければ楽しいものも楽しくなくなると最近娘から教わっています。

あぁ、こうやって見ると、やっぱりキッパーは可愛い。
この愛くるしいお顔が、ママを今日もまたポチッとさせてしまうのだと怯えてます^^;

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」スタートしました!


ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 ORT | コメント(0) | トラックバック(0)
Kipperに再会できて嬉しい母(笑)。

寝る前の読み聞かせ「えいご、やだ。にほんご」事件から、読み聞かせ時には妙にナーバスになる母(汗)。

あれだけKipper Loveだったのが、最近はすっかりご無沙汰となってしまったORT。そこで、この日は気分を変えて、昼間から誘ってみることにしました。

「最近Kipper読んでないね。読んでみる!?」


すると意外や意外。
あっさりと「うん」の返事。

一時ブームだったこれを手に取り、自力読み(のふり)を始めました^^;
Read at Home: More Level 1C: Mum\'s New Hat (Read at Home Level 1c)Read at Home: More Level 1C: Mum\'s New Hat (Read at Home Level 1c)
(2005/09/01)
Roderick Hunt、Cynthia Rider 他

商品詳細を見る


自力読みと言っても、読めるのは登場人物の名前のみ。それでも読めたことに気を良くしたのか、「More More攻撃」が始まり、短時間で5冊制覇^^;
RAH.jpg

ORTのような段階別のリーディングシリーズの素晴らしい所は、自身のレベルに合ったストーリーが選択でき、消化不良にならないとこ。今のYuzyのお気に入りメイシーちゃんシリーズは、どうしても語彙数が多く、彼女自身理解できない部分が多いため、物語を理解しようと日本語を求めてくるのかもしれないと思いました。Kipperが復活すれば、寝る前の読み聞かせも英語復活なるでしょうか。

この日のラインナップを見ても分かる通り、YuzyはKipperシリーズよりもRead at Homeシリーズがお気に入り。やっぱりあのハードカバーで小ぶりな感じに親近感が湧く!?^^

子どもが興味を持てるよう、親が環境を整える!

またもやモンテッソーリ的思考ですが、最近つくづく大事だと感じています。

さて、今宵の読み聞かせは如何に・・・!?

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 ORT | コメント(1) | トラックバック(0)
ORT Teacher Training DVDにてママ学習中・・・Part2。

「家庭でできる!?ORTレッスン大解剖~3-4歳編~」
の続きです。

前回3~4歳のクラスでも得ることは多かった母ですが、4~5歳のクラスとなるとまた授業内容もコロッと変わり、これまた映像の前で釘付けとなっています。

最近読み聞かせは定着してきた我が家ですが、今後どのようにそれを自力読みにつなげていけばいいのか、そして書くことへつなげるにはどのような過程を踏む必要があるのか・・・。当然、第二外国語と母国語の習得プロセスは異なるものの、ネイティブの子たちはどのように英語を学んでいくのか。そこから日本に暮らす我が家が応用できる部分はないだろうか。そんな気持ちで、ORTを実際に使いながら進められていく現場の様子をじっくりと観察しています(笑)。

***

今回の映像の詳細は以下のとおり。(前回、わざわざORT Koreaまで飛んで視聴した映像ですが、You Tubeにしっかりありました^^;)

スクール&クラス: モンテッソーリスクール, Reception Year
年齢:4歳~5歳
児童:ネイティブとノンネイティブの混合
目的:リーディングからライティングへの移行学習
題材:Oxford Reading Tree, Stage 1, "Fun at the Beach"

Oxford Reading Tree: Stage 1: First Words: Fun at the BeachOxford Reading Tree: Stage 1: First Words: Fun at the Beach
(2008/01/10)
Roderick Hunt

商品詳細を見る


このスクールでは週5日ORTを題材に授業が行われています。
この日の学習目的は、リーディングからライティングへの移行学習

まずはクラス全員で音読したあと、先生がお手本として一人で読み上げます。
その後、Kipperたちを指しながら、本文の文章をそのまま読み上げることが出来るような質問を先生が投げかけます。

Fun at the Beach

ex) Who are they? - Kipper, Chip and Biff.

