スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
母語の対話の重要性を感じ始めた日

一つ前の記事で「親子英語観が一変した日」と書きましたが、あの日以来、我が家の読み聞かせ時間に少し変化が出てきています。

この日、娘が選んだのはこちらの1冊。

The Paperboy
The Paperboy

新聞配達をする少年の朝の光景。日々寒さが増してくるこの季節、布団から出るのが辛い中、これを読むと、急に今日も1日頑張ろうと思える不思議な力を与えてくれる1冊です。
IMG_4064.jpg

娘は体験したこともない、早朝という時間。まだ世界が眠っている中で、男の子は新聞を心待ちにしている人たちに、一生懸命と運びます。
IMG_4065.jpg

きっとこんな空を見ることが出来るのも、新聞配達をしているからこそ。新聞配達という仕事の醍醐味は、こんなところにもあるのかもしれません。
IMG_4066.jpg

今まで何度も再読している本ですが、どうしても今の娘の英語力を考えると、せいぜい出来ることと言えば、絵本の中の描写に関する質問であったり、確認であったり。なかなかそれ以上に話が広がらないのが、悩みでした。

前回の個人面談の際に、そんな悩みを打ち明けると、先生は「親子の対話は日本語でもいいんじゃないですか。」と一言。洋書を読み聞かせる際の、日本語の混用は、どこかタブーだと思っていたママ。実際に、言語学者の先生にお話を伺っても、「日本語が入ってしまうと、英語のリズムが崩れてしまう。」とアドバイスを頂いたこともありました。

でもこの日。英語による読み聞かせ時間が終了し、ふとこの本の話題を日本語でしてみると、娘から次から次へと疑問が湧き上がりました(笑)。

「どうして朝なのに、こんなに暗いの?」
「じぃじが、夜新聞を読んでるのを見たことがあるけど、これはいつ配達されるの?」
「新聞ってどうやって作られるの?」

などなど。
なかなか、英語では出てこない質問です。
そしてこんな日本語の対話には、パパも加わります(笑)。

「パパのお父さんはね、大学時代、新聞奨学生だったんだよ。」
「しんぶんしょうがくせいってなに?」

初めて「奨学金」というものを知った5歳児。完全に理解しているとは到底思えませんが、それでも日本語の対話により、以前よりもこの絵本を深く理解できたのは確かなようです。

読み聞かせ時間の後、こんな対話時間を母語で行うことも実はとても大事なのではないかと悟ったママ。洋書にも素晴らしい素材は多く、いづれ英語で会話が膨らませることが出来たらそれは理想ですが、今は娘の好奇心を満たす意味でも「理解力」に焦点を置くことも重要なのではないかと感じ始めています。前回記事にした「行間を読み取る力」という点においても、この部分は、英語という言語の問題だけではなく、思考そのものに繋がる部分のため、我が家の言語環境において言えば、母語を育てることを今まで以上に意識していきたいと思います。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 リーディング | コメント(0) | トラックバック(0)
英語の伸張が感じられるワークブック

なんだか、分かりづらいタイトルですが・・・。教材吟味が大好きだったママ。いや、今でも実際には好きなのですが、モンテッソーリ教育と出会ってからは、hands-on experience!何よりも実体験を大事にし始め、我が家からワーク類はほぼなくなりました。

点数で評価をせず、宿題もほとんどないモンテッソーリ教育では、プリントやワーク類はあまり取り入れられていません。毎日決められた分量を行い、どこが間違えたのか確認ができるワーク類は、やはり「学習」という観点から見ると、必要なものなのでしょう。小学生になれば嫌でも行なわなければならないため、幼児期の間は・・・と、英語教室の宿題以外は、ほぼ我が家では行なわないワーク類。

けれども、夏休みに入り、母のいない時間の課題として何を残せば良いのか悩んだ挙句、こちらのワークを取り出してきました。

これはモンテッソーリ教師養成講座にて推奨されていた数少ないワークブックのうちの1つ「Primary Phonics」です。海外のモンテッソーリ園ではないプリキンダーやキンダーでも、多く取り入れられているようです。

