スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ロールプレイで表現を定着させる!?

以前より大ファンだったブロガーさんsmile0922さん宅のSmileちゃんとプレイデートをさせていただいてから、少しずつ我が家でも変わりつつあることがあります。

それは、モンテッソーリの用語を使うのであれば「社交的なふるまい」の練習。あまり馴染みのない言葉かもしれませんが、モンテッソーリ教育では「挨拶」「人に物を渡すとき」「電話にでるとき」「退席するとき」「鼻をかむとき」など、人前で失礼のないふるまいをできるよう、「おしごと」という形で練習をします。

一見、当たり前のことすぎて、これらの練習自体にあまり価値がないように見えるかもしれませんが、実際子どもは知っていると大人が思っていたことが理解できていなかったり、練習の余地はまだまだある場合が多いといいます。

まさに我が家もその状態(・・;)母語でさえそうなのですから、第二言語の英語は疑い余地はありません(笑)。

特に娘の場合は、"May I ~""Could you ~"という依頼の表現が苦手でした。2歳の頃は、プリスクールで嫌と言うほど聞いていた表現だったので、すんなり出てきていたのが、英語がなくなるにつれ、もちろんそんな表現は跡形もなく消え去り・・・。とりあえず、最後にプリーズだけを付け加えればなんとかなると思っていたようでしたが、この日のプレイデートで3歳のSmileちゃんがとっても上手にママにお願いするのを見て、娘も触発されたようでした。

・・・この日用意したのは、我が家ではなくてはならない「具体物」。
娘の大好きなビスケットです。

Cookie.jpg

ママと交代で"May I have a biscuit, please?""Yes, you may.""Thank you."と繰り返すだけのロールプレイですが、効果はてきめん。この日以来、"May I ~"の表現は定着しました^^

もちろんこの日娘が学んだのは英語の表現だけでなく、丁寧に頼むこと、感謝をすること、音を立てないことなど・・・言語を超えて、社交的なふるまいを見直す時間となりました。

最初は、こんな風に敢えて設定を設ける必要性を疑問視していたママですが、ここで出来るようになると、日常生活の様々な部分で自然と活かされてくることを実感しています。

まだまだこんな練習が続きそうなYuzy家です(o^^o)

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 スピーキング | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
すごい、、、
ううう。プリスクール生活、4年を経た我がムスメ、「プリーズつけときゃいっか♡」みたいな(爆)

May I ~?とか、Could you ~?とかは、英語が話せて、言葉の使い方に非常に厳しいひとりのママさんのお子さん以外、使いこなせていないかも。

プレイデートってあの話だな、と思うと、子供がどうのこうのの前に、自分も、そういう丁寧な言葉使いを心がけていないとな、と・・・(^^;)
私自身にロールプレイが必要なくらいですが、意識してみます♪
No title
わわわ。こんなに良い風に書いてくださり、気恥ずかしいというか、恐縮です・・・!!以前、書かれていたかもしれませんが、英語というとカジュアルなイメージですが、意外と丁寧な表現がしっかりとしているんですよね。

大学院時代もそうでしたが、外国人ママとの関係が増えた今も、どう表現すべきか悩むことが多いです。「今日、お茶でもどう?」と誘うにしても、結構気を遣います^^;

Smileも依頼文は上手になってきましたが、丁寧な断り方がまだまだ出来ないので練習中です("No, thank you!"とかなり強い口調になってしまいます)。
Re: すごい、、、
Cassisさん、

私もあまりこれほど丁寧な表現を使う頭がなかったので、プリ出身の娘さんが使っていなくても、全然驚かないですよー!逆に使いこなせているお子さんのほうが珍しいのかもしれないですね。

そうそう、英語だけでなく、母語でさえも丁寧な言葉遣いは私にとって課題です。本当に親のロールプレイが最初に必要ですよね^^;

結局育児は、日本語でも英語でもまずは親の姿勢だなぁと最近特に感じます。気付いてしまって、余計に頭が痛くなっちゃうんですけどね^^;
Re: No title
smile0922さん、

お断りもせずに、勝手に両ブログに登場させてしまい、申し訳ありません・・・^^;でも、あの日以来、娘がすごく言葉遣いを意識してくれるようになったんですよね。本当にこれはSmileちゃん親子のお陰です♪

本当、英語ってカジュアルなイメージなのに、実際すごく丁寧な表現が親子でなされていてビックリしました。この間、たまたま信号で隣り合わせた外国人親子の会話を聞いてたら、本当に表現が丁寧で、勝手に自分自身で作り上げていたイメージって怖い!と、反省していたところです。

smile0922さんでも、まだ悩まれることがあるんですね~。丁寧な断り方、うちの娘も全くできていないので、これもまたおしごととして今後入れていきたいと思っています^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。