# アクティビティー1:「Look for Mum, Dad, Chip, Floppyゲーム」
目的:子供たちの単語の認識力を確認するためのゲーム。

生徒を一人ずつ呼び、登場人物の名前が書かれた紙を袋の中から選ばせます。
一人の子がそれを選んだら、クラス全員に見せ、クラスは何と書いてあるか読みます。

「Chip」と書いてある紙を引きます。
先生: Where can you see Chip? Where is he?

クラスの中にはチップのくり抜いた絵が飾ってあり、子どもたちはチップを指差します。
先生: Look, it's on the board.

Chipはどのようにスペルを書くか生徒に尋ね、黒板には、Dadの「D」、Mumの「M」、Chipの「Ch」、Kipperの「K」、Floppyの「F」が書いてあります。
ex) D for
K for
F for
B for
M for
Ch for

forの後に、それぞれの絵を入れていくのが目的です。

先生はそれぞれのアルファベットをフォニックス読みをして、どれがChipのstarting word(最初のアルファベット)かをクラスに聞き、生徒は当てはまるところに、Chipを貼ります。

第2ラウンド開始
次の子を当て、袋の中から紙を取るよう指示します。

先生: Who is that?
生徒は「Biff」と答え、クラス全員に見せます。
先生: B, B, Biffとフォニックス読み。

もう一つの黒板にはLook at _____と書いてあり、主人公たちの絵が貼ってあります。
この____の相当部分に今引いたカードを貼ります。
また、先ほどのChip同様、クラスにBiffのくり抜いた絵が貼ってあります。

先生:What is the first letter for Biff? B, B, Biff
生徒:B!

黒板の絵を指し、
先生: Who is this?
生徒: Dad
先生:What is the first sound of Dad's name?
先生: D, D, D, everybody D, D, D
フォニックス読みを練習です。

先生: D, D, D for Dad

全員で繰り返します。

ここで行なっているのは、initial sound of words(単語の最初の文字の読み)の練習。
このアクティビティーは、初めて自分が書く時の準備となるようです。

# アクティビティー2:ライティング練習
目的:キーワードを使用し、今まで習った簡単なセンテンスを構築する。

黒板に書かれた以下のセンテンス。

Look at Dad.
Look at Biff.
Look at Chip.
_______ Floppy.

上から順に生徒は読んでいきます。すると、Floppyの前には抜けている文字が。
指名された生徒は前に出て、抜けている単語"Look at"を書き入れます。

# アクティビティー3:単語並べゲーム
目的:センテンス構築。マジックテープで壁に付いている散らばった単語カードを並べさせる。
効果:何度も練習させることで、生徒のリーディングとライティングの自信をつけさせる。このアクティビティーはよくある間違いを気付かせるにも有効。

先生: Look at the dog.

このように問題を出され、前に出てきた男の子は、それぞれの単語を探し、並べていきます。
男の子は"look"の小文字を選んでしまいます。

先生: Is this all right?
生徒:Yes
先生:Everything is right? Yes? Even the word "look"
生徒: No
先生:No...why not?
生徒: Because it's a small letter.
先生:Can you try to look for a big capital letter?

男の子は大文字の"Look"を見つけます。

先生: Okay, change.

出来上がったものをを前に出て来た子に読ませます。

先生: Is this all right?
生徒: Yes
先生: Fantastic! Briliant!!

# アクティビティー4:ワークシート
目的:ワークシートをすることにより、今まで習ったスキルをさらに強化。

以下のように、単語の最初のアルファベットが抜けている。

"Look at __um."
"Look at __ad."
"Look at __iff."