Primary Phonics: Workbook 1
Primary Phonics: Workbook 1

Primary Phonics 1 Storybooks
Primary Phonics 1 Storybooks

教師養成講座では、このワークを単体で使うのではなく、メインの絵本と共に、新出語彙はその都度カードを作り、おしごととして別に学習する機会を与えます。ワーク単体で使うことは本来のモンテッソーリの言語教育の目的とは異なるため、あくまでも豊かな言語教具の一つとして使う・・・そんな位置づけです。また、ワークは本人からの強い要望がない限り、1回につき1ページまで。楽しめているうちにやめるのが長続きの秘訣ですね。

ということで、我が家でも亀の歩みですが、行なっています。とにかく限られた語彙が違った形で何度も出てくるので、定着率は素晴らしい。
IMG_2418.jpg

よく間違えていた前置詞も、このワークで確実に身についたようです。まだ早いと思っていたライティングも、これなら無理なくできそうです。
IMG_2417.jpg

モンテッソーリ・メソッドにおいての言語習得とは、子どもが活動と反復をロジカルかつシステマティックに行なうこと。そんな意味でもこのワークブックを軸とした活動はフォニックス習得に辺り、非常にモンテッソーリ・メソッドとマッチしているようです。

未就学児のみならず、小学校に入っても続くこのシリーズ。Yuzyの興味が続く限り続けてみたいと思います。

Primary Phonics: Workbook 2Primary Phonics: Workbook 3Primary Phonics: Book 4

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 リーディング | コメント(0) | トラックバック(0)
自力読みより読み聞かせ!?

今まで何度か書いてきているように、最近ママの頭を悩ませていたのは、英会話教室。上手く行っている帰国子女保持教室とは逆に、どこかから回りが続いていた英会話教室。先生はベテランの素晴らしい先生にも関わらず、Yuzyの発話力ではまだまだこのレッスンを活かし切れていないのが、悩みの種でした。

リーディングは500ワードくらいのものなら、楽しめるようになってきた娘。読める単語は増えてきてはいるけれど、やっぱり発話が追いつかず、どこかレッスン全体のレベルを下げなければならないことに、本人もちょっぴり退屈な様子。でも、実際このレベルだから仕方がない・・・。そんなジレンマが続いていた最近ですが、あるアクティビティーをプラスしてもらってからは、急にレッスンが楽しいものになってきました。

それは、先生による「読み聞かせ」

先生が選んできてくれた本を娘が読むという時間は毎回設けていただいていたのですが、娘が読めるレベルの本では、インプットという意味では全然足りない。読み聞かせはもちろん家でもできますが、やはりネイティブの先生に読んでもらう臨場感たっぷりの読み聞かせは、ママのそれとはまったく違います。

フリートークでは、なかなか言いたいことが言えずにもどかしい場面に何度も直面している娘ですが、先生が読み聞かせをしてくださる絵本を題材とした会話は、目の前に題材があることから、会話も上手く繋げられるようです。

挿絵を頼りに聞く先生のお話は、分からない言葉があっても、想像力を頼りに楽しむことが出来ると感じたようです。50分という限られたレッスン時間の中、ある程度の長さの絵本を読み聞かせることは、「アウトプット」の場としてはもったいない時間の使い方と捉えることもできるのかもしれませんが、まだまだインプット不足の娘には、非常に有効的な時間の使い方だと感じました。

少し前までは家庭でも自力読みが続いていましたが、最近は割合的には読み聞かせの方が多くなってきました。逆に読み聞かせに力を入れると、自力読みがスムーズになる。そんなことを親子で発見してからは、アウトプットである自力読みよりも、インプットである読み聞かせの方が必要な時間だと感じ始めています。

・・・ということで、ママも先生のような読み聞かせに少しでも近づけるよう、努力をしたいと思います^^;

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 リーディング | コメント(2) | トラックバック(0)
ついに我が家の4歳児もこの世界に足を踏み入れる!?