1問目を差しながら・・・
先生:What's missing?
生徒:The big M

その後、実際にMを書かせていきます。

この教室で使ったもの

★ Story Book/Big Story Book


★ Big Talkabout Cards


★ Teacher's Guide Stages 1-3


★ Character Cutouts


***

今回この映像を通して感じたのは、とにかく「リピート」が大事だということ。フォニックス読みを、すべての場面において先生が強化している姿から、強く感じました。また、映像では割愛されていますが、やはりクラスという場面から、多くの子に同じ課題が与えられ、指されていない子どもも、他の子が答える姿から学んでいるんだろうなぁ・・・と。

そして、お手本をあらかじめ示しておき、生徒が「できる」ことで自信や達成感を与えている印象も!"Look at"の一つをブランクにしておくなど、決してすぐに自分で書けることを目的にするのでなく、まずはお手本を見ながらでも、確実に書けるようにすること。この段階を踏んだやり方が、きっと子どもたちには大事なのかという気がします。

最後に、学習目的は同じでも、ゲームをしたり、単語カードを使ったり、ワークブックを使ったり、とにかく子ども達を飽きさせない工夫が随所にされているということ。この工夫は、Yuzyが1歳の時通っていた英会話スクールMLS(モデル・ランゲージ・スタジオ)参考記事)の授業で最初に学んだことでした。とにかく分刻みに用意されたアクティビティーにママは圧倒され・・・。でも、子どもたちを飽きさせないようにテンポ良く授業を進めるには、事前準備は必須!この準備は、今回のこのお教室でも至る所で見られた気がします。

今回のお教室の内容をすべて家庭で取り入れることは難しいですが、「リピート」「達成感」「工夫」のキーワードを念頭に、我が家でもこれからもORTをフル活用していきたいと思います。それにしても、こんな授業・・・。ママが体験してみたい(笑)。

追伸:少しの間、ブログを休止します。と言いながら、すぐに戻ってくるかもしれませんが・・・^^;いつもご訪問いただいている皆さま、どうもありがとうございます。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 ORT | コメント(0) | トラックバック(0)
ORT Teacher Training DVDにてママ学習中・・・。

最近、ママが食い入るようにに見ているのがこちらのページORT KoreaのORT Teacher Training DVDの映像です。きっと本家イギリスにも同じものが存在するのかもしれませんが、イマイチ該当映像は見つけられず・・・^^;

【2013.2.14追加】
お友達にYou Tubeに同じ映像があることを教えてもらいました〜^^
こちらから視聴出来ます。

最近では、ほうかごEnglishさんのORTを使用したウェブレッスンが人気だったり、親子英語界では熱が冷めやらないORT。我が家でも読み聞かせは習慣化されてきたものの、実際読み聞かせ以外に、どのようにこのORTを進めていけば良いのか・・・。これほど魅力的な絵本が手元にあるにも関わらず、フル活用できていないのはもったいない!と、夜な夜なORTのTraining DVDを見ては、アンチョコ作りに励んでおります(笑)。

今日は、このDVDの3−4歳クラスを見ていきたいと思います^^

クラス: Nursery Class
年齢:3歳~4歳(ほとんどが3歳)
児童:ノンネイティブ
題材:Oxford Reading Tree, Stage 1, Wordless Storybooks "The Haircut"

Oxford Reading Tree: Stage 1: Kipper Storybooks: the HaircutOxford Reading Tree: Stage 1: Kipper Storybooks: the Haircut
(2008/01/10)
Roderick Hunt

商品詳細を見る


この映像のクラスでは週に3日、英語を学んでいます。それ以外のレッスンはすべてスペイン語です。3歳児、4歳児の生徒たちはORTのキャラクターたちも分かるようになり、シンプルな英語の発話も増えてきました。

袋の中からFloppyの人形を取り出します。

先生: Everyone, hello Floppy.

このクラスはすべて英語で授業が行われています。生徒たちは、母国語で答えることもありますが、この年齢の子たちは問題がないといいます。なぜなら、答えるということは理解している証拠だからです。

生徒たちは次々に袋の中から紙で出来たORTキャラクターを取り出し、黒板に一人ずつ貼っていきます。

先生 Is Floppy happy?

この"happy"という単語を使い、歌が始まります。(生徒たちも先生の後について、リピート)

♩〜I'm happy, I'm happy, I'm happy all day long. 〜♩

# アクティビティー1:絵本の読み聞かせ

先生 Now, we're going to have a story. Let's have a look at our story.

先生はここで、生徒たちにStoryの中に出てくる小物(くしなど)を袋から取り出させます。

先生 The Haircut (タイトルを読み上げ、自分の髪の毛を指差し、どれがhairか教えます。)
   Who is this? -- Dad
   Is Kipper very happy?
   -- No because Dad is combing his hair, isn't he?

生徒が先ほど取り出したくしで髪の毛をとかす真似をしながら、読み聞かせのスタートです。

先生 Dad was combing Kipper's hair.
   Ouch! said Kipper. Stop, no~~~!
   Oh, Kipper, said Dad. Don't be silly.
   Ouch!
   Is Kipper very happy? or sad?

シャンプーを指しながら、クラスにWhat's this?と先生が聞き、ゆっくりと"Shampoo"と教えます。

先生 They're washing Kipper's hair and Dad's hair.

次のページでは、Mumが驚く姿を先生が見せます。

先生 Mum opens the door.
   Oh no!
   Dad and Kipper had very short hair. It was spiky.

最後は、みんなで"Bye-bye Kipper"と別れを告げ、物語の終了です。

# アクティビティー2:クラフトタイム

クラスはグループに分かれ、先ほどのBig Bookと同じ内容の通常サイズの本がクラスに手渡されます。先生はORT指人形を取り出し、それぞれの絵本のどこにDadがいるかを尋ねます。

先生 Where's Dad in your book?

ORTには、この年齢の子どもたちが更に英語を楽しく学べるよう、ORT指人形やORTシールなどのグッズが揃っています。

先生 What color is Kipper's hair? -- It's yellow, isn't it?

ここでSequencing CardsのKipperたちが登場です。お話の縮小版コピーが生徒全員に手渡されます。切り取り線に沿って切るよう、先生から指示があります。

先生 Snip snip with the scissors!

先生は、自分の手持ちのコピーと同じ絵がどこにあるか生徒に尋ねます。

先生 Can you find the same picture?

赤い長方形の画用紙が手渡され、ここに物語の順番通りに、今切ったストーリーを貼っていきます。

先生 You can take it home and show your mum and your dad.

最後にご褒美としてORTのシールが生徒に手渡され、この日の授業は終了です。

今回使用したORT教材
★ Small Story Book/Big Story Book


★ Floppy Puppet
FloppyHandPuppet_060821111934.gif

★ Finger Puppet
FingerPuppetsPackA_060821110446.gifFingerPuppetsPackB_060821110458.gif

★ Sequencing Cards


★ Stickers
Stickers_060821110424.gif


*画像は一部ORT Korea内Inbooksよりお借りしています。リンクのついていない商品はInbooksにて購入可能です。Inbooksでの購入に関し,お手伝いが必要な場合はお気軽にメールフォームまたはコメント欄よりお問い合わせください。



まず今回の映像を通して印象的だったのが、「先生のテンション」!(笑)読み聞かせの時は、登場人物の気持ちになり様々な声を出しましょうとよく言われますが、ママはしっかりいつものローテンションで読み聞かせておりました^^;しかも、この教室はノンネイティブ対象ということで、一つ一つゆっくりと発音をし、しっかりと子どもたちに伝わるように努力されている姿が印象的でした。

そして、次に真似したいと思ったのは、「小物の導入」!ヘアブラシやくしをあらかじめ用意しておき、その動作をやってみせる。これは大切なことだと思いました。以前言語学者マー先生がおっしゃっていたことの一つに、動作を表す言葉を教える時には、必ずその動作を見せながら発音するということ。頭の片隅にあったはずがすっかり抜け落ちていました^^;

最後に、必ず真似したいと思ったのが、「クラフトタイムへの移行」!最初はしっかりと読み聞かせを行い、同じ素材を利用して、工作が出来る形に持っていくのは今のYuzyの月齢にはぴったりのアクティビティーです。ハサミなしには語れない彼女の人生には、最高のアクティビティーかもしれません^^;

あっ・・・やっぱりおまけのシール作戦は、世界どこでも有効な手段なのですね!我が家は、以前このシールを購入し、ママがカラーコピーを何枚もしておくというケチケチ作戦で頑張っております(笑)。

次回、4歳ー5歳用レッスンも詳しく見ていきたいと思います^^

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 ORT | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。