2歳にアンパンマンデビューをしてから、プリキュア→アイカツ→プリパラとがっつり日本のアニメにはまってきたYuzy・・・。まったく親が求める路線とは違う方向が続いていましたが、少し前にある絵本を導入したのをきっかけに、別路線を辿るようになりました。

その絵本とはこちら!

Princess Stories
Princess Stories

Kindle版でなんと0円!けれども、一話のお話が短いため、ベッドタイムストーリーには持ってこいの1冊です。

そしてこれをきっかけに、完全にプリンセス路線へと進路変更を遂げている4歳児(笑)。「もっと、もっと~」ということで、毎晩朗読会が開催されています^^

ファンタジーよりも実物を求めるモンテッソーリ教育を軸としている我が家では、決して素晴らしく喜ばしいことではないのですが、「英語」という面で考えるならば、やはりプラス。

そんな母の読み聞かせの効果もあるのか、自分でも今まで以上に読みたがるようになってきました。今まで娘の自力読みと言えばもっぱらORTでしたが、ここに来て初めてのプリンセスものを投入(正確には予定)。

思わずこちらを予約してしまいました。それほど出番はもうないかもしれませんが、基礎固めの意味でも活躍しくれたらと思います。

Pinkalicious Phonics Box Set (My First I Can Read)
Pinkalicious Phonics Box Set (My First I Can Read)

このプリンセス効果で、最近DVDも新たなものを追加。親子英語でも人気のこちらは、やっぱり4歳女子のハートを掴んだようです。

ちいさなプリンセス ソフィア/はじまりのものがたり [DVD]
ちいさなプリンセス ソフィア/はじまりのものがたり [DVD]

これも、読みにつながるかな・・・。
あまり欲張りすぎると上手くいった試しがないため、娘主導でいきたいと思います^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 リーディング | コメント(0) | トラックバック(0)
リーディング活動の中で見えてきたこと。

リーディングを軸にした親子英語を試みよう決めてから、自然と読む量が増えた我が家。と言っても、今まで和書5冊に対して洋書1冊程度だったのを、半々くらいの割合になってきたという程のことで、相変わらず取り組み自体は低空飛行のまま。

けれども、今まではただ読み聞かせていたのを、少しディスカッションを混ぜながら、「スピーキング」も少し意識した取り組みを始めました。

読みながら質問をすることは賛否両論あると思いますが、我が家にとっては、娘に英語を促すことのできる唯一の場。日頃話しかけても120%日本語で返ってくるのが、読み聞かせの間だけは、なぜか英語モードが続くようです。

"What do you think will happen next?"(次に何が起きると思う?)
"Why is this happening?"(なんでこんなことが起きていると思う?)
"Would you have acted in the same manner?"(もし主人公がYuzyでも、同じようにした?)


所々、こんな質問を適宜混ぜることで、なんとか答えようとする娘。言いたいことが日本語のようには言えず、もどかしい思いは感じているようですが、我が家では、英語の語りかけ以上に効果はあると感じています。

How did this story make you feel?(本を読んでどんな気持ちになった?)
Did you like the way it ended?(この終わり方は良かったと思う?)


ネイティブの先生たちがよくするこれらの質問。和書では、あまりこういった質問をしないのですが、最近読み聞かせた後の話し合いの活動は非常に大事だと感じ始めています。まさに、幼児期のこういった時間積み重ねが、後に大きな力となるのではないかと思うのです。

リーディング活動と言えども、読み聞かせは、話し言葉に触れるのはもちろん、活字の概念を知ったり、フォニックスを意識したりとスピーキングやライティング、そしてリスニングにおいても、基礎をしっかりと築き上げてくれる活動。

子どもの興味に合わせ、4分野のうち、入りやすい分野から入り、上達への糸口を見つけるのも有効だと感じています。スピーキングが伸び悩んでいた娘が、最近リーディングを切り口に、少し上向き加減になっているのをみると、「スピーキング練習」に固執しなくても方法はいくらでもあると思えるようになってきました。

けれども、欲張らないで、娘のペースで。
コツコツと頑張りたいと思います^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 リーディング | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。